臨床活動
臨床活動
長崎大学医学部麻酔学教室
〒852-8501
長崎市坂本1丁目7番1号
TEL: 095-819-7370
FAX: 095-819-7373
 緩和ケアとは、生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者様の痛みや息苦しさ、気持ちのつらさなど、からだと気持ちのつらさを軽減し、ご家族とともに日常の生活をより快適に送ることができるように援助する治療やケアのことです。治療に伴う痛みや吐き気などの症状を軽くするような援助も行っております。
 病気の治療にあたる主治医と連携をとりながら、よりよい緩和ケアを提供するために、様々な職種のスタッフでチームを構成し、患者様・ご家族を援助しています。また、退院後も切れ間のない緩和ケアの継続のために在宅医療を行う医師や訪問看護ステーションなどとも連携をとっています。
 平成27年からは緩和ケアセンターが新設され、がん看護外来などこれまで以上に活発に活動しています。
患者様のからだの辛い症状への対応
痛み、息苦しさ、だるさ、吐き気、便秘など
患者様の心のケア
不眠、不安、落ち込み、いらだちなど
ご家族の悩み・社会生活などの問題に対する支援
チームの構成
コアメンバー サポートメンバー
 身体症状担当(麻酔科)3名
 石井 浩二、鎌田 理嗣、山下 春奈


 治療科医師
 精神症状担当(精神科)1名
 看護師3名
 薬剤師2名
 呼吸器科、消化器科
 放射線科、整形外科
   病棟看護師(各階1名)
 地域医療連携室
 栄養管理室
長崎大学病院緩和ケアチームでは、1日あたり20~30名の患者様を主治医と相談しながら診療しています。
当院緩和ケアチーム紹介患者数緩和ケアチームによる診療をご希望の方は、病気の時期に関係なく、主治医または担当看護師に御相談ください。