患者さんへ

診療内容と実績
長崎大学皮膚科・アレルギー科の特徴
 当科は、月曜から金曜まで毎日外来を開けており、新患、旧患、専門外来を担当しております。専門外来にはアレルギー外来、膠原病外来、腫瘍外来、乾癬外来を開設しています。それぞれの外来別に専門の専属医師が配置され患者さんのニーズに対応しています。標榜にもありますようにアレルギー性皮膚疾患の代表であるアトピー性皮膚炎では悪化要因を血中IgE抗体、パッチテストなどにより検索し各個人に最も適した治療方法を選択しています。重症例では入院治療も積極的に行っています。一方強皮症、皮膚筋炎、エリテマトーデス、シェーグレン症候群などの膠原病については十分な検査を行って評価・治療、ならびに生活指導を行っています。悪性黒色腫に対してはダーモスコピーを使用し、良性・悪性の診断を仮につけてから、組織検査を行い、治療方針を決定します。皮膚悪性腫瘍では手術が第一選択になることが多いですが、適宜注射による化学療法も併用しています。光線過敏症では複数の光線を使用した検査を行い、原因の解明を行ったのち治療を行っています。またサーモグラフィー、イオントフォレーサー、ダーモスコピー、スーパーライザー、エキシマライト等の低侵襲の最新機器を備え使用しております。

当科の代表的対象疾患
 アトピー性皮膚炎、湿疹・皮膚炎群、蕁麻疹、痒疹及び皮膚そう痒症、薬疹及び感染症に伴う中毒疹、エリテマトーデス・強皮症・皮膚筋炎などの膠原病、日光角化症・ボーエン病・悪性黒色腫・有棘細胞癌・基底細胞癌等の皮膚悪性腫瘍、皮膚リンパ腫、血管腫、母斑及び皮膚良性腫瘍、尋常性乾癬・扁平苔癬などの炎症性角化症、表在性真菌症・細菌感染症・ウイルス感染症及び性感染症、尋常性天疱瘡などの自己免疫性水疱症、光線過敏症などの物理化学的皮膚障害、血管炎・皮膚潰瘍などの末梢循環障害、尋常性白斑などの色素異常症、紅斑症、角化異常症 、難治性潰瘍、ムチン沈着症、弾性線維や膠原線維に異常のある緒疾患

特記すべき医療内容
アトピー性皮膚炎 各個人により応じた悪化要因を血中IgE抗体、パッチテストなどにより検索し生活指導を行っています。ガイドラインに沿って標準的治療をおこなっており、重症例は入院治療を行っています。また、特殊な治療として光線療法も行っています。
アレルギー性接触皮膚炎、蕁麻疹および薬剤アレルギー、スクラッチテスト、パッチテストなどの皮膚試験、内服テストなどを行い、原因検索を行っています。薬剤アレルギーについては、原因薬、安全薬を決定しその結果を記載したカードを患者さんに発行しています。アナフィラキシーの可能性のある症例には入院のうえ以上の検査を行っています。
膠原病 強皮症、皮膚筋炎、エリテマトーデス、シェーグレン症候群などの疾患について生活指導及びステロイド、免疫抑制剤などの投与による治療を行う一方、強皮症の線維化の機序解明や新規治療開発に関する研究を行っています。
皮膚腫瘍 悪性黒色腫及び紫外線による皮膚癌(日光角化症等)に対する分子生物学的手法を用いた診断、予後の評価を行っています。皮膚リンパ腫の分子診断と治療を行っています。

自己免疫疾患 自己免疫性水疱症、白斑などの分子診断と血漿交換療法などの新しい治療法を行っています。
光線過敏症 デルマレイを用いた紫外線過敏性試験、光パッチテスト、反復照射テストなどの光生物学的検査を中心に原因の解明と治療を行っています。また、尋常性乾癬、リンパ腫などの難治性疾患に対する光線療法も行っています。

皮膚感染症 稀少菌種による皮膚真菌症の原因菌の培養同定と治療を行っています。
色素異常症 尋常性白班へのエキシマライト療法を行っています。

<特徴的な医療機器等>
  ・ デルマレイ
・ サーモグラフィー
・ イオントフォレーサー
・ ダーモスコピー
・ スーパーライザー
・ エキシマライト
皮膚科疾患別入院患者数
疾 患 名 H21 H22 H23 H24 H25
皮膚腫瘍 135 191 160 177 164
母斑・母斑症  2 6 3 9 13
膠原病・血管炎・関連疾患 90 45 38 33 19
湿疹・皮膚炎  15 15 18 23 17
蕁麻疹・痒疹・食物アレルギー 36 8 11 16 16
中毒疹・薬疹・紅皮症・紅斑症 9 43 48 43 36
ウイルス感染症  1 44 53 47 37
細菌感染症 10 31 26 32 30
光線過敏症  20 1 1 3 0
乾癬・角化症 29 13 13 6 14
リンフォーマ 7 5 8 7 8
水疱症・膿疱症 11 9 16 12 7
その他 32 25 52 29 24
合 計 397 436 447 437 385