スタッフ紹介

助教: 本田 琢也 (がん診療センター)
助教:本田琢也
本田 琢也 (ほんだ たくや)
Takuya Honda, M.D., Ph.D.
卒 業: 長崎大学平成14年
出 身: 長崎県立長崎北陽台高等学校出身
専 門: 消化器疾患、消化器癌化学療法
研 究: がん薬物療法
肝細胞癌の分子標的治療と血管新生
大腸癌分子標的治療
資 格: 日本内科学会 認定医
日本消化器病学会 専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
略 歴:
平成14年に長崎大学を卒業。長崎大学病院で第一内科(膠原病・神経・内分泌代謝・消化器)にて研修。2年目に麻酔科、放射線科をローテート。
平成15年12月 日本赤十字社長崎原爆病院内科で研修。
平成16年12月 国立病院機構佐賀病院で内科全般を学ぶと同時に、消化器内科を志すようになりました。
平成18年6月 国立がんセンター中央病院で消化管癌に対する化学療法を半年間に渡り研修。豊富な症例を通して、これまで苦手としていた化学療法について基本的な考え方から、標準治療、臨床試験への参加・実施などについて学ばせていただきました。
平成18年12月以降は田川市立病院、日本赤十字社長崎原爆病院にて消化器全般の診療や消化器癌化学療法を担当させていただきました。
平成22年6月 長崎大学病院消化器内科にて消化器癌化学療法を担当させていただいております。
平成23年4月 長崎大学病院 消化器内科 助教
平成24年10月 長崎大学病院 がん診療センター 助教
抱 負:

 平成18年に国立がんセンター(現国立がん研究センター)中央病院消化管内科グループで消化器癌化学療法について半年間勉強させていただいた後、田川市立病院、長崎原爆病院で先輩の諸先生方からご指導を受けながら化学療法を実践してまいりました。
 平成22年6月から長崎大学病院消化器内科で化学療法を担当させていただくこととなり、塩澤健先生とともに消化管および肝胆膵の進行癌症例の化学療法を中心に診療しております。
 また平成24年10月からは長崎大学病院がん診療センター所属となり、外来化学療法室運営や院内および長崎県のがん診療に関連するお手伝いをさせていただいております。引き続き消化器内科の外来および入院診療・カンファレンスも担当させていただいております。
 同門の先生方には患者さんをご紹介いただき、また逆紹介をさせていただくなどのご協力を賜りまして、誠に感謝申し上げます。先生方のお役にたてるような診療をおこなっていくとともに、国立がん研究センターやその他の施設とも交流をはかりつつ、臨床研究についても充実させてまいりたいと存じます。ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

研究者情報ページnew-window