スタッフ紹介

医員:川畑 哲史
医員:川畑哲史
川畑 哲史 (かわばた てつし)
(長崎の方には良く間違われますが、川端康成の「端」でありません)
出身大学: 2006年(平成18年長崎大学卒、バイト三昧の生活をしてました)
出身高校: 私立都城東高校(名前は公立みたいですが私立です)
 いつ内科医になろうと思いましたか?:
2009年7月28日午後6時ごろ(中尾教授に直接入局の説明を聞きに行った直後です)それまでは精神科で精神腫瘍医学をやりたいと思っていました。
 消化器内科を選んだ理由は?:
三つあります。
最大の理由は研修中に5ヶ月お世話になり、皆さんが非常に暖かく、働いていて楽しいと思えたからです。そして「この人はすごい!!」と思える先生(今の指導医でもあります)に出会えたからです。
二番目は消化器がんの化学療法の変化が非常に早く、これからの分野であると確信しました。これからの化学療法の可能性を追求してみたいと思ったからです。
三番目は研修の最後に緩和ケアを研修した際に消化器症状を訴える患者さんが多く、その対応の重要性を認識したからです。
 将来の自分はどうなっていたいですか?:
「緩和ケアのできる腫瘍内科医です!!」これは絶対にゆずれません。そして患者さんに寄り添える、いつも素敵な笑顔の医者になりたいです。
 進路で悩む後輩、同僚にかけて上げる言葉:
受験生時代はウィルスの研究者になりたかったので大学にこだわり、大学入学までに5年の歳月をかけました。入学後もしばらくは大学を辞めようと思って受験勉強をしていたこともあります。6年で大学を卒業し、医者になって自分が一番希望していた病院で研修をし始めて二ヶ月で病気なり、長崎に戻ってきました。そして全部で3年4ヶ月強の研修医時代を過ごしました。こんな話をすると「苦労しているな」と多くの人に言われます。でも自分の納得するようにやった結果なので後悔はありません。サルトルの言葉に「人間は自由の刑に処せられている」という言葉があります。人間は一見自由ではあるけれども、自分の置かれた状況の中で自分が一番良いと思える道を選択しているのではないのでしょうか。遠回りすることは大いに結構だと思うし、自分の納得するまでとことんやってみるのも結構だと思います。それが自分に与えられた選択肢の中で最良の選択であると思えるのであれば。
 
医員:塩田 純也
医員:塩田純也
塩田 純也
出身大学: 大分大学医学部 平成21年卒
出身高校: 私立岩田高等学校
資 格: 日本内科学会 認定内科医
所属学会: 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本消化管学会
日本ヘリコバクター学会
略 歴:
平成21年 大分大学医学部卒
平成21年 大分県立病院消化器内科 初期研修医
平成23年 大分県立病院消化器内科 後期研修医
平成24年 長崎大学病院 消化器内科修練医
平成25年 長崎医療センター 消化器内科レジデント
平成26年 長崎医療センター 消化器内科医師
平成27年 医療法人栄和会 泉川病院 消化器内科医師
平成28年 長崎大学病院 消化器内科 医員
抱 負:  特に内視鏡診断・治療に興味があり、研鑽を積んでいます。幅広い消化器内科領域ですが、自分に限界を作ることなく、あらゆることに積極的に取り組んでいきたいと思います。
医員:園田 悠紀
医員:園田悠紀
園田 悠紀
出身大学: 長崎大学 平成23年卒
出身高校: 諫早高等学校
自己紹介: 久しぶりに大学病院に戻ってきました。まだまだ若輩者ですが、長崎の医療に貢献できるよう頑張ります
医員:桑原 愛
医員:桑原愛
桑原 愛
出身大学: 長崎大学 平成23年卒
出身高校: 大阪府立北野高校
所属学会: 日本内科学会
日本消化器病学会
略 歴:
平成24 - 25年 長崎市民病院で二年間研修しました。内科研修や救急当直では、消化器内科の先生方の熱心なご指導のもと、様々な症例を経験させていただきました。研修二年目には産業医資格を取得しました。
学生の頃から消化器の分野に興味があったことと、長崎大学消化器内科がワークライフバランスに力を入れていることが、入局を決めた理由です。
平成26年 長崎大学病院 勤務
抱 負: 患者さんのお気持ちに寄り添った対応を心がけます。まだまだ未熟ですが、しっかりと知識と技術を身につけられるよう日々努力いたします。
医員:田中 わかな
医員:田中わかな
田中 わかな
出身大学: 島根大学
出身高校: 昭和薬科大学附属高等学校
専 門: 消化器内科
略 歴:
卒後琉球大学附属病院、沖縄赤十字病院で初期研修
平成26年 長崎大学病院 消化器内科入局
抱 負: 今後は認定医や専門医、学会発表など目標に日々精進しようと考えております。
宜しくお願い致します。
修練医:嶋倉 茜
修練医:嶋倉 茜
嶋倉 茜
出身大学: 長崎大学医学部医学科
出 身: 長野県
専 門: 消化器内科
所属学会:

日本内科学会 会員
日本消化器病学会 会員

日本消化器内視鏡学会 会員
略 歴:
2015年3月 長崎大学医学部医学科 卒業
2015年4月 長崎大学病院 研修医
2016年4月 佐世保市総合医療センター 研修医
2017年4月 長崎大学病院消化器内科 修練医
抱 負: 2017年4月より入局させて頂きました。
医師になって3年目の修練医であり、まだまだ学ぶべきことが沢山ある身ではありますが、精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。
修練医:佐藤 航平
修練医:佐藤航平
佐藤 航平
卒 業: 2015年
出身大学: 長崎大学
所属学会:

日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

略 歴:
2008年 福岡県立筑紫丘高校卒業
2015年 長崎大学卒業
2016年 長崎大学病院研修
2017年 長崎大学病院、長崎原爆病院、上五島病院研修
2018年 長崎大学消化器内科入局
抱 負: わからないこと、知らないこと、できないことばかりですが、日々成長できるように、一歩ずつ頑張っていきます!よろしくお願いします!何事にもtry!
修練医:松尾 諭
修練医:松尾 諭
松尾 諭
卒 業: 平成27年度 長崎大学
出 身: 五島→佐世保→諫早→長崎
所属学会:

日本内科学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器病学会

略 歴: 青雲高校31回卒。大学時代は硬式テニス部に所属し汗と涙の毎日でした。
幸い親に迷惑をかけることもなく6年で学生生活を終え、原爆病院→諫早総合病院→長崎大学病院で2年間の研修を行い、消化器内科の魅力に気づかされました。
昨年5月に勢い余って、直属のオーベンが海外学会で不在の日に入局宣言。現在に至ります。
抱 負: 逆境に妬まず、順境に奢らず。
ピンチはチャンスと思って、何事も頑張りたいと思います。