長崎大学病院第一内科 Department of Immunology and Rheumatology, Department of Clinical Neuroscience and Neurology, Department of Endocrinology and Metabolism, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  お問い合わせ サイトマップ HOME
教室の歴史 研修システム 関連病院・施設 スタッフ グループ紹介 学生教育 患者さまへ
   
研修医・医員・研究生の横顔
 
HOME>スタッフ研修医・医員・研究生の横顔>遠藤友志郎

遠藤 友志郎

氏 名: 遠藤 友志郎 (えんどう ゆうしろう)
役 職: 医員
出身大学: 長崎大学
専門分野: リウマチ膠原病
研究分野: 家族性地中海熱
資 格: 内科認定医、日本リウマチ学会登録ソノグラファー

 入局前の君に一言
今思うと研修のうちにしか学べないことも多かったなあと僕自身後悔することも多いので、失敗を恐れず貪欲に色んな経験をして下さい。

 履 歴
1-2年目は、諌早総合病院で初期臨床研修を行いました。最初の頃は手技を多く経験することで医療に関わっている実感が沸いてやりがいを感じていましたが、様々な疾患の患者様の診療にあたるうちに、中でも膠原病疾患の方は若い頃に発症して経過も長く、慢性的に症状に苦しんでおられる方が多く、その治療において最もやりがいを感じ、第一内科への入局を決意しました。
3年目は、上五島病院で内科として内科全般疾患の診療にあたりました。各専門医がいないなか、また専門的治療が必要な疾患もすぐには本土へ搬送できないなかで、毎日診療に全力投球で本当にいい経験でした。総合的な診療・手技など多く学べ、検診業務・往診など地域医療にも携わることができました。
4-5年目は、再び諌早総合病院に戻りリウマチ膠原病科として勤務しました。最初は専門医として初めての勤務で緊張しましたが、どの病院に行っても診断つかなかった病気や難治性の病態を、四苦八苦しながらも解決して患者様の笑顔が見られた時には、本当にこの科を選んでよかったと改めて実感しました。
そして今年6年目はここ長崎大学病院で勤務しており、臨床はもちろんのこと、今後は大学院で研究を行い、更なる病態の理解と新たな発見、患者様への還元を目標に日々頑張っていく決意です。



医学生・研修医の皆さまへ
症例・抄読会
江口教授の紹介
教官の素顔
研修医・医員・研究生の横顔
専門グループ紹介
 
国立大学法人長崎大学 Copyright(C)