長崎大学病院第一内科 Department of Immunology and Rheumatology, Department of Clinical Neuroscience and Neurology, Department of Endocrinology and Metabolism, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  お問い合わせ サイトマップ HOME
教室の歴史 研修システム 関連病院・施設 スタッフ グループ紹介 学生教育 患者さまへ
   
研修医・医員・研究生の横顔
 
HOME>スタッフ研修医・医員・研究生の横顔>客員研究員:寶來吉朗

客員研究員:寶來 吉朗

氏 名: 寶來 吉朗 (ほうらい よしろう)
役 職: 客員研究員
出身大学: 平成18年 長崎大学卒
専門分野: リウマチ・膠原病
研究分野: シェーグレン症候群唾液腺上皮細胞における細胞死調節機構
資 格: 日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本リウマチ学会専門医
日本リウマチ財団登録医

 入局前の君に一言
大学病院の特性を生かして、リウマチ膠原に関する臨床と研究を並行して行っていくことが可能です。

 履 歴
2006年4月~2008年3月 国立病院機構九州医療センター初期研修医
救急部,呼吸器内科,代謝内分泌内科,血管外科,膠原病内科,産婦人科・精神科,麻酔科,小児科・地域医療をローテートした。

2008年4月~2011年3月 九州医療センター膠原病内科レジデント
入院患者管理・外来患者診療と並行して、各種学会・論文発表を行った。

2011年4月~現在 第一内科膠原病班医員・大学院生。
医員としては引き続き入院患者管理・外来患者診療を行っている。
大学院生ではヒト小唾液腺細胞を用いたシェーグレン症候群唾液腺上皮細胞における細胞死調節機構に関する研究を行っており,これの成果をまとめ学会・論文での発表を行うことを予定している。



医学生・研修医の皆さまへ
症例・抄読会
江口教授の紹介
教官の素顔
研修医・医員・研究生の横顔
専門グループ紹介
 
国立大学法人長崎大学 Copyright(C)