長崎大学病院第一内科 Department of Immunology and Rheumatology, Department of Clinical Neuroscience and Neurology, Department of Endocrinology and Metabolism, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  お問い合わせ サイトマップ HOME
教室の歴史 研修システム 関連病院・施設 スタッフ グループ紹介 学生教育 患者さまへ
   
NEWS & INFORMATION
 
HOME>ニュース&インフォメーション一覧>中嶋秀樹先生が神経内科の専門医試験に合格されました。「神経内科専門医試験 見聞録」を掲載しました。

神経内科専門医試験 見聞録
  第一内科 神経内科、救命救急センター 中嶋 秀樹
第一内科 神経内科、救命救急センター 中嶋 秀樹

 第一内科関連の諸先生方、こんにちは。社会人と子育てをしながら医学部に編入し、卒業してから早いもので7年、長崎にきたときに2歳だった娘も中学生になり、年月の流れを感じます。今年度、日本神経学会の専門医試験受験の資格を得たため、多くの先生方のご指導の下、もれなくチャレンジさせていただきました。鬼門?で奇問?の神経専門医試験について、その現況をご報告させていただきますので、どうぞお気楽にお読み下さい。
 まず、受験資格ですが、以下の4項目を満たすことが必要です。1)日本国の医師免許証を有する者、2)受験時に初期研修を含む臨床研修期間を6年以上有するもので、かつ本学会正会員歴を3年以上有する者、3)認定内科医であること、4)上記2)の臨床研修期間について、本学会が認定する教育施設・准教育施設・教育関連施設においての研修が次のいずれかを満たす者。私の場合は、H19年に神経学会に入会し、H20年に認定内科医に合格しました。長崎大学病院は教育施設なので3年以上で条件を満たすので、今年から受験資格が生じました。また、今年からはミニマム・リクワイアメントとして、習得した検査・症例を自己申告する書類があり、出願の期限は3月末でした。提出するサマリーはきわめて一般的な症例(心原性脳塞栓症、細菌性髄膜炎、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症など)を選びました。
 筆記試験への「お受験勉強」は結局2か月前からしかできませんでした。1次試験は必修、一般、臨床の各々100問ずつ、6月初旬の雨の中、東京大学の構内で行われました。1科目目、時間が短く、あっという間でした。2科目目、蒸し暑いからと窓を開ければ、学生がコンサートを行っており、聞こえてくる1990年代の懐かしい歌詞と神経用語が海馬付近で混ざり、集中力の低下を感じました。選択肢が難しく、自信を持って解答できたものが少なく、試験終了後、周囲の受験生とともにため息をついておりました。3科目目の臨床問題は比較的解きやすく、少し生気が戻りました。1週間後に速達で合格の知らせが届きましたが、喜び以上に奇問の2次試験を受けることへの緊張感が現れました。
 早速、2次対策用のDVDを先輩にお借りし、何度も拝見しながら、半分寝ている妻の腱を叩いて練習しました。そして、7月11日、さあ2次試験の本番!! 大枚をはたいて購入したマイ打鍵器、音叉、眼底鏡、感覚を調べるコロコロ? などを持参し試験会場にのり込みました。面接室が2つあり、2つ目の部屋から退室する受験生は笑顔なのですが、1室目から出てくる受験生はみな仮面様顔貌を呈して、密室で何かが起きていると動物的な危険を感じました。着席すると「リラックスして下さい」といいながら、目は笑っていません。ローテートしてきた研修病院はどの規模の施設で、どんな神経疾患がどの程度くるか、などを執拗に聞かれました。次に「大脳皮質基底核変性症について、何を診察すべきか説明して、実行して下さい。制限時間は5分です」と第1問が出題されました。5分!? 新患はむりでしょ?! 旧患の設定かな・・・、など余計なことを考えながら診察開始。するとすかさず、「問診もせずに診察するの?」と罵声が飛ぶ。5分で問診も??と思いながら、いつからどのような症状が・・といったところで「もういい!」と。パーキンソニズムに関する診察していると、「あなた本当に診療をしているの?」と臨界にお達しになられた様子。そして第2問「多発筋炎と思われる患者がきました。さあどうぞ。」手短に問診し、脳神経、筋力と診察していると、「三頭筋の筋力はどうやって診るの? 2/5のまねをして。じゃ3/5は。」しどろもどろにまねをしましたが、納得がいかない様子。DVDと同じ診察法なのになぜ!? と困惑し、全身に著明な発汗と頻脈を自覚し何かを発症しそうでした。チラッとお二人を見ると、首を振りながら何か書かかれており、あ~落ちたかなと思い、これまでの準備がこんな形で終わるなんて・・・と悲しくなりました。受験生に発症する一過性の仮面様顔貌の正体がよく分かりました。
 長崎に敗走し、1週間。なんと合格の通知。あの面接はなんだったんでしょ・・・。でも神経内科は甘くないぞと警笛を鳴らしていただいたと解釈し、今後も精進しようと思っております。励まし、いろいろと臨床業務をサポートして下さった神経内科の吉村俊祐、宮崎禎一郎、中田るか、枡田智子、徳田昌紘、立石洋平、福田卓、辻野彰、本村政勝、中村龍文、吉村俊朗先生方、救命救急センターの先生方、資料を提供して下さった同期の上田麻紀先生、医局の先輩である福島直美、溝田貴光、伊藤聖先生方、諫早総合病院の長郷国彦先生、長崎北病院の辻畑光宏、佐藤聡、他諸先生方、そして第一内科教授の川上純先生にあらためて御礼申し上げます。

医学生・研修医の皆さまへ
症例・抄読会
江口教授の紹介
教官の素顔
研修医・医員・研究生の横顔
専門グループ紹介
 
国立大学法人長崎大学 Copyright(C)