長崎大学病院第一内科 Department of Immunology and Rheumatology, Department of Clinical Neuroscience and Neurology, Department of Endocrinology and Metabolism, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  お問い合わせ サイトマップ HOME
教室の歴史 研修システム 関連病院・施設 スタッフ グループ紹介 学生教育 患者さまへ
   
NEWS & INFORMATION
 
HOME>ニュース&インフォメーション一覧

  • (2011.9.6)
    折口智樹先生が、第55回日本リウマチ学会総会・学術集会ポスター賞を受賞されました。
     受賞演題「PS3PE症候群の臨床的特徴」
  • (2011.9.6)
    有馬和彦先生が、第55回日本リウマチ学会総会・学術集会ワークショップ賞を受賞されました。
     受賞演題「全身性炎症を呈する遺伝性プロテアソーム機能不全症の発見」
  • (2011.8.2)
    論文がAcceptされました。
    - Arima K, et al. Assembly defect due to a PSMB8 mutation reduces proteasome activity and causes the autoinflammatory disorder, Nakajo-Nishimura syndrome. Proc Natl Acad Sci USA (IF:9.771)
  • (2011.8.2)
    中嶋秀樹先生が神経内科の専門医試験に合格されました。
    「神経内科専門医試験 見聞録」を掲載しました。
  • (2011.7.26)
    論文がAcceptされました。
    - Kawashiri S, et al. CD4+ CD25high CD127low/- Treg cell frequency from peripheral blood correlates with disease activity in patients with rheumatoid arthritis. J Rheumatol. (IF:3.551)
  • (2011.7.19)
    平成23年7月16日 第一内科 医局説明会を開催し、総勢20名以上の研修医の先生方に集まっていただきました。
  • (2011.7.5)
    第一内科入局説明会&懇親会
     平成23年7月16日(土)14:00~
     at. 12階病棟 カンファレンス室
  • (2011.7.5)
    論文がAcceptされました。
    - Kawashiri SY, et al. A case of systemic lupus erythematosus who developed massive small intestinal hemorrhaging during treatment of chronic lupus peritonitis. Mod Rheumatol. (IF: 1.800)
  • (2011.6.29)
    新鳴滝塾へ参加しました。
  • (2011.6.15)
    論文がAcceptされました。
    - Ito M, Miyashita T, Origuchi T, et al. Thyroid papillary carcinoma with solid sclerosing change in IgG4-related sclerosing disease. Pathol Int. (IF:1.521)
    - Nakamura K, et al. Type 1 diabetes and interferon therapy: a nationwide survey in Japan. Diabetes Care. (IF:6.718)
  • (2011.6.1)
    5月21日(土)第一内科同門会常任理事 楠本征夫先生の長崎市病院事業管理者 退任祝賀会が開催され、昭和入局の同門の先生を中心に80名以上の方が集まり、祝賀会が盛大に開催されました。 PDF
  • (2011.6.1)
    5月26日(木)安藤隆雄先生の、第28回角尾学術賞授賞式、並びに受賞講演『甲状腺刺激活性を持つモノクロナル抗体の作成とその抗体を用いたバセドウ病の病態の解析』もあわせて行われました。 PDF
  • (2011.5.24)
    論文がAcceptされました。
    - Ando T, et al. Graves disease complicated by ventricular fibrillation in three men, all of whom were smokers. Thyroid. (IF:2.602)
    - Koga T, et al. Post-transcriptional regulation of IL-6 production by Zc3h12a in fibroblast-like synovial cells. Clin Exp Rheumatol. (IF:2.396)
    - Koga T, et al. Soluble urokinase plasminogen activator receptor as a useful biomarker to predict the response to adalimumab in patients with rheumatoid arthritis of Japanese population. Clin Exp Rheumatol. (IF:2.396)
  • (2011.5.17)
    第28回角尾学術賞受賞式並びに記念講演会
     平成23年5月26日(木)15:30~
     於:医学部ポンペ会館
  • (2011.5.17)
    論文がAcceptされました。
    - 堀江一郎, 他. インスリン受容体異常症B型の多様な治療反応性. Diabetes J 39 (2), 2011.
  • (2011.5.11)
    平成23年度 科学研究費補助金 交付内定
  • (2011.5.11)
    論文がAcceptされました。
    - Sakai R, Kawakami A, et al. The REAL database reveals no significant risk for serious infection during treatment with methotrexate over 8 mg/week in patients with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol.
    - Origuchi T, et al. Increased incidence of pre-diabetes mellitus at a department of rheumatology: a retrospective study. Mod Rheumatol.
    - Kawashiri SY, et al. A case of Sjögren syndrome with pulmonary amyloidosis complicating microscopic polyangiitis. Mod Rheumatol.
    - Ueki I, et al. A case of mixed medullary and follicular cell carcinoma of the thyroid. Intern Med.
  • (2011.2.28)
    安藤隆雄先生の、第28回「角尾学術賞」受賞が決定しました!
  • (2011.2.7)
    H23年度 クリニカルクラークシップ(高次臨床実習)のご案内PDF
  • (2011.1.24)
    論文がAcceptされました。
    - Satoh T et al. CHOP deletion does not impact the development of diabetes but suppresses the early production of insulin autoantibody in the NOD mouse. Apoptosis.   
    - Ichinose K, Origuchi T, et al. Long-term follow-up of adalimumab mono-therapy for rheumatoid arthritis in Japanese patients: a report of six cases. Rheumatol Int.
    - Origuchi T, Iwamoto N, et al. Reduction in serum levels of substance P in patients with rheumatoid arthritis (RA) by etanercept, a tumor necrosis factor (TNF) inhibitor. Mod Rheumatol.
    - Masuda T, et al. False-positive accumulation of metaiodobenzylguanidine in a case with acute intermittent porphyria. Intern Med.
  • (2011.1.17)
    「川上純教授就任のあいさつ」を掲載しました。
  • (2010.12.20)
    中村英樹先生の長崎県展出展作品【タイトル:収穫―午後の印象】が、2階放射線部受付横に展示されています。PDF
  • (2010.12.20)
    今泉美彩先生が、2010年11月11~13日長崎にて開催されました第53回日本甲状腺学会にて、七條賞を受賞!
  • (2010.12.20)
    去る2010年12月5日(日)ガーデンテラス長崎にて、250人の出席者のもと、川上教授就任祝賀会がとりおこなわれました。 PDF
  • (2010.12.20)
    第一内科同門会総会にて、桑原宏永先生が第一内科賞を受賞! PDF
  • (2010.12.20)
    論文がAcceptされました。
    - Kawashiri S, et al. Disease activity score (DAS) 28 may overestimate the remission induction of rheumatoid arthritis (RA) patients treated with tocilizumab: Comparison with the remission by clinical disease activity index (CDAI). Mod Rheumatol.
    - Kawashiri S, et al. The power Doppler ultrasonography score from 24 synovial sites or 6 simplified synovial sites, including the metacarpophalangeal (MCP) joints, reflects well the clinical disease activity and level of serum biomarkers in patients with rheumatoid arthritis. Rheumatology.
    - 川尻真也, 他. TNF阻害薬治療の既往がある関節リウマチに対するトシリズマブ治療の有効性. 九州リウマチ.
    - Koga T, et al. A Japanese case of familial Mediterranean fever presenting diffuse bone marrow uptake of FDG-PET and high levels of neutrophil membrane CD64 expression. Rheumatology.
    - Koga T, et al. Successful treatment of sepsis-induced disseminated intravascular coagulation in a patient with idiopathic thrombocytopenic purpura using recombinant human soluble thrombomodulin. Rheumatol Int.
  • (2010.9.21)
    第一内科 次期教授に、川上純准教授が選出されました。就任は、11月1日付の予定です。
  • (2010.8.27)
    論文がAcceptされました。
    Nakamura K, et al. Trajector of ant-islet autoantibodies before development of type 1 diabetes in interferon-treated hepatitis C patients. Case reports and A literature review. Endocr J.
  • (2010.8.6)
    古賀智裕先生が、2010年7月12〜14日に香港にて開催されましたアジア太平洋リウマチ学会にて、若手研究者奨励賞を受賞!PDF
  • (2010.8.6)
    論文がAcceptされました。
    Koga T, et al. A case of primary Sjogrenユs syndrome complicated with inflammatory myopathy and interstitial lung disease. Rheumatol Int.
    Koga T, et al. Renal thrombotic microangiopathies/thrombotic thrombocytopenic purpura in a patient with primary Sjogren's syndrome complicated with IgM monoclonal gammopathy of undetermined significance. Rheumatol Int.
  • (2010.7.20)
    論文がAcceptされました。
    Ichinose K, et al. Efficacy and safety of mizoribine by one single dose administration for patients with rheumatoid arthritis.. Intern Med.
  • (2010.6.21)
    5月27日、岡山で行われた第53回日本糖尿病学会にて中村寛先生の演題が日経メディカルオンライン版でとりあげられました。
    テーマ「IFN治療後に発症した1型糖尿病の臨床的特徴」
    PDF
  • (2010.6.9)
    5月27日、医学部ポンペ会館において第27回「角尾学術賞」授与式及び受賞記念講演を挙行され、山崎聡士先生が受賞されました。
    受賞テーマ「炎症,ストレスにおけるmRNA 制御の新規メカニズムの解明」
  • (2010.6.7)
    7月16日(月)18時より第一内科医局にて、第一内科医局説明会を開催します。是非ご参加下さい。PDF
  • (2010.5.17)
    論文がAcceptされました。
    Kawashiri S, et al. A fatal case of acute exacerbation of interstitial lung disease in a patient with rheumatoid arthritis during treatment with tocilizumab. Rheumatol Int.
  • (2010.5.6)
    論文がAcceptされました。
    Haraguchi A, et al. Putative IgG4-related pituitary disease with hypopituitarism and/or diabetes insipidus accompanied with elevated serum levels of IgG4. Endocr J.
  • (2010.5.6)
    4月26日(月)19時よりパークサイドホテルにて、新人歓迎★花見の会が開かれました。
  • (2010.4.19)
    論文がAcceptされました。
    Nakamura H, et al. Macrophage-dominant sialadenitis in HTLV-I-associated myelopathy post living-donor liver transplantation. Transplantation Proceedings.
  • (2010.4.19)
    4月26日(月)19時よりパークサイドホテルにて、第一内科新人歓迎★花見の会が開かれます。
  • (2010.4.1)
    3月13日(土)ホテルニュー長崎にて江口勝美教授退官記念講演会及び祝賀会(出席者:360名)が行われました。PDF
  • (2010.3.2)
    2月16日(火)退官教授記念講演会が行われました。PDF
  • (2010.2.22)
    論文がAcceptされました。
    川尻真也, 川上 純, 江口勝美. 関節リウマチ診療における関節エコーの有用性. 臨床リウマチ.
    Hida A, et al. Association of human T-lymphotropic virus type I with Sjogren syndrome. Ann Rheum Dis.
  • (2010.2.8)
    論文がAcceptされました。
    山崎浩則, 尾崎方子, 他. 若年成人におけるHOMA-IRでみたインスリン抵抗性と動脈硬化危険因子. CAMPUS HEALTH.
    Kawashiri S, et al. Decrement of serum cartilage oligomeric matrix protein (COMP) in rheumatoid arthritis (RA) patients achieving remission after 6 months of etanercept treatment: Comparison with CRP, IgM-RF, MMP-3 and anti-CCP Ab. Joint Bone Spine.
    Sakai M, Tsujino A, et al. A single-nucleotide polymorphism of parkin affects the phenotype in sporadic Parkinson disease. Acta Medica Nagasakiensia.
    Nakamura H, et al. A single center retrospective analysis of AECG classification criteria for primary Sjogrenユs syndrome based on 112 minor salivary gland biopsies in a Japanese population. Rheumatology.
  • (2010.1.20)
    論文がAcceptされました。
    Tamai M, et al. Contribution of anti-CCP antibodies, proximal interphalangeal joint involvement, HLA-DRB1 shared epitope and PADI4 as risk factors for the development of rheumatoid arthritis in palindromic rheumatism. Scand J Rheumatol.
  • (2009.12.14)
    中村英樹先生の長崎県展入選作品が放射線部に展示されています。
  • (2009.12.8)
    論文がAcceptされました。
    Kawasaki E, et al. Autoantibodies to insulin, IA-2 and ZnT8 improve the prediction of early insulin requirement in adult-onset autoimmune diabetes. J Clin Endocrinol Metab.
    Kawashiri S, et al. Effects of anti interleukin-6 receptor antibody, tocilizumab, on serum lipid levels in patients with rheumatoid arthritis: a case control study. Rheumatol Int.
    Koga T, et al. Serum amyloid A (SAA) is a useful marker to evaluate the disease activity of Takayasuユs arteritis. Rheumatol Int.
    Nishino Y, Tamai M, Kawakami A, et al. Surum levels of BAFF for assessing the disease activity of Takayasu arteritis. Clin Exp Rheumatol.
  • (2009.12.8)
    江口教授退官記念 野球試合 【12月2日(水) 開催】
  • (2009.11.30)
    12月2日(水) 江口教授退官記念野球試合vs松山医学部長率いる基礎連合群
      18時:会場
      19時:プレイボール
    必勝を期し、江口教授はバッティングセンターで特訓中。果たして結果は??
  • (2009.11.16)
    論文がAcceptされました。
    Kawashiri S, et al. Type B insulin resistance complicated with systemic lupus erythematosus: a case report. Intern Med.
  • (2009.11.16)
    Kawashiri S, et al. Clopidogrel-associated acute arthritis: a case report. Rheumatol Int.
  • (2009.11.16)
    植木郁子先生が第52回日本甲状腺学会学術集会にて「第6回若手奨励賞(YIA)」を受賞!【YIA表彰式】
  • (2009.11.16)
    去る10月31日(土)ホテルニュー長崎にて、第一内科開講85周年記念式典及び祝賀会が行われました。260名を越す出席者の皆様ありがとうございました。PDF
  • (2009.11.4)
    論文がAcceptされました。
    Mutsukura K, Satoh K, et al. Familial Creutzfeldt-Jakob disease with the V1801 mutation: comparative analysis with pathological findings and diffusion-weighted images. Dementia and geriatric cognitive disorders.
    Ishii R, Imaizumi M, et al. A long-term follow-up of serum myeloperoxidase antineutrophil cytoplasmic antibodies (MPO-ANCA) in patients with graves disease treated with propylthiouracil. Endocrine J.
  • (2009.10.5)
    論文がAcceptされました。
    堀江一郎, 山崎浩則, 他. 多様な治療反応性を呈したSLE合併インスリン受容体異常症B型の2例. 糖尿病.
    Fujikawa K, et al. Cutaneous vasculitis induced by TNF inhibitors: a report of three cases. Mod Rheum.
    Kawashiri S, Kawakami A, et al. Switching to anti-Interleukin-6 receptor antibody tocilizumab in rheumatoid arthritis patients refractory to anti-tumor necrosis factor biologics. Mod Rheumatol.
    Imaizumi M, et al. Metabolic cardiovascular disease risk factors and their clustering in subclinical hypothyroidism. Clin Endocrino
  • (2009.9.25)
    中村英樹先生が第54回県展(洋画部門・油絵)入選!
  • (2009.9.25)
    論文がAcceptされました。
    Ida H, et al. Different expression levels of TNF receptors on the rhtumatoid synovial macrophages derived from surgery and a synovectomy as detected by a new flow cytometric analysis. Cytotechnology. (IF:0.875)
  • (2009.9.7)
    論文がAcceptされました。
    Kawashiri S, et al. Monitoring of therapeutic efficacy in a patient with RS3PE syndrome by serologic variables and radiographic methods. Rheumatol Int.
  • (2009.8.31)
    長崎大学医学部第一内科開講85周年記念を行います。
    平成21年10月31日(土) at. ホテルニュー長崎
    記念講演:井村 裕夫 名誉教授、長瀧 重信 名誉教授
  • (2009.8.31)
    論文がAcceptされました。
    金子智恵子, 山崎浩則 et al、2型糖尿病合併高コレステロール血症患者のリポ蛋白プロファイルに対するピタバスタチンの影響−リポ蛋白20分画解析法を用いて−. Progress in Medicine.
  • (2009.8.26)
    長崎大学第一内科ホームページをリニューアル公開しました。
  • (2009.5.27)
    第一内科客員研究員 今泉美彩先生が第26回「角尾学術賞」を受賞しました。PDF

医学生・研修医の皆さまへ
症例・抄読会
川上教授の紹介
教官の素顔
研修医・医員・研究生の横顔
専門グループ紹介
 
国立大学法人長崎大学 Copyright(C)