長崎大学病院第一内科 Department of Immunology and Rheumatology, Department of Clinical Neuroscience and Neurology, Department of Endocrinology and Metabolism, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  お問い合わせ サイトマップ HOME
教室の歴史 研修システム 関連病院・施設 スタッフ グループ紹介 学生教育 患者さまへ
   
教官の素顔
 
HOME>スタッフ教官の素顔>准教授:阿比留教生

准教授:阿比留 教生

助教:阿比留教生 阿比留 教生 (あびる のりお)

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座
第一内科 准教授
(平成26年4月 現在)
出身校:
昭和57年 青雲高等学校
平成2年 長崎大学医学部
専門分野: 内分泌・代謝、糖尿病学 1型糖尿病
趣 味: 脱メタ部部長としてわずか週2回の運動をさぼりがち。部長の存続の危機である
資 格: 日本内科学会認定内科医 研修指導医
日本糖尿病学会専門医
学 位: 平成9年 医学博士(長崎大学)

 Why am I here?  過去の動機
下記、学歴、職歴の中で、人生の転機となった出来事、
(1)どうして、自分は、第一内科、(2)現在の専門分野を選んだのか?

(1) 第一内科、入局の理由:当時の助教授、I先生に、市民プールで泳いだあと、ステーキをごちそうになり勧誘を受けた。「良い医者とは何じゃ、阿比留?」と問われ、しどろもどろの自分に、「もし、目の前の患者が解決できない問題を抱えていたとしても、最後まであきらめずに、患者のために、自分の能力をすべて尽くし、努力する医師」ではないか?と、話されているように聞こえた。実際のところ、その時の言葉はよく理解できなかったが、翌日第一内科の門を叩いた。
(2) 糖尿病を始めた理由:学生時代の公衆衛生の実習で、大島のフィールドスタディーに参加、昼は糖尿病教室、夜は宴会で、糖尿病の面白みを知る。研修医の頃、指導医のT野先生から、糖尿病にとどまらず、心不全や、足壊疽、腎不全、呼吸不全など、内科全体の手ほどきを受け、糖尿病医は何でもやるんだなーという印象を持ち、徐々に泥沼に入る。行く先々の研修病院では、研修医であるにも関わらず、なぜか、糖尿病教室のスケジュールが組まれており、おじいちゃん、おばあちゃん相手に、糖尿病について語るうちに、いつしかこれが天職ではないのかと思う。

 What am I doing?  今の動機
(1)若い人たちへのアピール(今、自分が、何に夢中になっているのか?仕事のこと、趣味など)
(2)若い人たちへのメッセージ(もし、自分がもう少し若かったら、何をしたいか?もし若い医師と一緒に仕事ができるなら、何がやりたいのか?)

(1) 文部教官として、研修医制度が変わろうとも、医療制度が変わろうとも、変わらない大切なことがあることを、学生や多くの若い先生たちに伝えたい。
(2) 臨床医として、1型糖尿病の若者達に、自分の生活習慣に合わせた治療を行い、病気も個性の一つなんだと思えるように、前向きに治療に向かえるような臨床を行いたい。研究者として、若い先生方と、引き続き1型糖尿病の研究を地道にすすめ、患者に夢を与えられる仕事がしたい。

 CV  略 歴

 主な学歴・職歴
平成 2年 長崎大学医学部附属病院研修医(第一内科)
平成 5年 長崎大学大学院医学研究科博士課程 (第一内科)
平成 9年 コロラド大学 (GS Eisenbarth教授)、USA、リサーチフェロー
平成12年 長崎大学医学部附属病院第一内科 医員
平成15年 佐世保学園、法務技官 医務課長 長崎大学医歯薬総合研究科 客員研究員
平成18年 長崎大学医学部・歯学部附属病院 内分泌・代謝内科 助手(助教)
平成22年 長崎大学病院 内分泌・代謝内科 講師
平成24年 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座(第一内科)准教授

 主な研究テーマ
  • エフェクター細胞を標的にした、新しい1型糖尿病免疫治療
  • NOD マウスを用いた1型糖尿病におけるβ細胞障害機序の解明

 主な学会活動
  • 日本内科学会 (会員)
  • 日本糖尿病学会 (会員)
  • 日本糖尿病・肥満動物学会 (会員)学術評議員
  • 国際免疫糖尿病学会 (会員)
  • 日本免疫学会 (会員)

 主な社会活動
  • 長崎県小児糖尿病ことのうみの会 指導医、運営委員

 受 賞
  • 第21回 角尾学術賞 「インスリン分子を標的とした、1型糖尿病治療法の開発」

 代表論文
  1. Kuriya G, Uchida T, Akazawa S, Kobayashi M, Nakamura K, Satoh T, Horie U, Kawasaki E, Yamasaki H, Yu L, Iwakura Y, Sasaki H, Nagayama Y, Kawakami A, Abiru N. Double deficiency in IL-17 and IFN-g signaling significantly suppresses the development of diabetes in the NOD mouse. Diabetologia56(8):1773-80 2013
  2. Kobayashi M, Kaneko-Koike C, Abiru N, Uchida T, Akazawa S, Nakamura K, Kuriya G, Satoh T, Ida H, Kawasaki E, Yamasaki H, Nagayama Y, Sasaki H, Kawakami A. Genetic deletion of granzyme B does not confer resistance to the development of spontaneous diabetes in non-obese diabetic mice. Clin Exp Immunol. 173(3):411-8 2013
  3. Satoh T, Abiru N, Kobayashi M, Zhou H, Nakamura K, Kuriya G, Nakamura H, Nagayama Y, Kawasaki E, Yamasaki H, Yu L, GS Eisenbarth, Araki E, Mori M, Oyadomari S, Eguchi K. CHOP deletion does not impact the development of diabetes but suppresses the early production of insulin autoantibody in the NOD mouse. Apoptosis.16(4):438-48. 2011
  4. Nakahara M, Nagayama Y, Ichikawa T, Yu L, GS Eisenbarth, Abiru N. The effect of regulatory T-cell depletion on the spectrum of organ-specific autoimmune diseases in nonobese diabetic mice at different ages. Autoimmunity. 44(6):504-510. 2011
  5. Fukushima K, Abiru N, Nagayama Y, Kobayashi M, Satoh T, Nakahara M, Kawasaki E, Yamasaki H, Ueha S, Matsushima K, Liu E, Eguchi K: Combined insulin B:9-23 self-peptide and polyinosinic-polycytidylic acid accelerate insulitis but inhibit development of diabetes by increasing the proportion of CD4+Foxp3+ regulatory T cells in the islets in nonobese diabetic mice.Biochem Biophys Res Commun 367(4):719-724, 2008
  6. Kobayashi M, Abiru N, Arakawa T, Fukushima K, Zhou H, Kawasaki E, Yamasaki H, Liu E, Miao D, Wong FS, Eisenbarth GS, Eguchi K: Altered B:9-23 insulin, when administered intranasally with cholera toxin adjuvant, suppresses the expression of insulin autoantibodies and prevents diabetes.J Immunol179(4):2082-2088, 2007
  7. Nakayama M, Abiru N, Moriyama H, Babaya N, Liu E, Miao D, Yu L, Wegmann DR, Hutton JC, Elliott JF, GS Eisenbarth: Prime role for an insulin epitope in the development of type 1 diabetes in NOD mice. Nature 435(7039): 220-223, 2005
  8. Abiru N, Maniatis AK, Yu L, Miao D, Moriyama H, Wegmann D, GS Eisenbarth: Peptide and major histocompatibility complex-specific breaking of humoral tolerance to native insulin with the B9-23 peptide in diabetes-prone and normal mice. Diabetes 50(6): 1274-1281, 2001
  9. Abiru N, Yu L, Miao D, Maniatis AK, Liu E, Moriyama H, G.S Eisenbarth:  Transient insulin autoantibody expression independent of development of diabetes: Comparison of NOD and NOR strains.  J Autoimmun 17: 1-6, 2001
  10. Abiru N, Takino H, Yano M, Kawasaki E, Yamasaki H, Yamaguchi Y, Akazawa S, Nagataki S: Clinical evaluation of non-insulin-dependent diabetes mellitus patients with autoantibodies to glutamic acid decarboxylase. J Autoimmun 9: 683-688, 1996



 
国立大学法人長崎大学 Copyright(C)