長崎大学病院第一内科 Department of Immunology and Rheumatology, Department of Clinical Neuroscience and Neurology, Department of Endocrinology and Metabolism, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  お問い合わせ サイトマップ HOME
教室の歴史 研修システム 関連病院・施設 スタッフ グループ紹介 学生教育 患者さまへ
   
教官の素顔
 
HOME>スタッフ教官の素顔>講師:安藤隆雄

講 師:安藤 隆雄

助教:安藤隆雄 安藤 隆雄 (あんどう たかお)

長崎大学病院 内分泌代謝内科 講師
(平成29年4月 現在)
出身校: 宮崎西高校 平成2年卒業
長崎大学医学部 平成8年卒業
専門分野: 内分泌代謝内科
趣 味: 音楽鑑賞(クラシック全般)
資 格: 内科学会総合内科専門医
内分泌代謝科指導医
甲状腺学会専門医

 Why am I here?  過去の動機
下記、学歴、職歴の中で、人生の転機となった出来事、
(1)どうして、自分は、第一内科、(2)現在の専門分野を選んだのか?

(1) 第一内科の各診療科にもともと興味があるわけではなかったが、ポリクリで全科を回って、一番アカデミックであったことと、研修医への指導がしっかり行われている科であると感じたので(当時の研修医の先生方の勉強量がすごく多かった)。
(2) 研修医のころから、故中田先生に“おまえは内分泌やからなあ”と言われ続け、実際、市中病院でも内分泌疾患症例を多く受け持つことになり、自然と決まってしまった。

 What am I doing?  今の動機
(1)若い人たちへのアピール(今、自分が、何に夢中になっているのか?仕事のこと、趣味など)
(2)若い人たちへのメッセージ(もし、自分がもう少し若かったら、何をしたいか?もし若い医師と一緒に仕事ができるなら、何がやりたいのか?)

 長崎市では、原発性アルドステロン症症例の診断頻度が非常に低く問題です。一般的に原発性アルドステロン症は、高血圧症例の5%程度といわれています。長崎市周辺では、なかなか診断頻度が上がりませんでしたが、少しずつですが、年々アルドステロン症疑いを含めて紹介症例が増えてきました。
 内分泌疾患は、甲状腺疾患や原発性アルドステロン症のようなコモンディジーズだけでなく、成人成長ホルモン分泌不全症、クッシング症候群など、通常の診療で見逃されている比較的まれな内分泌疾患を診断、治療すると非常に喜んでもらえます。また最近は中枢性尿崩症患者さんのQOLを評価する独自のツールを作成するなど、臨床研究を各種行っており、詳細はHP内でご確認ください。内分泌代謝内科は診断の過程が非常に論理的で曖昧さが少ないのが特徴です。理詰めで物事を考えたい 若い先生方をお待ちしています。

 CV  略 歴

 主な学歴・職歴
平成11年 長崎大学大学院医学研究科入学
平成12年 米国Department of Medicine, Mount Sinai School of Medicine 留学
(研究員)
平成18年 長崎大学大学院医学研究科修了、博士(医学)
平成20年 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 病態解析・制御学講座
(第一内科)助教
平成25年 長崎大学病院 内分泌代謝内科 講師

 代表論文
  1. Ando T, Latif R, Pritsker A, Moran T, Nagayama Y, Davies TF.
    A monoclonal thyroid stimulating antibody.
    Journal of Clinical Investigation 2002 Dec; 110: 1667-1674.
  2. Ando T, Davies TF.
    Postpartum autoimmune thyroid disease - The potential role of fetal microchimerism.
    Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism 2003 Jul; 88(7): 2965-71.
  3. Ando T, Latif R, Davies TF.
    Concentration-dependent regulation of thyrotropin receptor function by thyroid-stimulating antibody.
    Journal of Clinical Investigation 2004, June; 113(11): 1589-1595.
  4. Haraguchi A, Era A, Yasui J, Ando T, Ueki I, Horie I, Imaizumi M, Usa T, Abe K, Origuchi T, Eguchi K.
    Putative IgG4-related pituitary disease with hypopituitarism and/or diabetes insipidus accompanied with elevated serum levels of IgG4.
    Endocrine Journal 2010;57(8):719-25
  5. Nakamura K, Ogata M, Ando T, Usa T, Kawakami A
    Paroxysmal thyroid swelling. A forgotten clinical finding of pheochromocytoma.
    Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism 2011 Dec;96(12):3601-2
  6. Yasui J, Shimizu T, Ando T, Uchida S, Shibata H,Kawakami A
    Successful visualization of an indeterminate hepatic metastasis from thyroid carcinoma using contrast-enhanced CT and contrast-enhanced ultrasound.
    Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism 2013;98(7):2639-40.
  7. Ando T, Nakamura K, Ogata M,Usa T, Kawakami A
    Paroxysmal thyroid swelling.
    Diagnostic Dilemma, second edition p27-29. Endocrine Press, MD, 2013
  8. Ikeoka T, Ando T, Imaizumi M, Ueki I, Usa T, Kawakami A
    Moderate to severe nausea in radioactive iodine (RAI) therapy is associated with the RAI dose per body weight and was not prevented by ramosetron.
    Endocrine 2014 May 46: 131-137
  9. Haraguchi A, Fujishima K, Ando T, Mori F, Imaizumi M, Abiru N, Yamasaki H, Matsumoto K, Takamura N, Kawakami K.
    Multiple drug combination of anti-diabetic agents as a predictor for poor clinical response to liraglutide.
    Minerva Endocrinologica 2014 39:1-9
  10. Nozaki A, Ando T, Akazawa S, Satoh T, Sagara I, Horie I, Imaizumi M, Usa T, Yanagisawa RT,Kawakami A
    Quality of life in the patients with central diabetes insipidus assessed by Nagasaki Diabetes Insipidus Questionnaire.
    Endocrine (2016) 51:140-147.



 
国立大学法人長崎大学 Copyright(C)