長崎大学病院第一内科 Department of Immunology and Rheumatology, Department of Clinical Neuroscience and Neurology, Department of Endocrinology and Metabolism, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  お問い合わせ サイトマップ HOME
教室の歴史 研修システム 関連病院・施設 スタッフ グループ紹介 学生教育 患者さまへ
   
教官の素顔
 
HOME>スタッフ教官の素顔>助教:岩本直樹

助 教:岩本 直樹

助教:岩本直樹 岩本 直樹 (いわもと なおき)

長崎大学病院
長崎大学大学院・医歯薬学総合研究科
医療科学専攻・展開医療科学講座(第一内科) 助教
(平成25年4月 現在)
出身校:
1995年 山口県立徳山高等学校
2002年 長崎大学医学部
専門分野: リウマチ・膠原病
趣 味: カープ
資 格: 日本内科学会認定医、日本リウマチ学会専門医
学 位: 平成22年 医学博士(長崎大学)

 Why am I here?  過去の動機
下記、学歴、職歴の中で、人生の転機となった出来事、
(1)どうして、自分は、第一内科、(2)現在の専門分野を選んだのか?

(1) 学生時代より内科、なかでも膠原病内科に興味があった。
(2) 第一内科入局後その興味は強くなり、自分にとって常に興味を持ち続けられる分野だと確信した。

 What am I doing?  今の動機
(1)若い人たちへのアピール(今、自分が、何に夢中になっているのか?仕事のこと、趣味など)
(2)若い人たちへのメッセージ(もし、自分がもう少し若かったら、何をしたいか?もし若い医師と一緒に仕事ができるなら、何がやりたいのか?)

(1) 自己免疫疾患とmicroRNA
(2) 膠原病の分野はまだまだ不明なことも多く、研究の余地は残されています。また、臨床においても専門性は高くやりがいのある分野ではないでしょうか。

 CV  略 歴

 主な学歴・職歴
2002年 長崎大学 医学部附属病院
2003年 長崎医療センター
2004年 国立病院機構佐賀病院 
2005年 光晴会病院
2006年 長崎大学 医学部附属病院
2010年 チューリッヒ大学病院、リウマチ研究部門(Steffen Gay教授)
2012年 長崎大学病院 リウマチ・膠原病内科 助教

 代表論文
  1. Iwamoto N, Kawakami A, Tamai M, Arima K, Nakamura H, Kawashiri SY et al. magnetic resonance imaging of wrist and finger joints distinguishes secondary Sjögren's syndrome with rheumatoid arthritis from primary Sjögren's syndrome with articular manifestations. Clin Exp Rheumatol. 2011 ;29:1062-1063. 
  2. Iwamoto N, Kawakami A, Arima K, Tamai M, Nakamura H, Kawashiri SY et al. contribution of an adenine to guanine single nucleotide polymorphism of the matrix metalloproteinase-13 (MMP-13) -77 promoter region to the production of anticyclic citrullinated peptide antibodies in patients with HLA-DRB1*shared epitope-negative rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2011;21:240-3. 
  3. Iwamoto N, Distler JH, Distler O. Tyrosine kinase inhibitors in the treatment of systemic sclerosis: from animal models to clinical trials. Curr Rheumatol Rep. 2011;13:21-27. 
  4. Iwamoto N, Kawakami A, Arima K, Nakamura H, Kawashiri SY, Tamai M et al. Regulation of disease susceptibility and mononuclear cell infiltration into the labial salivary glands of Sjögren's syndrome by monocyte chemotactic protein-1. Rheumatology (Oxford).2010;49:1472-78.
  5. Iwamoto N, Kawakami A, Tamai M et al. Determination of the subset of Sjögren’s syndrome with articular manifestations by anti-cyclic citrullinated peptide antibodies (anti-CCP antibodies).J Rheumatol. 2009;36:113-115.



 
国立大学法人長崎大学 Copyright(C)