長崎大学病院第一内科 Department of Immunology and Rheumatology, Department of Clinical Neuroscience and Neurology, Department of Endocrinology and Metabolism, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  お問い合わせ サイトマップ HOME
教室の歴史 研修システム 関連病院・施設 スタッフ グループ紹介 学生教育 患者さまへ
   
教官の素顔
 
HOME>スタッフ教官の素顔>助教:川㞍真也

助 教:川㞍 真也 (地域医療学)

助教:川㞍真也 川㞍 真也 (かわしり しんや)

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
地域医療学講師
(平成29年4月 現在)
出身校: 長崎大学
専門分野: リウマチ・膠原病
趣 味: 読書
資 格: 日本内科学会認定内科医
日本内科学会専門内科医
日本リウマチ学会専門医
学 位: 医学博士

 Why am I here?  過去の動機
下記、学歴、職歴の中で、人生の転機となった出来事、
(1)どうして、自分は、第一内科、(2)現在の専門分野を選んだのか?

(1) 卒業時に診断から治療まで携われる内科医になることを決意していましたが、第一内科のアットホームで自由に発言できる雰囲気が居心地良く入局を決めました。
(2) 検査および治療において進歩が著しい分野であり、学生の時から免疫学に興味があったこともあり,生涯を通じて探究心を満足できると感じたからです。現在もそれは変わりません。

 What am I doing?  今の動機
(1)若い人たちへのアピール(今、自分が、何に夢中になっているのか?仕事のこと、趣味など)
(2)若い人たちへのメッセージ(もし、自分がもう少し若かったら、何をしたいか?もし若い医師と一緒に仕事ができるなら、何がやりたいのか?)

(1) リウマチ分野における超音波を専門にしています。自分の興味ではじめたことで、卒業論文となり、いくつかの賞を頂くことが出来ました。また、日本における関節超音波の普及の一助となれたことをうれしく思います。興味の尽きない分野です。
(2) やりたいことがやれる医局です。やりがいのある仕事を自分自身でみつけられると思います。

 CV  略 歴

 主な学歴・職歴
2003年3月 長崎大学医学部卒業
2003年5月 長崎大学病院第一内科入局
2004年6月 長崎市立市民病院内科
2005年4月 佐世保中央病院消化器内視鏡科・内科
2006年6月 北九州市立八幡病院内科
2007年4月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学講座入学
2011年3月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学講座卒業
学位(医学博士)取得
2011年4月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学講座(第一内科)
客員研究員
2012年4月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生学助教
2016年5月

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科先進予防医学講座地域医療学講師


 代表論文
  1. Kawashiri SY, et al. Synovial inflammation assessed by ultrasonography correlates with magnetic resonance imaging-proven osteitis in patients with rheumatoid arthritis. Rheumatology (Oxford).in press.
  2. Kawashiri SY, et al. Ultrasonographic examination of rheumatoid arthritis patients who are free of physical synovitis: power Doppler subclinical synovitis is associated with bone erosion. Rheumatology (Oxford).in press.
  3. Kawashiri SY, et al. Improvement of plasma endothelin-1 and nitric oxide in patients with systemic sclerosis by bosentan therapy. Rheumatol Int. 2014;34:221-5.
  4. Kawashiri SY, et al. Musculoskeletal ultrasonography assists the diagnostic performance of the 2010 classification criteria for rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2013;23:36-43.
  5. Kawashiri SY, et al. CD4+CD25(high)CD127(low/-) Treg cell frequency from peripheral blood correlates with disease activity in patients with rheumatoid arthritis. J Rheumatol. 2011;38:2517-21.
  6. Kawashiri SY, et al. In rheumatoid arthritis patients treated with tocilizumab, the rate of clinical disease activity index (CDAI) remission at 24 weeks is superior in those with higher titers of IgM-rheumatoid factor at baseline. Mod Rheumatol. 201;21:370-4.
  7. Kawashiri SY, et al. Disease activity score 28 may overestimate the remission induction of rheumatoid arthritis patients treated with tocilizumab: comparison with the remission by the clinical disease activity index. Mod Rheumatol. 2011;21:365-9.
  8. Kawashiri SY, et al. The power Doppler ultrasonography score from 24 synovial sites or 6 simplified synovial sites, including the metacarpophalangeal joints, reflects the clinical disease activity and level of serum biomarkers in patients with rheumatoid arthritis. Rheumatology (Oxford). 2011;50:962-5.
  9. Kawashiri SY, et al. Decrement of serum cartilage oligomeric matrix protein (COMP) in rheumatoid arthritis (RA) patients achieving remission after 6 months of etanercept treatment: comparison with CRP, IgM-RF, MMP-3 and anti-CCP Ab. Joint Bone Spine. 2010;77:418-20.
  10. Kawashiri SY, et al. Proinflammatory cytokines synergistically enhance the production of chemokine ligand 20 (CCL20) from rheumatoid fibroblast-like synovial cells in vitro and serum CCL20 is reduced in vivo by biologic disease-modifying antirheumatic drugs. J Rheumatol. 2009;36:2397-402.



 
国立大学法人長崎大学 Copyright(C)