長崎大学病院第一内科 Department of Immunology and Rheumatology, Department of Clinical Neuroscience and Neurology, Department of Endocrinology and Metabolism, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  お問い合わせ サイトマップ HOME
教室の歴史 研修システム 関連病院・施設 スタッフ グループ紹介 学生教育 患者さまへ
   
教官の素顔
 
HOME>スタッフ教官の素顔>助教:古賀智裕

助 教:古賀 智裕 (分子標的医学研究センター)

助教:古賀智裕 古賀 智裕 (こが ともひろ)

分子標的医学研究センター  助教
(平成26年4月 現在)
出身校: 1999年 佐世保西高校 卒業
2005年 大分大学医学部 卒業
専門分野: 内科一般、リウマチ・膠原病
趣 味: テニス、ゴルフ
資 格:

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本リウマチ学会専門医

学 位: 2011年 医学博士(長崎大学)

 Why am I here?  過去の動機
下記、学歴、職歴の中で、人生の転機となった出来事、
(1)どうして、自分は、第一内科、(2)現在の専門分野を選んだのか?

(1) 研修医の時点では希望する診療科はまだ決まっていなかったが2年間の研修中で、病気を診断することの難しさと面白さに惹かれて総合診療科に興味を持った。第一内科は全身を診ることができる診療科として魅力的だったため。
(2) 免疫学は解明されていない点が多く、リウマチや膠原病はスッキリ治るものではなくエビエンスが乏しい分野である。このような未開拓の分野で臨床、研究を行うことに魅力を感じた。診断の過程、あらゆる臓器のマネジメント、免疫抑制状態における感染症の制御、薬剤を用いた内科的治療はまさに「内科 OF 内科」であると感じたため。

 What am I doing?  今の動機
(1)若い人たちへのアピール(今、自分が、何に夢中になっているのか?仕事のこと、趣味など)
(2)若い人たちへのメッセージ(もし、自分がもう少し若かったら、何をしたいか?もし若い医師と一緒に仕事ができるなら、何がやりたいのか?)

(1) 現在は留学中に学んだ自己免疫疾患におけるT細胞分化にかかわるシグナル分子の研究を、実際の臨床(具体的には新たな病態評価および治療薬への応用)に役立てたいと考えている。
(2) 目の前にいる患者に対しての臨床的な診療能力の向上はもちろんですが、将来の医学の発展に少しでも寄与できるようリサーチマインドを持った医者になってください。たしかに臨床と研究の両立は難しいですが、みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 CV  略 歴

 主な学歴・職歴
 2005年4月~2009年3月 独立行政法人国立病院機構 長崎医療センター
 2009年4月~2011年5月 長崎大学病院 第一内科 リウマチ・膠原病内科 医員
 2011年6月~2014年2月 ハーバード医科大学(Beth Israel Deaconess Medical Center, Rheumatology Division, Dr.Tsokos Lab)
 2014年3月~現在 長崎大学病院 医療教育開発センター 助教

 代表論文
  1. CaMK4-dependent activation of AKT/mTOR and CREM-α underlies autoimmunity-associated Th17 imbalance.
    Koga T, Hedrich CM, Mizui M, Yoshida N, Otomo K, Lieberman LA, Rauen T, Crispin JC, Tsokos GC.
    J Clin Invest. 2014 Mar 25.
  2. Calcium/calmodulin-dependent protein kinase IV suppresses IL-2 production and regulatory T cell activity in lupus.
    Koga T, Ichinose K, Mizui M, Crispin JC, Tsokos GC.
    J Immunol. 2012 Oct 1;189(7):3490-6.
  3. Serum amyloid A triggers the mosodium urate -mediated mature interleukin-1β production from human synovial fibroblasts. Migita K, Koga T, Satomura K, Izumi M, Torigoshi T, Maeda Y, Izumi Y, Jiuchi Y, Miyashita T, Yamasaki S, Aiba Y, Komori A, Nakamura M, Motokawa S, Kawakami A, Nakamura T, Ishibashi H.
    Arthritis Res Ther. 2012 May 18;14(3):R119.
  4. 4he diagnostic utility of anti-melanoma differentiation-associated gene 5 antibody testing for predicting the prognosis of Japanese patients with DM.
    Koga T, Fujikawa K, Horai Y, Okada A, Kawashiri SY, Iwamoto N, Suzuki T, Nakashima Y, Tamai M, Arima K, Yamasaki S, Nakamura H, Origuchi T, Hamaguchi Y, Fujimoto M, Ishimatsu Y, Mukae H, Kuwana M, Kohno S, Eguchi K, Aoyagi K, Kawakami A.
    Rheumatology (Oxford). 2012 Jul;51(7):1278-84.
  5. Post-transcriptional regulation of IL-6 production by Zc3h12a in fibroblast-like synovial cells.
    Koga T, Yamasaki S, Migita K, Kita J, Okada A, Kawashiri S, Iwamoto N, Tamai M, Arima K, Origuchi T, Nakamura H, Osaki M, Tsurumoto T, Shindo H, Eguchi K, Kawakami A.
    Clin Exp Rheumatol. 2011 Nov-Dec;29(6):906-12.
  6. Soluble urokinase plasminogen activator receptor as a useful biomarker to predict the response to adalimumab in patients with rheumatoid arthritis in a Japanese population.
    Koga T, Okada A, Kawashiri S, Kita J, Suzuki T, Nakashima Y, Tamai M, Satoh K, Origuchi T, Iwamoto N, Yamasaki S, Nakamura H, Migita K, Ida H, Ueki Y, Eguchi K, Kawakami A.
    Clin Exp Rheumatol. 2011 Sep-Oct;29(5):811-5.
  7. Influence of Janus kinase inhibition on interleukin 6-mediated induction of acute-phase serum amyloid A in rheumatoid synovium.
    Migita K, Koga T, Komori A, Torigoshi T, Maeda Y, Izumi Y, Sato J, Jiuchi Y, Miyashita T, Yamasaki S, Kawakami A, Nakamura M, Motokawa S, Ishibashi H.
    J Rheumatol. 2011 Nov;38(11):2309-17
  8. Serum amyloid A protein stimulates CCL20 production in rheumatoid synoviocytes.
    Migita K, Koga T, Torigoshi T, Maeda Y, Miyashita T, Izumi Y, Aiba Y, Komori A, Nakamura M, Motokawa S, Ishibashi H.
    Rheumatology (Oxford). 2009 Jul;48(7):741-7.
  9. Determination of anti-cyclic citrullinated peptide antibodies in the sera of patients with liver diseases.
    Koga T, Migita K, Miyashita T, Maeda Y, Nakamura M, Abiru S, Myoji M, Komori A, Yano K, Yatsuhashi H, Eguchi K, Ishibashi H.
    Clin Exp Rheumatol. 2008 Jan-Feb;26(1):121-4.
  10. Serum amyloid A-induced IL-6 production by rheumatoid synoviocytes.
    Koga T, Torigoshi T, Motokawa S, Miyashita T, Maeda Y, Nakamura M, Komori A, Aiba Y, Uemura T, Yatsuhashi H, Ishibashi H, Eguchi K, Migita K.
    FEBS Lett. 2008 Mar 5;582(5):579-85.



 
国立大学法人長崎大学 Copyright(C)