長崎大学病院第一内科 Department of Immunology and Rheumatology, Department of Clinical Neuroscience and Neurology, Department of Endocrinology and Metabolism, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  お問い合わせ サイトマップ HOME
教室の歴史 研修システム 関連病院・施設 スタッフ グループ紹介 学生教育 患者さまへ
   
教官の素顔
 
HOME>スタッフ教官の素顔>助教:梅田雅孝

助 教:梅田 雅孝 (医療教育開発センター)

助教:梅田雅孝 梅田 雅孝 (うめだ まさたか)

助教(医療教育開発センター)
(平成29年4月 現在)
出身校: 長崎大学 佐賀西高校
専門分野: リウマチ膠原病内科
趣 味: 釣り,自転車
資 格: 日本リウマチ学会 リウマチ専門医
日本リウマチ学会 登録ソノグラファー
日本内科学会認定内科医
医師免許
2級船舶免許
剣道初段
学 位: 医学学士

 Why am I here?  過去の動機
下記、学歴、職歴の中で、人生の転機となった出来事、

リウマチ膠原病内科での研修時に不明熱で苦しむ患者さんの担当になったことが一つの契機です.発熱で苦しむ患者さんと共に,右も左もわからない研修医だった私も共に診断がつくまで苦しむことになったのですが,終的に診断がつき加療導入により症状が消失した時に今度は共に喜びを分かち合えたことが,リウマチ膠原病を志すきっかけとなりました.

 What am I doing?  今の動機

私はリウマチ膠原病内科医として働き始めて,日々新しい気付きや出会いの連続で,これまで一度も退屈を感じたことはありません.リウマチ膠原病は目まぐるしく疾患概念や治療方法が変化しており,生涯に渡り興味を失わずに働き続けられる分野と思います.
しかし,リウマチ膠原病の進歩に関わらず,病気により就職や結婚,出産などに大きな制約を抱えている患者さん,さらには若くして命を落とすような患者さんが存在することから,現在の膠原病学のUnmet Needsを感じています.
臨床に関しては最大限のエビデンスを学び患者さんに還元することを意識しています.また研究を行うことで今不幸を感じている患者さんが少しでも良い生活を送れるようになることを願いながら,日々の業務を行なっています.
また現在は医療教育開発センターに所属しており,研修医卒後教育にも力を入れています.これまで内科およびリウマチ膠原病内科として得てきた知識を後輩の皆さんにしっかりお伝えできるように尽力いたします.

 CV  略 歴

 学歴
 2003年3月 佐賀県立佐賀西高等学校卒業
 2010年3月 長崎大学医学部医学科卒業
 2014年4月 長崎大学医師薬学総合研究科医療科学専攻入学

 職歴
 2010(H22)年4月
  ~2011(H23)年3月
長崎大学病院 研修医
 2011(H23)年4月
  ~2012(H24)年3月
諫早総合病院 研修医
 2012(H24)年4月~9月  同院 内科
 2012(H24)年10月
  ~2013(H25)年3月
長崎大学第一内科 修練医
 2013(H25)年4月
  ~2014(H26)年3月
医療法人財団 白十字会 佐世保中央病院
リウマチ膠原病センター 医員
 2014(H26)年4月
  ~2016 (H28)年11月
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座
リウマチ免疫病態制御学分野 大学院 第一内科医員
 2016 (H28)年12月〜  長崎大学病院 医療教育開発センター 助教

 代表論文
  1. Umeda M, Kawashiri S, Ayako Nishino, Koga T, Ichinose K, Michitsuji T, et al. Synovitis of Sternoclavicular and Peripheral Joints Can Be Detected by Ultrasound in Patients with SAPHO Syndrome. Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association. 2016 Dec 9:1-5..
  2. Umeda M, Migita K, Ueki Y, Nonaka F, Aramaki T, Terada K, et al. A Japanese familial Mediterranean fever patient with a rare G632S MEFV mutation in exon 10. Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 2016:1-2.
  3. Umeda M, Ikenaga J, Koga T, Michitsuji T, Shimizu T, Fukui S, et al. Giant Cell Arteritis which Developed after the Administration of Granulocyte-colony Stimulating Factor for Cyclic Neutropenia. Internal medicine (Tokyo, Japan) 2016;55:2291-4.
  4. 梅田 雅孝, 三潴 正秀, 古賀 智裕, 一瀬 邦宏, 向野 晃, 河野 浩, et al. 自己免疫性自律神経節障害を合併したリウマチ性疾患の3症例. 九州リウマチ 2016;36:20-6.
  5. Umeda M, Ichinose K, Okada A, Nishino A, Aramaki T, Iwanaga N, et al. A rare case of hemorrhagic cystitis complicated with thrombocytopenia and hemophagocytic syndrome associated with BK virus, under immunosuppressive treatment of systemic lupus erythematosus. Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 2015:1-3.
  6. Umeda M, Aramaki T, Fujikawa K, Iwamoto N, Ichinose K, Terada K, et al. Tocilizumab is effective in a familial Mediterranean fever patient complicated with histologically proven recurrent fasciitis and myositis. International journal of rheumatic diseases 2015.
  7. Umeda M, Origuchi T, Fujikawa K, Koga T, Mizokami A, Nakashima Y, et al. Hemophagocytic syndrome and inflammatory myopathy with abundant macrophages in a patient with adult-onset Still's disease. Internal medicine (Tokyo, Japan) 2014;53:2385-9.
  8. Umeda M, Ichinose K, Nishino A, Okada A, Kawashiri SY, Iwamoto N, et al. Increased expression of vascular endothelial growth factor in a case of protein-losing enteropathy with undifferentiated connective tissue disease. International journal of rheumatic diseases 2014.
  9. Umeda M, Fujikawa K, Origuchi T, Tsukada T, Kondo A, Tomari S, et al. A case of IgG4-related pulmonary disease with rapid improvement. Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 2012;22:919-23.



 
国立大学法人長崎大学 Copyright(C)