医局紹介

全身から腎臓を診る 腎臓から全身を診る

はじめに

 腎臓内科では腎臓病全般に対する診療を行っています。しかし腎臓病は糖尿病や膠原病、高血圧症など様々な疾患が原因となるため、腎疾患だけでなく「全身を診る腎臓内科医」を目指して日々研鑽しています。
 また大学病院として教育・研究にも取り組んでおり、特に当科は若手医師や女性医師が多く所属しているため、若手医師の育成や子育てしながらでも働きやすい環境作りに力を入れているのが特徴です。

腎臓内科の対象疾患
  • 糸球体疾患
  • 急性腎障害
  • 慢性腎不全の保存期から透析導入期・維持期の管理
  • 電解質・酸塩基平衡
  • 二次性高血圧(腎血管性高血圧)
  • 腎移植患者の管理 など

臨 床

 あらゆる腎疾患と関連する全身の疾患・合併症に対して、最善の治療法を選択するため病態を深く追求し、患者さんに寄り添いながら真摯な姿勢で診療を行っています。また地域の医療機関と協力し、慢性腎臓病の早期発見、重症化予防に力を入れています。診療の案内に関してはこちらをご覧ください。


教 育

 当科は若手医師が多い事が特徴です。そのため、臨床・研究と同等、またはそれ以上に教育にも力を入れており、学生実習、初期研修、後期研修それぞれに対して経験豊富な指導医陣が指導にあたっています。キャリアパスなど詳しい内容はこちらをご覧下さい。


研 究

 腎疾患・腹膜透析を中心とした基礎研究、そして疫学データ・腎病理を中心とした臨床研究の両面からアプローチし、疾患の病態解明と新たな治療法の開発に取り組んでいます。研究の成果は国内外の学会、学術誌で発表しています。詳しい研究内容に関してはこちらをご覧下さい。