医学生・医師の皆さんへ

キャリアイメージ:入局後〜



キャリアイメージ1
市中病院「外来、入院、どちらも頑張っています!」


氏 名
宮村 拓人
略 歴 出身高校:長崎県私立青雲高等学校
2012年:琉球大学医学部医学科 卒業
2013年:長崎大学病院 初期研修医
2014年:佐世保市立総合病院 初期研修医
2015年:長崎大学病院 呼吸器内科 入局 長崎大学病院勤務
2016年:JHCO諌早総合病院 勤務
認定医・専門医 日本内科学会 認定内科医
呼吸器内科に入局しようと思ったのはなぜですか?
 呼吸器の疾患は原因が多岐に渡るため、症状や病歴の聴取、診察、検査の全てをしっかりとした知識をもとに考察しなければ、的確な診断や適切な治療法にたどり着かない点が難しいところでもあり、魅力であると感じています。そのような魅力に気付けたのも、研修医1年目に長崎大学病院で呼吸器内科を研修した際に、診療やカンファレンスを通してしっかりとした指導を受けられたからだと思っています。医局全体に教育が伝統として根付いていると感じ、この医局に入局し、しっかりと努力をすれば、自分も呼吸器内科の魅力を後輩の医師に伝えられるような医師に成長できるのではないかと思い、入局を決めました。  
現在の仕事や目標を教えてください
 医師3年目(=入局1年目)は、修練医として長崎大学病院に勤務しました。病棟業務が主な仕事であり、1年間の勤務を通して、ひとつひとつの症例を様々な視点から深く診ることで、呼吸器内科医としての基礎を学びました。
 医師4年目の今年は地域の中核病院である諌早総合病院に勤務しています。初めて専門外来を持ち、初診からその後の検査、治療まで一連の流れを自分の判断で進めていくといった経験をしています。もちろん、その他にも飛び込みで来た方を診察したり、院内で他科の先生からのコンサルトを受けたりと、今までは経験してこなかった医師としての仕事もいろいろと経験できます。もちろんまだまだ未熟な身であり、判断に困ることも多いですが、経験豊富な先輩の先生方に指導していただき、自分自身の成長も感じられ、充実した日々を過ごしています。
 今後の目標に関してですが、将来的には大学院に進学し、より専門的な知識を得ることも先々を見据えると大切だと考えています。まずは日常診療を通して呼吸器内科医として基本となるような知識や経験を得て、呼吸器内科医としての実力を少しでも高めることを目標としています。  
余暇の過ごし方や趣味を教えてください
 小学生から大学卒業まで部活としてはサッカー部に所属していましたが、最近はなかなかサッカーをする機会は作れていないです。
 他の趣味としては、対戦格闘ゲームが好きなので、最新の戦法を研究し、ネット対戦に情熱を燃やしています。  

←前のページに戻る


キャリアイメージ2

氏 名
木下 理恵
略 歴 出身高校:佐賀県私立東明館高等学校
2013年:東海大学医学部 卒業
2013年:九州医療センター 初期研修医
2015年:長崎大学病院 呼吸器内科 入局 長崎大学病院勤務
認定医・専門医 2016年 日本内科学会 内科認定医
修練医から長崎大学呼吸器内科に入局しようと思ったのはなぜですか?
 呼吸器内科は悪性腫瘍・アレルギー疾患やびまん性肺疾患・感染症など幅広い領域をするだけでなく、気管支鏡などの手技もあり、とてもやりがいのある領域だと思います。
 もともと実家が長崎県であり、進路を選択するにあたって将来的に出身地の医療に貢献できればという気持ちがありました。
 大学・研修もずっと長崎を離れていたので、知り合いもほとんどいない中でしたが、研修医2年目の秋に初めて大学病院を見学しました。たった一日の見学でしたが、カンファレンスをはじめ多くの先生に熱心に指導してもらいました。科全体の雰囲気がとても活気がある印象で、ここで一緒に頑張りたいなと感じました。  
若手女性医師として一言お願いします。
 入局して2年目になりますが、医局・病棟の雰囲気は明るく、働きやすい環境だと感じています。周りの先生方の温かくも親切な指導で、充実した毎日を過ごしています。また同期をはじめ、女性も多く在籍しており、進路などの相談に乗っていただいています。女性はライフステージに合わせて、働き方を選択できる科だと思います。自分なりのキャリアイメージを構築していきたいです。  

←前のページに戻る


キャリアイメージ3
大学病院「ロールモデルとなる先生に出会えた」


氏 名
朝野 寛視
略 歴 出身高校:福岡県私立久留米大学附設高等学校
2014年:長崎大学医学部医学科卒業
2014年:長崎大学病院 初期研修医
2015年:長崎原爆病院 初期研修医
2016年:長崎大学病院 第2内科(呼吸器内科)医員、長崎大学病院勤務
呼吸器内科に入局しようと思ったのはなぜですか?
 もともと呼吸器内科に興味はあったのですが、学生時代の実習、研修医として呼吸器内科をローテートする中で医師としてのロールモデルとなるような先生に出会うことができたことが1番の理由だと思います。
 あまり他の科と迷うこともなく漠然と呼吸器内科を選択するだろうと思っていましたが、研修医1年目、2年目で呼吸器内科をローテートしたときの指導医の診療に取り組む姿勢に非常に感銘を受け呼吸器内科への入局を決意しました。  
現在の仕事や目標を教えてください
 医師としては3年目ですが、呼吸器内科医としては1年目であり日々先生方にご指導していただきながら病棟業務を行っています。この1年は分野にとらわれず様々な呼吸器疾患の症例を担当し、呼吸器内科医としての基礎を身につけられるように日々取り組んでいます。また、病棟業務に加え、学会発表や論文作成など様々な面でサポートしていただいています。
 まずは臨床の現場をとおして呼吸器内科医、医師として必要な知識、技術、経験、話術?などを習得できるよう日常診療に取り組んでいくつもりです。また1番の若手として、今後も呼吸器内科を盛り上げていけるようレク係(飲み会)としても日夜励んでいます。  
余暇の過ごし方や趣味を教えてください
美味しいものを食べにいく。
犬(ぽんず、8才、♀)とまったり。
買い物。卓球を少々。  

←前のページに戻る