診療・研究について

胸部腫瘍グループ

胸部腫瘍グループ
第二内科胸部腫瘍グループは、肺がんや悪性胸膜中皮腫等の胸部腫瘍疾患を対象に、臨床と研究を行っています。また、がんの診療を中心とした教育にも力を入れています。

臨 床

<診 断>

呼吸器内視鏡検査 胸部腫瘍性病変に対し、ガイドシース併用超音波気管支鏡、超音波気管支鏡ガイド下肺生検を駆使して診断を行っています。
内科的胸腔鏡 胸水貯留症例などに対し、胸腔内を局所麻酔下で検査する内科的胸腔鏡検査も行っています。
CTガイド下肺生検 放射線科医と連携し行っています。迅速検査を併用し、診断率も高くなっています。
遺伝子検査 採取した検体を用いてEGFR、EML4-ALKを調べています。また、他の遺伝子変異についても、LC-SCRUM-Japanという肺がんの遺伝子診断ネットワークに参加して積極的に行っています。

<治 療>

 抗悪性腫瘍薬による治療:殺細胞性抗腫瘍薬、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬等を使用して加療しています。患者さんの状態、血液検査所見、遺伝子変異等を考慮してカンファレンスで議論しつつ方針を決定しています。経験豊富でがん薬物療法専門医などを有する多数の医師が在籍しています。抗癌剤の選択の際には、カンファレンスで決定するにようにしています。カンファレンスは研修医からチーフまで、自由に議論ができます。

合同カンファ 肺癌の治療は、手術・放射線・化学療法の3本柱がメインになっています。内科・外科・放射線科の合同カンファで、治療方針を検討しています。
外来化学療法 がん診療センターと連携し、外来化学療法も積極的に行っています。
緩和医療 緩和ケアチームと協力して行っています。在宅医と連携し、患者さんの希望に沿った医療を行っています。
臨床試験 JCOG、WJOG、LOGIK、TORGといった臨床研究グループに参加して積極的に臨床試験を行っております。また、国際共同治験にも積極的に参加しており、最先端の治療が受けられます。

研 究

 長崎胸部腫瘍グループ(Nagasaki Thoracic Oncology Group;NTOG):長崎大学病院第二内科の腫瘍研究グループで、国立がん研究センター中央病院で研修した医師達を中心に結成した歴史があります。長崎県を中心とした関連病院において独自の臨床試験を行っています。定期的に会議を開き、臨床試験の進行状況の報告や新しい研究のアイデアをディスカッションしています。また、NTOGの研究結果を米国臨床腫瘍学会(ASCO)などで発表しています。

  • 長崎大学病院
  • 長崎原爆病院
  • 長崎医療センター
  • 佐世保市立総合病院
  • 長崎県島原病院
  • 嬉野医療センター
  • 長崎県五島中央病院

<NTOGの理念>

  • 個々に対峙するがん患者さんと世界人類の幸福に貢献する
  • 倫理的にかつ科学的基盤をもった臨床研究の習得、教育、啓蒙
  • Good basic researchとGood clinical researchを実践し、臨床と基礎の対話を推進する

臨床大学院として基礎研究や橋渡し研究を行っています。

  • 臨床情報のデータベース作成
  • 腫瘍検体からの細胞株の樹立
  • 悪性胸膜中皮腫・滑膜肉腫等の胸部腫瘍の研究
  • 免疫療法に関する研究
  • 多発する異型腺腫〜腺癌に関する研究
  • 他大学、他学部との垣根のない共同研究


教 育
実地臨床での教育 ベッドサイドでどのような診察、対応をすればいいかを実地的に学べます。抗腫瘍薬の使用も積極的に行ってもらい、その特徴を学べます。緩和・終末期医療も経験できます。豊富な症例で内視鏡を初めとした手技も経験できます。
学会発表 地方会を中心に研修医を初めとした若手の先生が積極的に発表できます。総会や国際学会での発表も可能です。
勉強会への参加 院内のレントゲンアーベントやキャンサーボード、呼吸器腫瘍グループでの抄読会の他に肺癌診断会や臨床腫瘍学会のセミナーなど遠方での勉強会にも参加しています。
資 格 内科専門医や呼吸器関連の資格に加え、がん治療認定医、がん薬物療法専門医がとれるように症例集積の協力やアドバイスを行っています。

留 学

下記の様な病院への留学の実績があります。
NIH(National Institute of Health), NCI (National Cancer Institute), MD Anderson Cancer Center, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, Cancer Therapy & Research Center
国立がん研究センター中央病院、国立がん研究センター東病院、癌研有明病院、三井記念病院、金沢大学、東京大学


目標資格
  • 認定内科医
  • 総合内科専門医
  • 呼吸器専門医
  • 気管支鏡専門医
  • がん治療認定医
  • がん薬物療法専門医

メッセージ
「がんに苦しむ患者さんのためにともに成長しよう」