ご遺族の皆様へ INDEX
 
ホームご遺族の皆様へ>法医解剖時に採取、保存された試料に関するお知らせ


法医解剖時に採取、保存された試料に関するお知らせ

法 医解剖後に保存された臓器の一部は、司法当局から嘱託された鑑定目的の他に、薬毒物損傷原因不明の突然死 の研究および小児・配偶者・高齢者に対する虐待を防止するための研究に使用させていただくことがあります。研究は、 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科倫理委員会の管理下で、個人が特定されないように匿名化(研究に必要な死因等の情報のみを抽出し、第三者によって新たに個人と関わりのない番号または符号をつけること)した上で行います。
 過去に法医解剖された方のご遺族で、研究への使用を拒否される場合は、下記までご連絡くだされば使用は絶対いたしません。
 その他、ご不明な点やご意見がございましたらご連絡ください。

お問い合わせ

〒852-8523 長崎市坂本1丁目12番−4号
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
医療科学専攻社会医療科学講座法医学分野
tel. 095-819-7076 / fax. 095-819-7078 
E-mailforensic.nagasaki@gmail.com  ※@(全角)を@(半角)に変更して送信ください。
 
法医学教室について
教授挨拶
スタッフ紹介
業務・研究内容
ご遺族の皆様へ
死因究明医育成センター
九州法医学ワークショップ
法医学の医師になろう!高校生の皆さまへ
業績
大学院生募集
関連リンク
お問い合わせ
国立大学法人 長崎大学  
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻社会医療科学講座
法医学分野 (長崎大学医学部法医学)
〒852-8523 長崎市坂本1丁目12番−4号 基礎棟6F
tel. 095-819-7076 / fax. 095-819-7078 
E-mail
forensic_med_nagasaki@ml.nagasaki-u.ac.jp
※@(全角)を@(半角)に変更して送信ください。
 
Copyright(C)