死因究明医育成センター INDEX
 
ホーム死因究明医育成センター医学部学生向け>検査実習


(医学部学生向け)検査実習
久留米大学法医学教室2017年

(研究医コース学生)
近藤 萌 

 5月26日、久留米大学法医学教室にて、個人識別について実習をさせて頂きましたので報告致します。
 まず、解離試験による血液型検査を体験させて頂きました。糸に付着した血液の血液型を調べる検査で、まず糸に付着している血球上の抗原に抗体を作用させた後、熱により抗体を引き離し、その抗体に血球浮遊液を反応させ、凝集の程度を観察します。糸の血液は血球浮遊液に比べ抗原性が低く、糸に抗体を作用させるだけでは凝集の観察が難しいため、このように一度引き離して再度反応させる手順をとっています。手順としては、まず糸をメタノールで固定し、抗A血清、抗B血清、抗Hレクチンにそれぞれ糸を浸し、1時間室温に放置します。次に生食水でよく洗浄して、56℃の恒温槽で10分間加熱し、A、B、Oの血球浮遊液を加え、室温で5〜10分放置した後遠心し、凝集を判定します。糸を短く切った検体で、ほんの僅かの血液しか使用していないにもかかわらず、分かりやすい凝集がみられました。臨床と異なり検体が限られる法医学の血液型検査において、非常に有用であると感じました。
 解離試験の実習と平行して、皮膚紋利検査の実習も行いました。皮膚紋理とは、手掌と足底の皮膚表面にある、真皮の乳頭層が表皮中に突出した線状の隆起がなす特定の紋様のことであり、そのうち指小球にあるものを指紋と言います。皮膚紋理の特徴は万人不同、終生不変であり、一卵性双生児でも異なっているため、皮膚紋理は個人識別の確実な方法です。特徴点は1つの指紋で60〜100個異常と言われており、特徴点が12個以上一致すれば同一と見なして良いとされています。
 実習では、実際に自分の指紋を採取し、観察・分類しました。指紋の分類には、弓状紋、蹄状紋、渦状紋、変体紋、混合紋等があります。私の指紋はすべて乙種蹄状紋でしたが、2,3種類の分類の指紋を持つ人が多いようでした。これまで自分や他人の指紋をしっかりと観察する機会はなかったため、大変面白く、想像以上に一人一人の指紋は大きく異なっていて驚きました。隆線数のカウントは大変緻密な作業であり、想像以上に細かいルールが設けられていました。現在はDNA鑑定の技術がありますが、以前は個人識別の最も確実な方法とされていたため、間違いを生まないため細かく判定法が決められているのではないかと感じました。それでも、DNA鑑定に比べ、特別な器具を用いず、早く判定することができることが強みであると考えられ、皮膚紋理検査は身元確認、犯罪捜査や入国審査などで今も広く使用されています。
  法医学の重要な検査を懇切丁寧に教えて頂き、大変有意義な実習となりました。このような機会を頂きましたことを心より感謝致します。


(クリクラ学生)
西原 聖仁 

 5月26日に私達は久留米大学の法医学教室で、解離試験および指紋実習を体験させていただきました。長崎大学の法医学の講義では、実習の時間が無かったため、法医学の実習を経験させていただいたことは有意義で印象深い経験となりました。以下に、実際どのような実習であったかを記載したいと思います。
まず初めに行った解離試験とは、血液の付着した物体を用意し、その血液の血液型を解析するものです。血液の付着した糸、および陽性コントロール群の糸(あらかじめ血液型の判明している血液が付着した糸)を用意し、1cmずつに切り分けます。血液の付着した糸を3つの試験官に分け、それぞれの試験管内に抗A抗体、抗B抗体、抗H抗体を加えます。そこで抗原抗体反応を引き起こし、それぞれの試験管を生理食塩水で洗い流します。この操作により、抗原抗体反応が起きなかった試験管内の抗体はすべて洗い流されます。その後、試験管を熱することで、抗原抗体反応を引き起こした試験管内で、抗体を抗原から引きはがします。そして、再びそれぞれ先ほど使用したものと同様の抗体を加え、凝固の有無を判断します。私の症例は、B型でしたので最終的に抗B抗体を加えた試験管内に凝固が確認されました。現在の法医学では、DNA検査が主流となっており、この解離試験が実施される機会は減少しているようでしたので、非常に貴重な経験をさせていただきました。
 次に、個人の指紋実習を行いました。私達の指にインクを塗り、紙に指紋を写し、その指紋を解析するというシンプルな実験でした。医学的な指紋の研究は終了しており、これから指紋鑑定が盛んにされる事はないようですが、現在の様にDNAの検査が盛んでは無かった頃は親子鑑定にも指紋鑑定が用いられていたようです。実際に鑑定をしてみると、1本1本の指で指紋が異なっており、同じ人間でも指が異なると指紋も相違していることを実感し、驚きました。 このような貴重な経験をさせていただいた久留米大学の神田先生、津田先生、副島先生、そして実習の機会を設けて下さった池松先生に、大変感謝しております。ありがとうございました。

(クリクラ学生)
西川 愛理 

 今回初めての課外実習として久留米大学法医学教室におじゃましました。神田教授には4年生時にも血液型の講義をしていただいたため一度お会いしたことはあります。しかし、全体の講義とは違いより近くで学ばせて頂き、大変恐縮でした。
 神田先生はじめ、津田先生、副島先生に補助をして頂きながら2つの検査について学ばせて頂きました。1つ目は皮膚紋理検査です。要するに指紋認証をアナログでやろうというものです。まず指紋採取用スタンプ台に指の末節の側面を密着し、指を回転させてインクをつけます。次に採取用紙にインクのついた指の末節の側面を密着し充分回転させます。この時、インクが濃すぎたり、回転の際指がずれてしまったりすると、隆線(指紋を形成する隆起線)がはっきりせず分類ができなくなってしまいます。意外と1回で成功するのは難しく、特に環指、小指は難易度が高いです。写し終わったら、形状を目視で分類します。種類としましては、弓状紋(普通・突起)、蹄状紋(甲種・乙種)、渦状紋、変体紋・混合紋があります。左右、各指で種類が異なり、左右対称になるという訳でもありません。私は多くの指が乙種蹄状紋でしたが、左右母指と右環指に渦状紋、右示指に突起弓状紋がありました。今回の実習グループ5名の指では、乙種蹄状紋が優勢だったものの、各人によって全くパターンが違いました。一卵性の双子ではどうかと先生に伺ったところ、類似しつつもやはり異なるそうです。また、真皮層まで切り取ってしまわない限り一生変わりません。本実験で、指紋認証による個人識別の有用性を改めて認識しました。
 2つ目の検査では、解離試験による血痕のABO式血液型判定を行いました。解離試験とは、抗原抗体複合体が物理的・化学的作用によって解離する特性(解離現象)を利用したものです。手順としましては、まず血痕のついた糸を抗血清中に沈め、検体血球を抗体(抗A・B・H)に反応させます。余分な抗体を生食洗浄にて除去し、56℃の恒温槽で10分間加温し、検体血球と抗体を解離させます。それに血球浮遊液(A・B・O)を反応させ、遠心分離後の凝集反応を観察します。通常の血液型判定で用いるオモテ試験、ウラ試験ではO型と間違えられる程抗原性が低い血球でも検出することができるため、血痕・毛髪・爪・歯などからのABO式血液型判定によく利用されるそうです。操作が簡便で鋭敏度も高く、非常に使いやすい検査だと感じました。
  半日と短いながらも、多くのことを学び充実した時間を過ごさせて頂きました。貴重なお時間を頂き心から感謝します。


久留米大学法医学教室2015年

長崎大学医学部 クリクラ学生
赤松・江口・松本

 5月22日、久留米大学法医学教室を見学させていただきました。研究室はとても広く開放的だったのが印象に残っています。久留米大学では血液型の遺伝子をはじめとした遺伝子多型の研究がさかんで、今回は主にABO式血液型検査の実習をしました。
 ABO式血液型では実際にお互いで採血をして、血球、血清を用いてオモテ、ウラ試験を行いました。長崎大学でも、この試験については実習中にしたことがありましたが、6年生でもう一度する機会を与えていただき、より理解が深まったように思いました。また、個々人の唾液を採取し、分泌・非分泌型の実習を行いました。分泌が強い弱いはありましたが、私たちは全員分泌型でした。この結果に関してのH抗原の解釈で悩んだ際も、懇切丁寧にご説明していただきました。
 さらに、実習後は、輸血やRh不適合妊娠など、臨床と絡めたお話もしていただき、大変勉強になりました。
 今回の見学で久留米大学の学生も含め、先生方と交流することができました。このような機会はめったになく、とても刺激になりました。自分たちの視野をさらに広げることができたように思います。この経験を生かし、これからの学業、さらに臨床や研究に励んでいきたいです。

久留米大学法医学教室2014年

長崎大学研究医コース学生
(研究医コース学生)
神山 孝憲 
濱 義明 
小島 丈夫 
(大学院生)
村瀬 壮彦 

 今回久留米大学の法医学教室を見学させていただきました。久留米大学は歴史が古く、研究室や解剖室も設備が充実しており、法医学を学ぶ環境としてとても充実していると感じました。
 久留米大学では、口腔粘膜細胞からABO式血液型のTaqMan probe法による遺伝子判定と、血液(全血)からのゲノムDNAの抽出、皮膚紋理検査を行わせていただきました。
 口腔粘膜からABO式血液型を判定する手法は、DNA抽出を行わないためその精度は不安定ではあるが、簡便でスクリーニングに用いられうることを学ばせていただきました。同時に検体からDNAを抽出する手法も学ばせていただきましが、こちらの方がその後の検査精度は高く、個人識別という点では全例DNA抽出を行うべきだと感じました。また抽出を行っていく上で、個人としても衛生管理や手技の正確性などを獲得していく必要があると感じました。
 皮膚紋理検査は長崎大学法医学教室では行っておらず、初めて実習させていただきました。皮膚紋理にもさまざまなパターンが存在しており、総隆線数も個人によって大きく異なっていることから、今後個人識別の有用な手段の一つとして期待できるものと感じました。皮膚紋理は個人識別に有用な手段である一方で、プライバシーの問題は大きく、その扱いは慎重にならざるを得ないことを知り、管理方法なども重要であることを感じました。
 これからの医療を一緒に担って行く久留米大学の医学生の方々と交流する機会を得ることができ、私たちにとってとても刺激になり、私たちにはない視点を得ることができました。
 今回久留米大学を訪問したことで、血液型、皮膚紋理による個人識別方法を知ることができたことはもちろん、自分の大学のなかにいるだけでは知ることのできない他の大学の雰囲気を経験することで、自分の大学を外からの視点からみることができ新鮮な体験ができました。今回の経験をもとに、広い視野をもち、さらに学業に励み研究や臨床を担っていく医師になる意欲を得ることができました。

 最後になりましたが、このような貴重な機会をいただきましたこと、久留米大学、神田教授、副島先生に御礼申し上げます。
 
法医学教室について
教授挨拶
スタッフ紹介
業務・研究内容
ご遺族の皆様へ
死因究明医育成センター
九州法医学ワークショップ
法医学の医師になろう!高校生の皆さまへ
業績
大学院生募集
関連リンク
お問い合わせ
国立大学法人 長崎大学  
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻社会医療科学講座
法医学分野 (長崎大学医学部法医学)
〒852-8523 長崎市坂本1丁目12番−4号 基礎棟6F
tel. 095-819-7076 / fax. 095-819-7078 
E-mail
forensic_med_nagasaki@ml.nagasaki-u.ac.jp
※@(全角)を@(半角)に変更して送信ください。
 
Copyright(C)