医学科について

歴史的特徴
ポンペが創立した養生所・医学所、日本最初の近代的
西洋式病院を 付設した医学校。
1861年8月6日(文久元年7月1日)に落成式、
同年9月20日(8月16日)に開院式及び開校式が
行われた。
ポンペが創立した養生所・医学所、日本最初の近代的 西洋式病院を 付設した医学校
主な建物
長崎医科大学旧正門 長崎医科大学旧正門
1945年、昭和20年8月9日、よく晴れし日の
午前11時2分、世界第2発目の原子爆弾により、一瞬にして、わが師、わが友、850有余名が死に果てし長崎医科大学の正門門柱にして、被爆当時の儘の状態を生々しく此処に見る。

医学部記念講堂 医学部記念講堂
創立110周年・原爆復興20周年記念事業建築物として長崎医学同窓会により建設され昭和44年に竣工した。

ポンぺ会館 ポンぺ会館
創立130周年・原爆復興40周年記念事業建築物として長崎医学同窓会により建設され平成4年に竣工した。

良順会館 良順会館
創立150周年記念事業の一環として,長崎医学同窓会が旧記念同窓会館(昭和34年建設)を建て替え,長崎大学に寄贈した。