業績
ホーム業績>平成21年業績(2009年)
ENGLISH

平成21年業績 (2009年)
 
Review
  1. Sakaguchi S, Ishibashi D, Matsuda H. Antibody-based immunotherapeutic attempts in experimental animal models of prion diseases. Expert Opin Ther Pat. 2009 Jul;19(7):907-17.
  2. Atarashi R. Recent advances in cell-free PrPSc amplification technique. Protein Pept Lett. 2009;16(3):256-9.

原著論文
  1. Satoh K, Kawakami A, Shirabe S, Tamai M, Sato A, Tsujihata M, Nagasato K, Eguchi K. Anti-cyclic citrullinated peptide antibody (anti-CCP antibody) is present in the sera of patients with dementia of Alzheimer's type in Asian. Acta Neurol Scand (in print)
  2. Mutsukura K, Satoh K, Shirabe S, Tomita I, Fukutome T, Morikawa M, Iseki M, Sasaki K, Shiaga Y, Kitamoto T, and Eguchi K. Familial Creutzfeldt-Jakob disease with a V180I mutation: comparative analysis with pathological findings and diffusion-weighted images. Dementia and Geriatric Cognitive Disorders (in press)
  3. Satoh K, Tobiume M, Mutsukura M, Nishida N, Shiga Y, Eguchi K, Shirabe S and Sata T. Establishment of a standard 14-3-3 protein assay of cerebrospinal fluid as a diagnostic tool for Creutzfeldt-Jakob disease. Laboratory Investigation (in press)
  4. Smirnovas V, Kim JI, Lu X, Atarashi R, Caughey B, Surewicz WK. Distinct structures of scrapie prion protein (PrPSc)-seeded versus spontaneous recombinant prion protein fibrils revealed by hydrogen/deuterium exchange. J Biol Chem. 2009 Sep 4;284(36):24233-41.
  5. Fujihara A, Atarashi R, Fuse T, Ubagai K, Nakagaki T, Yamaguchi N, Ishibashi D, Katamine S, Nishida N. Hyperefficient PrPSc amplification of mouse-adapted BSE and scrapie strain by protein misfolding cyclic amplification technique. FEBS J. 2009 May;276(10):2841-8.
  6. Shigematsu K, Nishida N, Sakai H, Igawa T, Toriyama K, Nakatani A, Takahara O, Kawai K. Synaptophysin immunoreactivity in adrenocortical adenomas: a correlation between synaptophysin and CYP17A1 expression. Eur J Endocrinol. 2009Dec;161(6):939-45.
  7. Shigematsu K, Nishida N, Sakai H, Igawa T, Suzuki S, Kawai K, Takahara O. Primary aldosteronism with aldosterone-producing adenoma consisting of pure zona glomerulosa-type cells in a pregnant woman. Endocr Pathol. 2009 Spring;20(1):66-72.

学会発表
シンポジスト
  1. 西田教行「プリオン感染における株多様性の存在と株間干渉現象の意義 第47回日本生物物理学会シンポジウム」平成21年10月30日、徳島
  2. 新 竜一郎「正常型から異常型へのプリオンタンパク構造変換プロセスの解析」第82回日本生化学会大会 平成21年10月22日、神戸
  3. Noriyuki Nishida, "Strain diversity and Reciprocal interference seen in prion infection" The 4th Nagasaki Symposium on Tropical and Emerging Infectious Diseases, November 26th,2009, Nagasaki

口頭発表
  1. 中垣岳大、佐藤克也、鎌足雄司、新竜一郎、石橋大輔、山口尚宏、西田教行「プリオン病におけるタクロリムスの治療効果」第57回日本ウイルス学会 平成21年10月25日、東京
  2. 布施隆行、西田教行「プリオン病における感染特異的分子の探索」第57回日本ウイルス学会 平成21年10月25日、東京
  3. 中垣岳大、石橋大輔、西田教行「タクロリムスはプリオン感染マウスの生存期間を延長する」
    第39回日本免疫学会総会, 平成21年12月2−3日, 大阪
  4. 藤原愛子、新竜一郎、布施隆行、祖母井香織、中垣岳大、山口尚宏、石橋大輔、片峰茂、西田教行「PMCA法によるマウスプリオン株の高効率の増幅」第46回日本ウイルス学会九州支部総会 平成21年9月4日、佐賀
  5. 中垣岳大、佐藤克也、鎌足雄司、新竜一郎、石橋大輔、山口尚宏、西田教行「プリオン病におけるタクロリムスの治療効果」第46回日本ウイルス学会九州支部総会 平成21年9月4日、佐賀
  6. 松原岳大、須藤裕香、上園保仁、西田教行 「Cellular prion protein is involved in Ca2+ signaling through binding to type I metabotropic glutamate receptor」第6回日韓若手交流セミナー 平成21年11月25日、佐世保

ポスター発表
  1. 佐野和憲、新竜一郎、石橋大輔、山口尚宏、布施隆行、西田教行「リコンビナントプリオンタンパクのアミロイド繊維形成反応と構造解析」部科学省 人獣共通感染症研究クラスター支援事業 プリオンシンポジウム 平成21年8月29日 宮城
  2. 新竜一郎、佐藤克也、佐野和憲、布施隆行、山中仁木、山口尚宏、石橋大輔、松原岳大、中垣岳大、山田正仁、水澤英洋、北本哲之、調漸、片峰茂、西田教行「Real-time QUIC法(Quaking induced conversion)によるクロイツフェルト・ヤコブ病患者由来髄液中のPrPScの検出」文部科学省 人獣共通感染症研究クラスター支援事業 プリオンシンポジウム 平成21年8月29日 宮城
  3. 石橋大輔、布施隆行、山口尚宏、中垣岳大、佐野和憲、松原岳大、新竜一郎、西田教行「プリオン病におけるTLR-IRF3 signaling pathwayの役割」 文部科学省 人獣共通感染症研究クラスター支援事業 プリオンシンポジウム 平成21年8月29日 宮城
  4. 佐野和憲、新竜一郎、石橋大輔、山口尚宏、布施隆行、西田教行「リコンビナントプリオンタンパクのアミロイド繊維形成反応と構造解析」第82回日本生化学会大会 平成21年10月22日 神戸
  5. 松原岳大、須藤裕香、上園保仁、西田教行 「Cellular prion protein binds to metabotropic glutamate receptor type I and regulates its function」第32回日本分子生物学会 平成21年12月9日、横浜

座長
  1. 西田教行、日本ウイルス学会九州支部総会
  2. 西田教行、日本ウイルス学会総会

研究会主催 第2回長崎プリオン研究会
  1. 発表者(山口尚宏、中垣岳大、松原岳大、石橋大輔、布施隆行、佐野和憲)

講義
  1. 医学部
  2. 医ゼミ

大学院 その他
 
 
HOME
研究内容
メンバー
業績
アクセス
リンク
  プリオン病関連検査項目
大学院生募集(博士課程)
 
国立大学法人長崎大学
(C) Copyright