宿主因子の解析-感染防御因子解析学(腫瘍)
 
HOME   研究内容   研究業績   メンバー紹介
  リサーチセミナー ウラ研究室紹介
メンバー紹介
教 官
松山俊文
松山 俊文 Toshifumi MATSUYAMA
教授

10年間の臨床を経て基礎医学系大学院に入って以来、TNFとインターフェロンに関わる転写因子の研究を続けています。目標はそのころのように直向きに研究をする気持ちと環境に戻ることです。
林日出喜
林 日出喜 Hideki HAYASHI
准教授(感染病態制御)

癌、感染症の治療を目指したIRF関連遺伝子とアポトーシスの研究をしています。
久保嘉直
久保 嘉直 Yoshinao KUBO
准教授

趣味:釣り、数学
安井潔
安井 潔 Kiyoshi YASUI

助教 

医学、生命科学に対する深い探究心と熱き情熱を持つ人と、共に働けるのを楽しみにしています。


大学院生・学生・技術補佐員・秘書
鹿子木桂
鹿子木 桂 Katsura KAKOKI

大学院生 4年生(泌尿器科)

年齢:Guess it , please.
小学生の娘と良く分らない言葉を喋り続ける怪獣(♂)のしもべです(母親ともいう)。

研究テーマ:
XMRVの前立腺細(癌)胞に及ぼす影響

趣味:家事と育児に追われて今は無し。(昔々はスポーツウーマン。現在そのころと比べて体脂肪が約3倍に!)

川原大輔
川原 大輔 Daisuke KAWAHARA

大学院生 3年生 (第二外科)

今年より研究に専念すべく、当講座にお世話になっています。
2年で何とか結果をだせるよう、頑張ります。
体を動かすこと、手を動かすことが好きで、外科に入局。
今年はフルマラソンに挑戦します。

研究テーマ:
大腸癌におけるInterferon Regulatory Factors (IRFs) の役割の解明

趣味:マラソン、サッカー
泉田舞
泉田 真生 Mai IZUMIDA
大学院生 2年生

大学院の合格発表が実はまだです。落ちてたら言い出せません。
呼吸器、感染症内科を5年間していました。結局、日々疑問に思うことや問題になる事は教科書には書いていないことばかりで、基礎研究の重要性を身にしみて感じました。
これをきっかけに松山先生のもとで研究を始めさせていただく事となりました。

研究テーマ:
HIV感染を抑制する細胞因子の解析

趣味:バイク

八島由佳
八島 由佳 Yuka YASHIMA

歯学部学部生 6年生

今年の春から押しかけで研究してます(^-^)/あ、ちゃんと学部の勉強もしてますよ(笑)
卒業迄に論文一つだすぞー(((o(*゚▽゚*)o)))

研究テーマ:
IRF2ノックダウン細胞作製による機能検索

小泉陽介
小泉 陽介 Yosuke KOIZUMI

熱帯研究医枠入学 医学部3年

普通の講義だけでは知ることのできないような、細かな知識や手技について知ることができ、非常に有意義な時間を送らせていただいています。この貴重な経験をもとに、より精進したいと考えております。

本田えり
本田 えり Eri HONDA

熱帯研究医枠入学 医学部3年

私がこのAO入試の熱帯研究医枠を志願したのは、私の知り合いの方で熱帯研究に携わっていらっしゃる方のお話を聞く機会があり、その方のお話がとても印象に残ったからです。
もともと熱帯研究に興味があられたわけではないその方が、いざ始めてみると止められなくなったと生き生きと話される様子は魅力的でした。
そこで、私もこの熱帯研究医枠に興味を抱き、受験しました。
私はまだ、将来自分がどのような医師になりたいか明確には定まっていません。
しかし、この枠で入学し、他の学生より多く基礎研究に関わることができる環境を大事にして、将来いろいろな方面から病気を認識し、より深く患者さんと向き合えるようになれたらいいと思っています。

荒木健志
荒木 健志 Takeshi ARAKI

熱帯研究医枠入学 医学部2年

私は研究医枠で長崎大学に入学しているのですが、そのそもそもの理由が、研究によって新たなワクチンや特効薬が開発できたら、臨床医が一生で救える何倍もの命を救うことができると知ったからです。
今はまだ研究の世界のことがほとんど何もわからず、自分の研究も始められていませんが、早く研究を始められるよう今はとにかく一生懸命勉強していきたいと思っております。
小出俊朗
小出 俊朗 Toshiaki KOIDE

熱帯研究医枠入学 医学部1年

配属される研究室を選ぶ際にいくつか研究室を回ったのですが松山先生が説明してくださった内容が一番面白そうだったのでこの研究室を選びました
今は実験の手段を習っているところですが、いつか自分で研究テーマを決め、試行錯誤しながら一つの論文を仕上げ、博士号をとりたいです。
原口恵
原口 恵 Megumi HARAGUCHI

技術補佐員 

研究テーマ:
シグナル伝達因子活性化を指標とした創薬の基礎研究
薬理作用のある生物活性物質の単離を分子標的とし、スクリーニング手法を用いて研究を行なっています。
膨大なサンプルの中から効果がある物を見つけ出すのはまるで宝探し、時間と根気がいりますが結果が目に見えてわかるのでとてもやりがいがあります。
最近はスクリーニングの他にIPS細胞の研究にも力を注いでいます。

趣味:読書、これから趣味にしたい事:カメラ(ただいま長く愛用できるカメラを物色中)

小林有里
小林 有里 Yuri KOBAYASHI

技術補佐員 

5月からお世話になることになりました。
休日は中学生の息子2人の部活応援にあけくれています。

辻田文代
辻田 文代 Fumiyo TSUJITA

秘書 

受付と秘書の仕事をしています。