業績

2003年(平成15)業績

(英文)

  1. Aoki S., Hirakata Y., Miyazaki Y., Izumikawa K., Yanagihara K., Tomono K., Yamada Y., Tashiro T., Kohno S., Kamihira S. Detection of legionella DNA by PCR of whole-blood samples in a mouse model. J Antimicrob chemoth 52;325-329,2003
  2. Hirakata Y., Yamaguchi T., Nakano M., Izumikawa K., Mine M., Aoki S., Kondoh A., Matsuda J., Hirayama M., Yanagihara K., Miyazaki Y., Tomono K., Yamada Y., Kamihira S., Kohno S. Clinical and bacteriological characteristics of IMP-type metallo-E'?-lactamase-producing pseudomonas aeruginosa. Clin Infect Dis 37;26-32,2003
  3. Izumikawa K, Kakeya H, Tsai HF, Grimberg B, Bennett JE. Function of Candida glabrata ABC transporter gene, PDH1. Yeast. 20:***********.

(和文)

  1. 佐々木英祐、貝田英之、泉川公一、泉川欣一、原 耕平、平潟洋一、朝野和典、河野 茂: 静注用Ciprofloxacinが有効であったレジオネラ肺炎の2例。日本呼吸器学会雑誌 41;211-218,2003
  2. 黒木美鈴、Cheseda Phichaichumpon、安岡 彰、Piphat Chiranairadul、帖佐 徹、宮崎泰可中村茂樹、柳原克紀、宮崎義継、朝野和典、石田 裕、河野 茂: 北部タイPhayao地域におけるHIV感染患者に合併するクリプトコックス髄膜炎に関する環境調査。日本エイズ学会誌 5;13-16,2003
  3. 福田雄一、柳原克紀、中村茂樹、大津喜子、金子幸弘、宮崎義継、平潟洋一、朝野和典、田代隆良、進藤裕幸、河野 茂: Linezolidが有効であった整形外科領域MRSA感染症の2例。感染症学雑誌 77;622-626,2003
  4. 宮崎泰可、宮崎義継、河野 茂:特集 真菌症治療薬の新しい展開 ボリコナゾール。化学療法の領域 19;231-235,2003
  5. 掛屋 弘、宮崎泰可、宮崎義継、河野 茂:カンジダ属の抗真菌薬耐性について-アゾール耐性を中心に。日本医真菌学会雑誌 44;87-92,2003
  6. 中村茂樹、宮崎義継、河野 茂:深在性真菌症の診断法。綜合臨床 52;3285-3286,2003
  7. 宮崎泰可、掛屋 弘、宮崎義継、宮越俊一、川村陽子、河野 茂:Delta-5, 6-desaturaseの欠損がCandida albicansの抗真菌薬感受性及び病原性に与える影響。厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業 日和見感染症の治療に関する研究 平成14年度研究報告書;56-63,2003