長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 展開医療科学講座 臨床腫瘍学分野

お問い合わせ臨床腫瘍学分野 医局PHONE/FAX:095-819-7624がん診療センターtel:095-819-7779fax:095-819-7776

活動報告

輪読会
平成29(2017)年度
8月21日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Concurrent once-daily versus twice-daily chemoradiotherapy in patients with limited-stage small-cell lung cancer (CONVERT): an open-label, phase 3, randomised, superiority trial.
Faivre-Finn C, et al.
Lancet Oncol. 2017 Aug;18(8):1116-1125.
7月31日輪読会
担当: 本田 琢也
タイトル: Systemic Therapy for Soft Tissue Sarcoma: Proposals for the Optimal Use of Pazopanib, Trabectedin, and Eribulin.
Kawai A, et al.
Adv Ther. 2017 Jul;34(7):1556-1571.
7月7日輪読会
担当:佐々木 龍
タイトル: Post-transplant lymphoproliferative disorder after liver transplantation: Incidence, long-term survival and impact of serum tacrolimus level.
Eshraghian A, et al.
World J Gastroenterol. 2017 Feb 21;23(7):1224-1232.
7月3日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: First-Line Nivolumab in Stage IV or Recurrent Non-Small-Cell Lung Cancer.
Carbone DP, et al.
N Engl J Med. 2017 Jun 22;376(25):2415-2426.
6月26日輪読会
担当: 本田 琢也
タイトル: Benefit of intensified therapy for patients with local or regional embryonal rhabdomyosarcoma: results from the Intergroup Rhabdomyosarcoma Study IV.
Baker KS, et al.
J Clin Oncol. 2000 Jun;18(12):2427-34.
6月19日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Previous radiotherapy and the clinical activity and toxicity of pembrolizumab in the treatment of non-small-cell lung cancer: a secondary analysis of the KEYNOTE-001 phase 1 trial.
Lancet Oncol. 2017 Jul;18(7):895-903.
6月12日輪読会
担当: 佐々木 龍
タイトル: Diagnostic Accuracy of Transient Elastography for Detecting Liver Fibrosis After Liver Trannsplantation: A Specific Cut-Off Value Is Really Needed?
Della-Guardia B, et al.
Dig Dis Sci. 2017 Jan;62(1):264-272.
6月5日輪読会
担当: 髙比良 飛香
タイトル: Organ preservation with local excision or active surveillance following chemoradiotherapy for rectal cancer.
Creavin B, et al.
Br J Cancer. 2017 Jan 17;116(2):169-174.
5月29日輪読会
担当: 森 美央
タイトル: Assessment of Bowel Wall Enhancement for the Diagnosis of Intestinal Ischemia in Patients with Small Bowel Obstruction: Value of Adding Unenhanced CT to Contrast-enhanced CT.
Chuong AM, et al.
Radiology. 2016 Jul;280(1):98-107.
5月22日輪読会
担当: 小林 和真
タイトル: Regorafenib for patients with hepatocellular carcinoma who progressed on sorafenib treatment (RESORCE): a randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial.
Bruix J, et al.
Lancet. 2017 Jan 7;389(10064):56-66.
5月15日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: Prophylactic cranial irradiation versus observation in patients with extensive-disease small-cell lung cancer: a multicentre, randomised, open-label, phase 3 trial.
Takahashi T, et al.
Lancet Oncol. 2017 May;18(5):663-671.
4月24日輪読会
担当: 中村 太佑
タイトル: Management of Brain Metastases in Tyrosine Kinase Inhibitor-Naïve Epidermal Growth Factor Receptor-Mutant Non-Small-Cell Lung Cancer: A Retrospective Multi-Institutional Analysis.
Magnuson WJ, et al.
J Clin Oncol. 2017 Apr 1;35(10):1070-1077.
4月19日輪読会
担当: 髙比良 飛香
タイトル: Dexamethasone and supportive care with or without whole brain radiotherapy in treating patients with non-small cell lung cancer with brain metastases unsuitable for resection or stereotactic radiotherapy (QUARTZ): results from a phase 3, non-inferiority, randomised trial.
Mulvenna P, et al.
Lancet. 2016 Oct 22;388(10055):2004-2014.
平成28(2016)年度
3月27日輪読会
担当: 本田 琢也
タイトル: Nivolumab for Recurrent Squamous-Cell Carcinoma of the Head and Neck.
Ferris RL, et al.
N Engl J Med. 2016 Nov 10;375(19):1856-1867.
3月6日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: T-Cell Transfer Therapy Targeting Mutant KRAS in Cancer.
Tran E, et al.
N Engl J Med. 2016 Dec 8;375(23):2255-2262.
2月20日輪読会
担当: 森 美央
タイトル: PD-1 Inhibitor-Related Pneumonitis in Advanced Cancer Patients: Radiographic Patterns and Clinical Course.
Nishino M, et al.
Clinical Cancer Research.2016 Dec 15;22(24):6051-6060.
2月6日輪読会
担当: 佐々木 龍
タイトル: Role of Diffusion Weighted Imaging (DWI) for Hepatocellular Carcinoma (HCC) Detection and its Grading on 3T MRI: A Prospective Study.
Shankar S, et al.
J Clin Exp Hepatol. 2016 Dec;6(4):303-310.
12月12日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Impact of Intensity-Modulated Radiation Therapy Technique for Locally Advanced Non–Small-Cell Lung Cancer: A Secondary Analysis of the NRG Oncology RTOG 0617 Randomized Clinical Trial.
Chun SG, et al.
J Clin Oncol. 2017 Jan;35(1):56-62.
タイトル: Institutional Enrollment and Survival Among NSCLC Patients Receiving Chemoradiation: NRG Oncology Radiation Therapy Oncology Group (RTOG) 0617.
Eaton BR, et al.
J Natl Cancer Inst. 2016 May 19;108(9).
11月21日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: Pembrolizumab versus Chemotherapy for PD-L1-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer.
Reck M, et al.
N Engl J Med. 2016 Nov 10;375(19):1823-1833.
11月14日輪読会
担当: 佐々木 龍
タイトル: Subclassification of patients with intermediate-stage (Barcelona Clinic Liver Cancer stage-B) hepatocellular carcinoma using the up-to-seven criteria and serum tumor markers.
Kimura H, et al.
Hepatol Int. 2017 Jan;11(1):105-114.
10月3日輪読会
担当: 林 秀行
タイトル: Imaging of Thoracic Neurogenic Tumors.
John D. Pavlus, et al.
AJR:207, September 2016
9月12日輪読会
担当: 本田 琢也
タイトル: Everolimus for the treatment of advanced, non-functional neuroendocrine tumours of the lung or gastrointestinal tract (RADIANT-4): a randomised, placebo-controlled, phase 3 study.
Yao JC, et al.
Lancet. 2016 Mar 5;387(10022):968-77.
8月29日輪読会
担当: 森 美央
タイトル: Pseudo-obstruction of the Extrahepatic Bile Duct Due to Artifact from Arterial Pulsatile Compression: A Diagnostic Pitfall of MR Cholangiopancreatography.
Watanabe Y, et al.
Radiology 2000; 214:856-860
7月11日輪読会
担当: 佐々木 龍
タイトル: Impact of quality as well as quantity of skeletal muscle on outcomes after liver transplantation.
Hamaguchi Y et al.
Liver Transpl. 2014 Nov;20(11):1413-9.
6月6日輪読会
担当: 林 秀行
タイトル: Exploration of Imaging Biomarkers for Predicting Survival of Patients With Advanced Non–Small Cell Lung Cancer Treated With Antiangiogenic Chemotherapy.
Hayano K et al.
Massachusetts General Hospital AJR:206, May 2016
5月23日輪読会
担当: 森 美央
タイトル: Hepatic capsular retraction: spectrum of diagnosis at MRI.
Ines DD, et al.
Acta Radiologica Short Reports. 2014: 3(11). 1-11
5月9日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Stereotactic body radiation therapy for primary lung cancers clinically diagnosed without pathological confirmation: a single-institution experience.
Yoshitake T, et al.
Int J Clin Oncol. 2015 Feb;20(1):53-8.
4月25日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: AZD9291 in EGFR inhibitor-resistant non-small-cell lung cancer.
Jänne PA, et al.
N Engl J Med. 2015 Apr 30;372(18):1689-99.
4月18日輪読会
担当: 佐々木 龍
タイトル: Pancreatic cysts suspected to be branch duct intraductal papillary mucinous neoplasm without concerning features have low risk for development of pancreatic cancer.
Lawson RD, et al.
Ann Gastroenterol. 2015 Oct-Dec;28(4):487-94.
平成27(2015)年度
3月14日輪読会
担当: 林 秀行
タイトル: Differentiating between Subsolid and Solid Pulmonary Nodules at CT: Inter- and Intraobserver Agreement between Experienced Thoracic Radiologists.
Ridge CA, et al.
Radiology. 2016 Mar;278(3):888-96.
2月29日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Extended Survival and Prognostic Factors for Patients With ALK-Rearranged Non-Small-Cell Lung Cancer and Brain Metastasis.
Johung KL, et al.
J Clin Oncol. 2016 Jan 10;34(2):123-9.
2月15日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: Resensitization to Crizotinib by the Lorlatinib ALK Resistance Mutation L1198F.
Shaw AT, et al.
N Engl J Med. 2016 Jan 7;374(1):54-61.
2月8日輪読会
担当: 佐々木 龍
タイトル: MRI features of hepatocellular carcinoma related to biologic behavior.
Cho ES, et al.
Korean J Radiol. 2015 May-Jun;16(3):449-64.
12月21日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Stereotactic body radiotherapy (SBRT) for solitary pulmonary nodules clinically diagnosed as lung cancer with no pathological confirmation: comparison with non-small-cell lung cancer.
Takeda A, et al.
Lung Cancer. 2012 Jul;77(1):77-82.
12月7日輪読会
担当: 森 美央
タイトル: Sensitivity and specificity of mammography and adjunctive ultrasonography to screen for breast cancer in the Japan Strategic Anti-cancer Randomized Trial (J-START): a randomised controlled trial.
Ohuchi N, et al.
Lancet. 2015 Nov 4. pii: S0140-6736(15)00774-6.
11月16日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: Nedaplatin plus docetaxel versus cisplatin plus docetaxel for advanced or relapsed squamous cell carcinoma of the lung (WJOG5208L): a randomised, open-label, phase 3 trial.
Shukuya T, et al.
Lancet Oncol. 2015 Dec;16(16):1630-8.
10月26日輪読会
担当: 林 秀行
タイトル: Genetic features of pulmonary adenocarcinoma presenting with ground-glass nodules: the differences between nodules with and without growth.
Kobayashi Y, et al.
Ann Oncol. 2015 Jan;26(1):156-61
10月5日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Combining Radiation and Immunotherapy: A New Systemic Therapy for Solid Tumors?
Chad Tang, et al.
AACR.2014 2(9);831-8
9月28日輪読会
担当: 森 美央
タイトル: Update on nodal staging in non-small cell lung cancer with integrated positron emission tomography/computed tomography: a meta analysis
Pak K, et al.
Ann Nucl Med. 2015. 29: 409-419
9月7日輪読会
担当: 佐々木 龍
タイトル: Serum Wisteria Floribunda Agglutinin-Positive Mac-2 Binding Protein Values Predict the Development of Hepatocellular Carcinoma among Patients with Chronic Hepatitis C after Sustained Virological Response.
Sasaki R, et al.
PLoS One. 2015 Jun 12;10(6)
8月17日輪読会
担当: 林 秀行
タイトル: Evolving Early Lung Cancers Detected During Follow-Up of Idiopathic Interstitial Pneumonia: Serial CT Features
Sang Young Oh, et al.
AJR 2015; 204:1190–1196
7月6日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Postoperative radiotherapy for pathologic N2 non-small-cell lung cancer treated with adjuvant chemotherapy: a review of the National Cancer Data Base.
Robinson CG, et al.
J Clin Oncol. 2015 Mar 10;33(8):870-6.
6月29日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: Nivolumab versus Docetaxel in Advanced Squamous-Cell Non-Small-Cell Lung Cancer.
Brahmer J, et al.
N Engl J Med. 2015 May 31.
6月8日輪読会
担当: 林 秀行
タイトル: Hepatocellular Carcinoma with β-Catenin Mutation: Imaging and Pathologic Characteristics.
Kitao A, et al.
Radiology. 2015 Jun;275(3):708-17.
6月1日輪読会
担当: 本田 琢也
タイトル: Skeletal muscle depletion is an independent prognostic factor for hepatocellular carcinoma.
Iritani S, et al.
J Gastroenterol (2015) 50:323–332
4月27日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: Paclitaxel/carboplatin with or without belinostat as empiric first-line treatment for patients with carcinoma of unknown primary site: A randomized, phase 2 trial.
Hainsworth JD, et al.
Cancer. 2015 Jan 21.
4月20日輪読会
担当: 小林 和真
タイトル: Bevacizumab plus capecitabine versus capecitabine alone in elderly patients with previously untreated metastatic colorectal cancer (AVEX): an open-label, randomised phase 3 trial.
Cunningham D, et al.
Lancet Oncol. 2013 Oct;14(11):1077-85.
4月13日輪読会
担当: 本田 琢也
タイトル: A model of breast cancer heterogeneity reveals vascular mimicry as a driver of metastasis.
Wagenblast E, et al.
Nature. 2015 Apr 8. doi: 10.1038/nature14403
平成26(2014)年度
3月30日輪読会
担当: 西田 暁史
タイトル: Advanced Adenocarcinoma of the Lung:Comparison of CT Characteristics of Patients with Anaplastic Lymphoma Kinase Gene Rearrangement and Those with Epidermal Growth Factor Receptor Mutation.
Chang-Min Choi, et al.
Radiology:Volume 275:Number1-April 2015
3月2日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: Overall Response Rate, Progression-Free Survival,and Overall Survival With Targeted and Standard Therapies in Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer:A US Food and Drug Administration Trial-Level and Patient-Level Analyses.
Gideon M. Blumenthal, et al.
J Clin Oncol 2015;33 Epub
2月23日輪読会
担当: 小林 和真
タイトル: Randomized, Open-Label, Phase Ⅲ Study Comparing Irinotecan With Paclitaxel in Patients With Advanced Gastric Cancer Without Severe Peritoneal Metastasis After Failure of Prior Combination Chemotherapy Using Fluoropyrimidine Plus Platinum:WJOG 4007 Trial.
Shuichi Hironaka, et al.
Lancet Oncol 2014; 15:1493–1502
2月9日輪読会
担当: 西田 暁史
タイトル: Use of [18F]-FDG PET to predict response to neoadjuvant trastuzumab and docetaxel in patients with HER2-positive breast cancer,and addition of bevacizumab to neoadjuvant trastuzumab and docetaxel in [18F]-FDG PET-predicted non-responders(AVATAXHER):an open-label,randomised phase 2 trial
Lancet Oncol 2014; 15:1493–1502
1月26日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Use of thoracic radiotherapy for extensive stage small-cell lung cancer:a phase 3 randomised controlled trial
Lancet 2015;385:36-42
1月19日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: Dacomitinib as first-line treatment in patients with clinically or molecularly selected advanced non-small-cell lung cancer:a multicentre,open-label,phase 2 trial
Lancet Oncol 2014;15: 1433-41
1月5日輪読会
担当: 小林 和真
タイトル: ACTS-CC study group. S-1 as adjuvant chemotherapy for stage III colon cancer: a randomized phase III study (ACTS-CC trial).
Ann Oncol. 2014 Sep;25(9):1743-9.
12月22日輪読会
担当: 西田 暁史
タイトル: Detection of lung cancer through low-dose CT screening (NELSON): a prespecifi ed analysis of screening test performance and interval cancers.
Lancet Oncol 2014; 15: 1342–50
10月27日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Single versus multiple fractions of repeat radiation for painful bone metastases: a randomised, controlled, non-inferiority trial
Lancet Oncol 2014;15:164-71
9月29日輪読会
担当: 西田 暁史
タイトル: ALK Molecular Phenotype in Non–Small Cell Lung Cancer:CT Radiogenomic Characterization Radiology: Volume 272: Number 2—August 2014
本研究の目的はALK陽性のNSCLC(non-small cell lung cancer)のradiogenomic CT characterizationを明らかにすることである。ALK陽性は腫瘍が肺の中枢側にあること、pleural tailがないこと、胸水が多いことと関連していた。ARCS (ALK+ radiogenomic CT status) biomarkerはこれらの3つのCT所見と、年齢(60歳以下)から構成され、ALK遺伝子変異の有無を感度83.3%、特異度77.9%、accuracy 78.8%の精度で分別できた。この分別能は手術可能なステージ(lllA以下)で特に強かった。さらにdisorganized vessel patternを示す腫瘍はcrizotinib治療において有意に短いprogression-free survivalを示した。ARCSとcrizotinib response biomarkerの有用性は今後大きなコホートで確認する必要がある。
6月30日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: Thymic Carcinoma: A Cohort Study of Patients from the European Society of Thoracic Surgeons Database
J Thorac Oncol 2014;9: 541-548
6月16日輪読会
担当: 小林 和真
タイトル: Systemic chemotherapy with or without cetuximab in patients with resectable colorectal liver metastasis:the New EPOC randomized controlled trial
Lancet Oncol 2014;15:601-611
6月2日輪読会
担当: 西田 暁史
タイトル: Effect of PET Before Liver Resection on Surgical Management for Colorectal Adenocarcinoma Metastases A Randomized Clinical Trial JAMA.
2014;311(18):1863-1869.
結腸直腸癌の肝転移に対して根治的肝切除が行われる。PET-CTはoccult metastasisを発見することによって、非治癒切除を防ぐ可能性がある。本研究の目的は術前PET-CT vs no PET-CT (control)が切除可能な肝転移に対する手術に及ぼす影響を明らかにすることである。さらに生存率に対するPET-CT の効果、SUVと生存率との関連を検討した。 対象は、18歳以上、胸腹骨盤CT(30日以内)で切除可能な肝転移が認められた、結腸直腸癌患者である。患者は2:1で、PET-CT群とcontrol群に振り分けられた。 主要評価項目は手術方針の変更(肝切除の中止、肝切除の拡大、他臓器手術の追加)、副次評価項目は生存率である。 PET-CTを受けた263人の患者のうち、21人は手術が変更された。7人は手術が行われず、4人は肝切除の拡大、9人は他臓器の手術の追加、1人では開腹のみが行われた。36ヶ月の経過観察で、生存率に有意差は認められなかった(ハザード比 0.86[95% CI, 0.60-1.21]; P=0.38)。SUVは生存率と関連していた(ハザード比 1.11[90% CI, 1.07-1.15]per unit increase; P<0.001)。しかし、C statisticsの差は0.12(95% CI, 0.04-0.21)であり、SUVは生存率の強い予測因子ではないと考えられた。 結腸直腸癌の切除可能な肝転移患者において、PET-CTの使用は手術方針の変更をもたらすことは少なかった。今回の結果は、この状況の患者にPET-CTを使用することに疑問を投げかけるものである。
4月28日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: Afatinib versus cisplatin plus gemcitabine for first-line treatmen t of Asian patients with advanced non-small-cell lung cancer harbouring EGFR m utations (LUX-Lung 6): an open-label, randomized phase 3 trial.
Lancet Oncol 2014: 15:213-22
Afatinibは新規、非可逆性、ErbB family blockerである。可逆性EGFR(Her 1)TKIであ るエルロチニブ(タルセバ)やゲフィチニブ(イレッサ)と異なり、ErbB受容体蛋白と共有 結合し非可逆的に完全にシグナルを無効にする。未治療EGFR遺伝子変異陽性IIIB(悪性 胸水), IV期肺腺癌に対して第3相比較試験をアジア(中国、タイ、韓国)36施設で行 った。Afatinib群とゲムシタビン+シスプラチン(化学療法)群に2:1にランダム化 し増悪(PD)まで治療を継続。後者は3週毎に6サイクルまで施行。910名がスクリーニ ングされ364名が242名と122名にランダム化された。年齢中央値58歳と58歳、女性64%と 68%、中国人89.7%と90.2%、非喫煙者74.8%と81.1%、IV期93.4%と95.1%、EGFR変異exon1 9del 51.2%と50.8%、L858R38.0%と37.7%。プライマリーエンドポイントである無増悪生 存期間は有意にAfatinib群が優れており(HR0.28 p<0.0001)、中央値11.0ヶ月と5.6ヶ 月であった。奏効率は66.9%と23.0%。全生存期間には差がなく(HR0.95 p=0.76)、中 央値22.1ヶ月と22.2ヶ月であった。Afatinibには下痢、皮疹などの副作用があったが減 量や対症療法で対応可能であり、重篤な肝障害はなかった。Afatinibは未治療進行EGFR 陽性肺腺癌に対する標準治療のひとつになった。
4月14日輪読会
担当: 小林 和真
タイトル: Ramucirumab monotherapy for previously treated advanced gastric or gastro-oesophageal junction adenocarcinoma(REGARD): an international, randomised, multicentre, placebo-controlled, phase 3 trial
Lancet 2014; 383: 31–39
切除不能進行・再発胃癌において多くの分子標的薬が試験されたが、大腸癌では成功した分子標的薬の上乗せはいずれも失敗し、現在上乗せに成功したのはHER2陽性のToGA 試験のTmab併用療法のみであった。 ramucirumabはVEGFR-2に対する分子標的薬である。 今回の試験は胃癌の二次治療についてのramucirumabの効果を見る 第三相試験である。コントロールはプラセボであった。二次治療の有効性は既に示されており、プラセボコントロールでは非倫理的と思われたことから、日本はこの試験には参加していない。355人の患者さんが参加している。一次治療は9割異常が5-FU単独または白金製剤との併用であった。実薬とプラセボが2:1に割り振られた。 結果は実薬、プラセボ順にMST: 5.2ヶ月 vs 3.8ヶ月 p=0.047, HR: 0.776 (0.603-0.998), PFS: 2.1ヶ月 vs 1.3ヶ月 p<0.0001, HR: 0.483 (0.376-0.620)と有意であった。奏効率に差はなかったが、病勢コントロール率:49% vs 23%(p=0.002)はramucirumab群で有意であった。ramucirumab群はplacebo群に比して、良好なPSを保つ期間が有意に長く(p=0.002)、この点からも二次治療薬としてふさわしいと考えられた。有害事象は全身倦怠感、高血圧、食思不振などの頻度が比較的高いが、grade3以上の有害事象は概ね10%未満でfeasibleと思われる。 ramucirumabは胃癌の二次治療薬で初めて有意な効果を示した分子標的薬となった。 日本は本試験には参加しなかったが、PTXをコントロールアームとして、ramucirumabの上乗せをみるRAINBOW試験(二次治療)には参加した。この試験ではramucirumabの上乗せ効果が認められ、ASCO-GI 2014発表前にプレスリリースがなされた。今後、ramucirumab+weekly PTX療法は二次標準治療となっていくと考えられる。
4月7日輪読会
担当: 西田 暁史
タイトル: Twenty five year follow-up for breast cancer incidence and mortality of the Canadian National Breast Screening Study: randomised screening trial. BMJ 2014
本研究の目的はマンモグラフィースクリーニングが乳癌の死亡率をどの程度減少させるかを検討することである。 89835人の40-59歳の女性がマンモグラフィースクリーニング(5年間)を受ける群と受けない群に無作為に割り付けられ、乳癌の発生と死亡率を比較した。25年の経過観察で、マンモグラフィー群で3250、コントロール群で3133の浸潤性乳癌が発見され、それぞれ、500人と505人の乳癌による死亡が認められた。両群の乳癌死亡率に有意差はなかった。15年の経過観察で、マンモグラフィー群における乳癌の診断が106多く、過剰診断に相当すると考えられた。 40-59歳における年1回のマンモグラフィーは、触診またはusual careと比較して、乳癌による死亡率を減少させなかった。また、マンモグラフィースクリーニングで発見された浸潤性乳癌の22%は過剰診断と考えられた。
平成25(2013)年度
3月17日輪読会
担当: 福田 実
タイトル: UGT1A1*6 polymorphisms are correlated with irinotecan-induced toxi city: a system review and meta-analysis in Asians. Cancer Chemother Pharmacol 73:551-60, 2014
UGT1A1はイリノテカンの活性代謝産物であるSN-38をグルクロン化し、不活化(SN-38G )する。その遺伝子にはUGT1A1*28やUGT1A1*6などの遺伝子多型が存在し、イリノテカ ン投与時の毒性と関連する。本研究では1998年から2013年に発表された論文におけるUG T1A1*6遺伝子多型と好中球減少/下痢についてメタ解析した。対象は11論文、1027名、 全てアジア人。ヘテロ型ではオッズ比(OR)1.98、ホモ型では4.44で重篤な好中球減少の リスクが上昇した。重篤な下痢は、ヘテロ型で差がなく、ホモ型ではリスクが上昇した (OR 3.51)。サブ解析では150mg/m2未満の低量イリノテカンでも重症好中球のリスク が上昇し、これはヘテロ型もホモ型もそうであった。これに関連し自験例でイリノテカ ン投与後に強い下痢、白血球減少、好中球減少、血小板減少、発熱性好中球減少を起こ して治療終了となった71歳男性を報告した。この方のUGT1A1*6はヘテロ型だった。UGT1 A1*6遺伝子多型ではイリノテカン投与時に強い副作用が起こることがあり注意が必要で ある。
3月10日輪読会
担当: 小林 和真
タイトル: Randomized, Open-Label, Phase III Study Comparing Irinotecan With Paclitaxel in Patients With Advanced Gastric Cancer Without Severe Peritoneal Metastasis After Failure of Prior Combination Chemotherapy Using Fluoropyrimidine Plus Platinum: WJOG 4007 Trial
切除不能進行・再発胃癌の二次治療の有効性は、例えば、ToGA 試験でTmab併用療法で、アジアの症例はPFSでは有意であるが、OSでは上乗せ効果に乏しいという点からも示唆される。アジア、特に日本や韓国では80%近くに二次治療が入っている。 しかしながら、二次治療の直接の有効性が第3相試験で示されたのは、ここ数年のことである(AIOと韓国グループ)。 WJOG4007試験はCDDP/5-FU(80%以上がS-1)不応後の切除不能・進行胃癌に対して、weekly PTXを標準アームとして、Irinotecanの有意性を検討するデザインである。ただし、Irinotecanが使用可能にするためもあり、severe peritoneal disseminationの症例が外れていることは、やむをえないことではあるが、問題のひとつではあった。結果は以下PTX, IRI順にRR (20.9%, 13.6%), PFS (3.6ヶ月, 2.3ヶ月), OS (9.5ヶ月, 8.4ヶ月)と全く変わらず、試験としてはnegative trialであった。この結果は2012年のASCOで発表され、この後は、weekly PTXが標準治療であるという意見が多かったが、論文ではIrinotecan, PTXいずれもが標準治療として妥当であるという結論に落ち着いた。
2月24日輪読会
担当: 西田 暁史
タイトル: Diffusion-weighted MR Imaging of Upper Abdominal Organs: Field Strength and Intervendor Variability of Apparent Diffusion Coefficients Radiology: Volume 270: Number 2—February 2014
DW MR imagingのADCを用いて、病変の性状を評価したり、治療効果を評価したり、予後予測のbiomarkerとしての可能性を検討するためには大規模多施設臨床試験が必要である。そのためには、異なる施設の、異なるメーカーのMR装置で撮像されたデータが比較可能である必要がある。本研究の目的は、上腹部の各臓器におけるADC値(Apparent Diffusion Coefficients)の、MR機器メーカー間、磁場強度間(1.5Tと3T)における変動を明らかにすることである。 10人の健常男性を対象とし、Siemens社、Philips社、GE社製のそれぞれ1.5テスラと3テスラの計6台のMR装置で上腹部の拡散強調画像を撮像した。肝右葉、肝左葉、胆嚢、膵、脾、腎皮質、腎髄質にROIを設定し、ADC値を計測した。 すべての部位において、1.5Tと3Tの機器間でADC値に有意差はなかった。メーカー間では1.5Tでは7部位のうち2部位で、3Tでは7部位のうち4部位のADC値に有意差が認められた。 変動係数は7.0-27.1%であり、肝を除けば、7-15.9%に収まった。これは過去の報告で同一のMR装置での変動係数10-15%と同程度の結果である。肝の結果が不良なのは、呼吸によるartifactと、肝左葉では心臓のmortion artifactの影響が考えられる。 上腹部のADC計測に関しては3Tよりも1.5Tの方が安定しており、多施設研究においては1.5T装置を使用することが勧められる。 結論:胆嚢、膵、脾、腎におけるADC値は異なるメーカーおよび異なる磁場強度のMR装置においても比較可能である。
2月3日輪読会
担当: 小林 和真
タイトル: Perioperative FOLFOX4 chemotherapy and surgery versus surgery alone for resectable liver metastases from colorectal cancer (EORTC 40983): long-term results of a randomised, controlled, phase 3 trial. Lancet Oncol 2013; 14: 1208–15
大腸癌術後の肝転移は高率に発生し、大きな問題である。Adamが2004年Ann Surgに、retrospectiveな検討ながら、化学療法後に肝切除が行われた症例の予後が、最初から切除が行われた症例に匹敵することが示された。その後の新規抗がん剤の出現と相まって、この分野はもっともホットな分野となっている。 今回のEORTC 40983は、切除可能な肝転移を有する大腸癌症例に術前術後の6コースずつのmFOLFOX6を行って切除する群(周術期化療と、手術単独群を比較する第三相試験で、プライマリーエンドポイントはPFSであった。この結果は既に、ASCO2007で発表され、2008年にLancet Oncol に発表された。 今回はこの5年後のfollow up 論文で、OSの結果が出ている。PFSであるが、前回論文と変わらずITT解析では(以下、周術期化群、手術単独の順に示す)、20.0ヶ月 vs 12.5ヶ月, HR:0.81 (0.64-1.14), p=0.34、per protocol解析では20.9ヶ月 vs 12.5ヶ月, HR:0.78 (0.61-0.99), p=0.035であり、ITT解析ではmarginalではあるがmetせず、per protocolではmetした。これは、2008年版でも同じ結果であった。MSTはITT解析では、61.3ヶ月 vs 54.3ヶ月, HR:0.88 (0.68-1.02), p=0.068、per protocol解析では63.7ヶ月 vs 55.0ヶ月, HR:0.87 (0.66-1.14), p=0.30, 実際切除された症例では77.5ヶ月 vs 73.3ヶ月, HR:0.87 (0.64-1.17), p=0.35であった。 結局、OSでは差が出ていないが、元々予後が良い集団であることと、化学療法の進歩によると考えられる。Adamが示した成績に似ている。 では、PFSは良好であることから、この様な周術期化学療法が今後標準治療として、一般臨床として使うべきかというとまだ時期尚早と考えられる。
1月27日輪読会
担当: 西田 暁史
タイトル: Effect of 3 to 5 Years of Scheduled CEA and CT Follow-up to Detect Recurrence of Colorectal Cancer. The FACS Randomized Clinical Trial JAMA. 2014;311(3):263-270
大腸癌術後にfollow-upを行うことは日常診療で行われているが、そのエビデンスは限られている。本研究の目的は、大腸癌根治術後の定期的なCEA測定やCT撮像の有用性を明らかにすることである。原発性大腸癌根治術後の患者(n=1202)が4つのグループに割り付けられた。[CEAのみ(n=300)、CTのみ(n=299)、CEA+CT(n=302)、minimum follow-up(n=301)] 主要評価項目は再発病変に対する根治的な外科手術をうけた患者の数である。minimum follow-up と比較して、CEAとCTはいずれも再発病変に対する根治手術を増加させた。CTとCEAを両方行うことの有用性は認められなかった。生存率に関しては、CEAとCTが及ぼす利益は、あったとしても小さいと考えられた。
1月20日輪読会
担当: 本田 琢也
タイトル: Docetaxel versus active symptom control for refractory oesophagogastric adenocarcinoma (COUGAR-02): an open-label, phase 3 randomised controlled trial Lancet Oncology 2014; 15: 78-86
化学療法対象の進行胃癌・食道癌の二次化学療法のエビデンスやQOLについて、この計画立案時には存在しなかったため、UKの多施設共同研究としてRCTが計画実施された。18歳以上、PS-0,1,2、組織/細胞診で腺癌が確定された食道、食道胃接合部、胃の癌。進行癌で、1st lineのFu+platina抵抗か、術前or術後補助から6か月以内の 再発症例が対象。DTX75mg/m2+active symptom control(ASC)群 vs ASCのみ群1:1のランダム化比較試験として実施。結果は主要評価項目のOSは中央値DTX群5.2か月、ASC群3.6か月、HR:0.67、p<0.01、でDTX群で有意に優れていた。副次評価項目の1つDTXのbest responseはPR7%、SD46%であった。副次評価項目の1つであるQOLはHealthRelated QoLをEORTC QLQ-c30およびQLQ-STO22を使用して評価され、生活全般のQOLはDTX群で優れ、症候的なQOLでも疼痛、疲労、便秘、不眠など多くの症候でDTXが優れ ていた。下痢、味覚、食欲低下、金銭面のQOLはASC群が優れていた。  今回の試験は、予後不良の疾患に対するHRQoLの有用性が示唆され、食道、食道胃接合部、胃癌について、2nd line DocetaxelのQoL改善の知見が得られたと考える。
1月6日輪読会
担当: 中村 太祐
タイトル: Alpha emitter radium-223 and survival in metastatic prostate cancer The New England Journal of Medicine   July 18, 2013 vol. 369 no. 3
米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)では症候性の骨転移を有し既知の臓器転移のない去勢抵抗性前立腺癌(CRPC:castration-resistant prostate cancer)の適応で、新たにradium223製剤が認可された。ビスフォスフォネートやストロンチウムなどの骨転移治療薬が日本で保険適応となっているが、この薬剤は初めてのα腺放出核種であるということである。α線は飛程距離が短く、高LET(linear energy transfer)放射線(エネルギーが高い)ため、理論上は低い毒性と高い抗腫瘍効果に期待できる。 今回はCRPCへの適応ではあるが、他の癌腫にも適応拡大は可能と思われる。問題は薬価がフルコース(6本)で$69,000 ≒ 7,190,000円と高価であることである。
12月9日輪読会
担当: 西田 暁史
タイトル: Radical Prostatectomy versus Observation for Localized Prostate Cancer The New England Journal of Medicine 367;3 july 19, 2012
生涯で前立腺癌の診断を受けるリスクは17%であるが、前立腺癌で死亡するリスクは3%に過ぎない。このことは前立腺癌の大部分はconservative managementが適切であることを示している。本研究は限局性の前立腺癌に対する前立腺全摘術と経過観察の比較を行ったランダム化試験である。主要検討項目は全死亡率である。12年の経過観察において、前立腺全摘術は全死亡率および前立腺癌による死亡率を有意に減少させなかった。前立腺全摘術はPSA 10ng/ml以上の患者の死亡率低下に関連していた。
12月2日輪読会
担当: 本田 琢也
タイトル: Increased Survival in Pancreatic Cancerwith nab-Paclitaxel plus Gemcitabine
NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE 369;18,1691-1703
遠隔転移を伴った膵癌に対し、初回標準治療の1つであるGemcitabine(G)に対するnab-Paclitaxel(nP)の上乗せ効果を検証したランダム化比較試験。861症例が集積され、nPG群に431例、G群に430例が登録された。GEM腺癌861症例が登録された。主要評価項目のOSは中央値nPG群8.5か月、G群6.7か月、HR:0.72、p<0.001、でnPG群で有意に勝った。PFS中央値はnPG群5.5か月、G群3.7か月、HR0.69、p<0.001であった。Grade3以上の有害事象では、好中球減少、疲労、末梢神経障害がnPG群で多くみられた。遠隔転移を伴った膵癌に対して、先にGEMに対してより強いHRをもって優越性を示したFOLFIRINOX療法の試験ではPS-2の症例は除外されているが、今回の試験ではPS-2相当の症例(KPS-70)も含まれており、nPG療法は初回化学療法の選択肢となりうると考えられる。
11月11日輪読会
担当: 小林 和真
タイトル: Regorafenib monotherapy for previously treated metastatic colorectal cancer (CORRECT): an international, multicentre, randomised, placebo-controlled, phase 3trial.
Lancet 381: 303–12, 2013
regorafenibは、転移性大腸癌の最終ラインの薬剤として、第三相試験で有用性を示した。また、multi-kinase inhibitorとして大腸癌で初めて有効性を示した薬剤として意義深い。しかしながら、OSでのHR:0.77、PFSのHR:0.49という高いHRであるにも関わらず、placeboに比して、MSTの差は1.4ヶ月、median PFSはわずかに0.2ヶ月であり、高価で有害事象も軽くないことを考慮すると、その臨床的な恩恵に疑問の声もある。また、日本人では有害事象が出やすいこと(別資料)もあり、使用する際には注意が必要である。
9月30日輪読会
担当: 西田 暁史
タイトル: Head and Neck Squamous Cell Carcinoma: Diagnostic Performance of Diffusion-weighted MR Imaging for the Prediction of Treatment Response
Radiology: Volume 266: Number 2—February 2013
頭頸部原発腫瘍の放射線治療において、治療開始後2週間で拡散強調画像を撮像し、放射線治療に対する感受性の予測ができるかを検討した。全例において、治療によりADC値(apparent diffusion coefficients)の増加と尖度および歪度の減少が認められた。43%の患者で局所再発が認められたが、局所再発症例では、腫瘍コントロールの得られた症例と比べて、ADC値の増加は有意に小さく、尖度および歪度は有意に高かった。放射線治療中の拡散強調画像を撮像することによって、頭頸部腫瘍の治療感受性を評価できる可能性がある。