教室紹介

 長崎大学医学部の歴史は,安政4年(1857年)のポンペの医学伝習所に始まると言われ,日本で最も古い歴史をもつ医学部の一つです。眼科学教室は,臨床面では総合的にあらゆる疾患に取り組んでいますが,特に網膜硝子体疾患に力を注いでいます。北岡教授の専門の一つである網膜硝子体疾患では,硝子体手術の指導的病院として多くの症例を手がけています。

 最近では特に,黄斑疾患の治療や,糖尿病網膜症の黄斑浮腫に対する加療を推進しています。また,眼部腫瘍、緑内障、角膜疾患にも多くの臨床研究を行っており,薬物治療,手術治療で成果を上げています。
眼科学教室歴代教授
初代教授:村上安蔵
初代教授: 村上 安蔵
1887年9月~1917年12月在職
第2代教授:八坂信助
第2代教授: 八坂 信助
1900年11月~1901年12月在職
第3代教授:松岡与之助
第3代教授: 松岡 与之助
1918年2月~1921年8月在職
第4代教授:竹内正夫
第4代教授: 竹内 正夫
1922年8月~1925年在職
第5代教授:浅沼武夫
第5代教授:浅沼 武夫
1921年2月~1923年在職
(長崎医学専門学校)
1923年~1934年8月在職
(長崎医科大学)
第6代教授:林 雄造
第6代教授: 林 雄造
1934年8月~1942年3月在職
第7代教授:山根 浩
第7代教授: 山根 浩
1942年3月~1945年8月在職
第8代教授:広瀬金之助
第8代教授: 広瀬 金之助
1946年6月~1962年3月在職
(長崎医科大学)
第9代教授:岸本正雄
第9代教授: 岸本 正雄
1962年5月~1968年6月在職
第10代教授:高久 功
第10代教授: 高久 功
1969年1月~1987年3月在職
第11代教授:雨宮 生
第11代教授: 雨宮 次生
1987年12月~2003年3月在職
第12代教授:北岡 隆
第12代教授:北岡 隆
2003年9月~