角膜移植について

目の不自由な方のために
現在、日本では、視覚障害者が約31万人おり、そのうち角膜移植によって視力を回復することが出来ると思われる角膜疾患の方が、約1万9千人います(平成18年度厚生労働省身体障害者実態調査)。このような多くの方々が、一刻も早い角膜移植を待ち望んでおられますが、角膜の数が少ないため長期間待たざるをえないのが現状です。
角膜移植の必要性
角膜は黒目の表面を被っている透明な膜で、眼球の一番前にあります。これを通して光が網膜に達して、はじめて物が見えます。病気やケガなどで白く濁ったり、変形したりすると見えなくなります。ということは、目の奥にある網膜や神経が、たとえ健康であっても見えないということです。このような場合、濁ったあるいは変形した角膜を切り取って、そのあとに、透明な角膜を移植する手術が必要になってきます。これを角膜移植といいます。 角膜移植
角膜移植の効果
すべての視力障害者が、この手術で視力を回復できるわけではありません。網膜や視神経の病気の方は適応外です。また、眼球全体を入れ替えることは出来ません。

手術の成功率は90%以上ですが、術後の拒絶反応に対する十分な治療が必要です。
 
角膜移植前(角膜混濁) 移植後
移植に使われる角膜
移植に使われる角膜は、亡くなられた方、または、脳死の判定を受けた方から得られます。角膜さえ透明であれば、目の他の部分に病気があっても、近視や乱視の目でも、またお年寄りの方の目でも差し支えありません。
しかし、感染症や、原因不明で亡くなられた場合などは、使えないこともあります。