ごあいさつ

  長崎大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科主任教授:髙橋晴雄
長崎大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
主任教授  髙橋 晴雄
 ようこそ、耳鼻咽喉科・頭頸部外科のホームページへおいで下さいました。このホームページには、長崎大学耳鼻咽喉科の診療、教育、研究についての情報が載せられております。少しでも私たち耳鼻咽喉科を知っていただければ、また少しでもこのホームページが皆様方のお役に立てればと思います。
 長崎大学耳鼻咽喉科は明治37年(1904年)に開設されました。日本の大学医学部の耳鼻咽喉科の中でも五指に入るほど伝統のある耳鼻咽喉科です。現在は離島を含めた長崎県全域の耳鼻咽喉科診療の中心的存在で、県下からだけでなく他府県からも多くの患者さんが来られます。
 長崎大学耳鼻咽喉科は、特色ある診療、教育、研究を行っております。まず診療での特徴は、耳鼻咽喉科の診療分野のほぼすべてを高レベルでカバーしていることです。耳鼻咽喉科の守備範囲はめまい、中耳炎から頭頸部癌まで非常に広く、大学病院といえども一部しか専門的診療ができないところは日本でも意外と多いのですが、私たちは人工内耳や頭頸部癌の摘出・再建などをはじめとして、耳鼻咽喉科のほぼすべての分野で最先端の診療ができるような体制をとっています。
 耳鼻咽喉科医はやはり手術ができなくては一人前ではないと私は思っています。それで教育の面では、年一度側頭骨解剖・手術実習を行い、卒後早い時期から複雑な耳の解剖を集中的に学べるようにしています。また卒後にはできるだけ早い時期からすべての手術を指導するようにしています。そのため長崎大学耳鼻咽喉科の医師は早くに広い領域の多くのの手術ができるようになります。また卒前の学生にも顕微鏡で側頭骨をいつでも供覧して勉強できるように設備を整えています。
 研究は聴覚関係を中心に、中耳炎や先天性難聴の病因・病態の解明、薬剤の聴覚に対する影響、新しい手術方法や補聴器の開発、花粉症での最適な薬物治療の選択など、即臨床に応用できるような研究を多く手がけています。最近でも私たちの耳鼻咽喉科の若い先生が国際学会で受賞しました。
 このように私たちは常に患者さんへのより良質の医療の提供、優秀な耳鼻咽喉科医の育成、また日常臨床に直接貢献するような、しかも世界に通用する高いレベルの研究の推進、またそれができる研究者の育成に勤めています。どうぞ私たち耳鼻咽喉科のより詳細をこのホームページでご覧下さい。