入局案内
 
長崎大学小児科の特徴

小児科は決めたけど
長崎大学にするかどうかを迷っているあなたへ
 
 小児科医になるのは決めたけど長崎大学にするかどうか迷っている人へここでは長崎大学小児科の特徴と後期臨床研修のプラン、その後の生き方について説明します。

 長崎大学医学部の特徴は歴史が古く、県に唯一の医学部だということです。当然ながら長崎県内にある小児科はほとんどが当医局から派遣されています。これは「うちはこれだけのブランチを持っている」という意味だけではなく、長崎県単位で臨床研究や診療基準の統一、研修体制がとれることを強調したいのです。
 医局員に対しては、「あなたの小児科医としての人生設計プランをサポートします」という姿勢で臨みます。10人の小児科医がいれば10人の違った小児科医像があります。自分は将来こんな小児科医になりたいという医師像を私たち医局はサポートし、その実現に向けて努力します。一方で、長崎県の小児医療は私たち長崎大学小児科医局員の力にかかっているといって過言ではありません。長崎にはたくさんの離島があります。地理的に「陸の孤島」の地域もあります。全ての子どもたちに同レベルの医療を提供するためには私たち医局員の協力が必要です。人事はこの「公」と「私」の組み合わせで決まっていきます。

 
長崎大学小児科学教室
著作権表示