入局案内
 
研究について
 
 研究を志したい人には当然ながらその道も提供します。教授は感染、なかでもウイルス感染症が専門で、いくつかのプロジェクトが大学院生を中心に動いています。うちいくつかは東南アジアの大学との共同研究もあり、教授だけでなく大学院生もタイに行ったりしています。助教授は遺伝学が専門で先天奇形、染色体異常症などを積極的に臨床・基礎の両方のフィールドから論文を医局員とともに発表しています。地方からでも日本、世界に発信できる要素はたくさんあります。この二分野については毎年海外の学会に発表が採択され若い医局員が発表しています。
 その他の分野もAll JAPANのレベルでは毎年演題を発表していますし、それぞれに魅力あるプロジェクトをもっています。長崎という地方から世界に向けて発信する意気込みを持ち、皆さんと一緒に研究していければと思います。「長崎から世界へ」
 
長崎大学小児科学教室
著作権表示