各診療班の紹介
 
腎疾患 (+救急)
 
概 要
 
 小児科腎臓班は、主に小児内科的腎疾患の診断・治療・管理、および小児泌尿器科的疾患の診断を行っています。
  小児内科的腎疾患では、腎炎、ネフローゼ、尿細管疾患などの診断、治療管理を行っています。また,泌尿器科的疾患(水腎症、膀胱尿管逆流症など)では診断、管理を泌尿器科と連携して行っています。時には血漿交換などの血液浄化も行い、溶血性尿毒症症候群や血球貪食症候群など腎以外の領域でも他の班と協力して治療にあたっています。
  当院も含め県内の基幹病院は学校検尿の三次検診施設としての役割を持ち、地域の学童の健康に役立っています。
 

スタッフ紹介
 
所 属
スタッフ名
長崎大学小児科 中嶋有美子、白川利彦
長崎みなとメディカルセンター 中嶋一寿
諫早総合病院 原田定智 
 佐世保市総合医療センター 中山裕介
みさかえの園むつみの家  北村温子

研究テーマ・内容
 
白川利彦: 大学腎班チーフとして活躍しています。
中嶋一寿: 長崎みなとメディカルセンター(旧市民病院)で一般診療に加えて腎・泌尿器疾患の診療を行っています。
原田定智:
中嶋有美子: 病態病理学講座で小児腎病理を修めました。主に外来を担当しています。
北村温子: ダウン症候群の膀胱機能についての検討を行いました。
中山雄介:  

教育の内容
 
 初期研修の先生には,腎疾患の治療・管理はもちろんですが,手技としては最初の乳幼児の採血・点滴や、尿路系の超音波、逆行性膀胱造影などを経験していただきます。後期研修の先生には上記手技の確実な習得に加え,腎生検の習得,症例があれば気管挿管や動脈ライン確保,カテーテル類の留置などを学んでいただきます。いずれも決して研修医の先生に「おまかせ」にはしません。必ず上級医が指導につくか,あるいはともに考えます。

研究業績
 
・Shirakawa T, Ikeda K, Nishimura S, Kuniba H, Nakashima K, Motomura H, Mizuno Y, Zaitsu M,Nakazato M, Maeda T, Hamasaki Y, Hara T, Moriuchi H: Lack of an association betweenE-selectin gene polymorphisms and risk of Kawasaki disease. PediatrInt54(4):455-60,2012 (http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1111/%28ISSN%291442-200X)
 
長崎大学小児科学教室
著作権表示