HOME > 研究実績 > 著書
研究実績

著書

【2010年】

タイトル、著者、著書名、最初の頁、出版社(出版社の所在都市名)
脳科学と学習・教育(小泉英明編者)、篠原一之、,明石書店、 東京

【2009年】

タイトル、著者、著書名、最初の頁、出版社(出版社の所在都市名)
女性の睡眠と概日リズム、土居裕和、篠原一之、専門医のための精神科リュミエール・精神疾患における睡眠障害の対応と治療 4巻,205-211,中山書店、

【2008年】

タイトル、著者、著書名、最初の頁、出版社(出版社の所在都市名)
「性差とリズム」、篠原一之、「時間生物学事典」、第7部 No.122、朝倉書店(東京)

【2007年】

タイトル、著者、著書名、最初の頁、出版社(出版社の所在都市名)
「こども大変時代」、~先端科学が教える賢い子供の育て方~、篠原一之、「言葉によらない母子コミュニケーションの意味」、第24回ファイザー医学記事賞優秀賞 産経新聞「生命」取材班 株式会社 扶桑社

【2006年】

タイトル、著者、著書名、最初の頁、出版社(出版社の所在都市名)
「フェロモン」、西谷正太・篠原一之、「環境生理学~人類生存への環境創造に向けて~」、第6章(3)、北海道大学図書刊行会(北海道)
「細胞および自律生理学」、増田匡・寺園英之・守屋孝洋・篠原一之、「症例問題から学ぶ生理学 原書2版」(共同翻訳)、第1章P1~47、丸善株式会社(東京)
「赤ちゃんは何を伝えようとしているの?~泣き声・表情で0歳児の気持ちがここまでわかる!~」、篠原一之(単著)、ソフトバンククリエイティブ㈱(東京)
「神経系」、守屋孝洋・篠原一之、「人体生理学」、第4章、朝倉書店(東京)

【2003年】

タイトル、著者、著書名、最初の頁、出版社(出版社の所在都市名)
「匂う」、西谷正太・篠原一之、「身体から発達を問う~衣食住のなかのからだとこころ」、P159~174、新曜社(東京)

【2001年】

タイトル、著者、著書名、最初の頁、出版社(出版社の所在都市名)
「 Neuronal control circuit for the gonadotropin-releasing hormone surge in rats 」  Funabashi, T., Shinohara, K. , and Kimura, F.、inNeuroplasticity, Development, and Steroid Hormone Action(eds. Handa, R.J., Hayashi, S., Terasawa, E. and Kawata, M.)、 pp 169-176, CRC Press, New York

【1996年】

タイトル、著者、著書名、最初の頁、出版社(出版社の所在都市名)
「 Two distinct oscillators in organotypic slice cultures of rat suprachiasmatic nucleus 」 Shinohara, K., Honma, S., Katsuno, Y., Abe, H. and Honma, K.、 
in Circadian Organization and Oscillatory Coupling (eds.Honma,K. and Honma, S.) 
pp 147-152, Hokkaido Uiniversity Press, Sapporo

【1993年】

タイトル、著者、著書名、最初の頁、出版社(出版社の所在都市名)
「A circadian pacemaker in the suprachiasmatic nucleus and its interaction with light.」 Inouye, S.I.T., Shinohara, K., Tominaga, K., Otori, Y., Fukuhara, C., and Yang, J.,、 
in Frontiers of Photobiology (eds. Shima, A., Ichihashi, M., Fujiwara, Y., and Takebe, H.), pp 257-262, Excerpta Medica, Amsterdam
「Circadian rhythms in peptides and their precursor mRNAs in the suprachiasmatic nucleus.」Inouye, S.I.T., Shinohara, K., Tominaga, K., Takeuchi, J., Nagasaki, H., Isobe, Y., Fukuhara, C., Otori, Y., Yang, J., Cagampang, F.R.A., Yamazaki, S., Tokumasu, A.,、 in New Functional Aspects of the Suprachiasmatic Nucleus of the Hypothalamus(eds. Nakagawa, H., Oomura, Y., and Nagai, K.) pp219-233, John Libbey, London

【1991年】

タイトル、著者、著書名、最初の頁、出版社(出版社の所在都市名)
「 Ontogeny of phencyclidine and strychnine-insensitive glycine binding sites associated with the NMDA receptor/ion channel complex in rat brain. 」Shinohara, K. , Nishikawa, T., Yamazaki, K., and Takahashi, K.,、inNMDA Receptor Related Agents: Biochemistry, Pharmacology and Behavior (eds. Kameyama, T., Nabeshima, T. and Domino, E.F.) pp275-285, NPP Books, Ann Arbor
「 Ontogeny of N-(1-[2-thienyl]cyclohexyl)[3H]piperidine binding sites in rat forebrain.」Shinohara, K ., Nishikawa, T., Yamazaki, K., and Takahashi, K.,、 脳とそのaging, 、pp 39-45、東海大学第二回プロジェクト研究班(神奈川県)