教室概要 研究案内 業績 講義案内 情報案内
 
         
      トップページ教室員>教員紹介 土居裕和  
 
    生理学第二教室  −教員紹介−  
 
 
   
 
氏名(ふりがな) 土居 裕和 (どい ひろかず ) 所属 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
TEL 095-849-7035(直通) FAX 095-849-7036
職名 助教 学位・資格 博士(学術)
E-mail doi-h(at)nagasaki-u.ac.jp Homepage http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/physlgy2/
所属学会
日本視覚学会、日本基礎心理学会
受賞
なし
専門分野
認知心理学
キーワード
社会的知性、身体運動、事象関連電位、乳幼児行動
現在実施している
研究テーマ

@社会的知性の発達過程の検討
A社会的刺激の処理に伴う事象関連電位(ERP)の計測
これまでの
研究テーマ

@社会的知性の発達過程の検討
A社会的刺激の処理に伴う事象関連電位(ERP)の計測
協力できる技術 @事象関連電位計測
備考

○詳細はこちらから
http://researchmap.jp/jinruigaku

○論文(査読有)
【第一著者のもの】
1. Bodily Movement of approach is detected faster than that of receding.
Doi, H., Shinohara, K.
Psychnomic Bulletin & Review (in press)

2. Event-Related Potentials Elicited in Mothers by Their Own and Unfamiliar Infants' Faces with Crying and Smiling Expression
Doi H, Shinohara K.
Neuropsychologia 50(6) 1297-1307 2012年5月

3. Development of synchrony between activity patterns of mother-infant pair from 4 to 18 months after birth
Doi, H., Kato, M., Nishitani, S., Shinohara, K.
Journal of Physiological Sciences 61(3) 211-216 2011年

4. Gaze Direction Modulates the Disengagement of Attention From Facial Expression in 10-Month-Olds.
Doi H, Tagawa M, Shinohara K
Emotion 10(2) 278-282 2010年

5. The own-sex effect in facial expression recognition
Doi H, Amamoto T, Okishige Y, Kato M, Shinohara K.
NeuroReport 21(8) 564-568 2010年

6. Learning gaze direction perception-An investigation by behavioral and neurocomputational approaches
Doi, H., Ueda, K., Shinohara, K.
Psychologia 52(4) 224-234 2009年

7. The Neural-Correlates of the Stare-in-the-Crowd Effect
Doi H, Ueda K, Shinohara K.
Neuropsychologia 47(4) 1053-1060 2009年

8. The perceived duration of emotional face is influenced by the gaze direction.
Doi H, Shinohara K.
Neuroscience Letters 457(2) 97-100 2009年

9. The relational property between eye and head orientation is the primary determinant of the efficiency in the search for deviant gaze
Doi H, Ueda, K., & Shinohara, K.
Quarterly Journal of Experimental Psychology 62(9) 1723-1737 2009年

10. The 18-month-olds can perceive Mooney faces.
Doi H, Koga T, Shinohara K.
Neuroscience Research 64(3) 317-322 2009年

11. The role of biological motion information in facial expression recognition by young children.
Doi H, Kato A, Hashimoto A, Masataka N.
Perception 37(9) 1399-1411 2008年

12. Searching for a perceived stare in the crowd.
Doi H, & Ueda K.
Perception, 36(5) 773-780 2007年

13. The effects of eye and face inversion on the early stages of gaze direction perception-An ERP study
Doi H, Sawada R, Masataka N.
Brain Research 1183 83-91 2007年

14. Estimating TTC with Non-Rigid Approaching Object
Doi H, Ueda K
Studies on Perception & Action 13 69-72 2005年

15. 統合失調症における顔認知
土居裕和、篠原一之 (印刷中)脳と神経

【第二著者以下のもの】
1. Roles of the Upper and Lower Body in Direction Discrimination of Point-light Walkers.
Takahashi K, Fukuda H, Ikeda H, Doi H, Watanabe K, Ueda K, Shinohara K
Journal of Vision 11(4) 1-13 2011年12月

2. 子どもの認知・情動機能発達における睡眠の影響
加藤美香子、土居裕和、篠原一之
日本生物学的精神医学会誌 22(3) 171-175 2011年

3. Differential prefrontal response to infant facial emotions in mothers compared with non-mothers
Nishitani S, Doi H, Koyama A, Shinohara K
Neuroscience Research 70(2) 183-188 2011年

4. The calming effect of a maternal breast milk odor on the human newborn infant.
Nishitani S, Miyamura T, Tagawa M, Sumi M, Takase R, Doi H, Moriuchi H, Shinohara K.
Neuroscience Research, 2009, 63 (1), 66-71, 2009.

5. The integration of physical feature and cognitive feature
Sawada R, Doi H, Wakita M, Masataka N.
Cognitive Studies 15(2) 269-279 2008年

○著書
『専門医のための精神科リュミエール』4巻・精神疾患における睡眠障害の対応と治療
土居裕和、篠原一之
2009年

○紀要・研究報告書
1. 有酸素運動がもつ小学生の「認知能力向上効果」の脳科学的検証
土居裕和
デサントスポーツ科学 32 110-117 2011年6月

2. 運動は小学生の認知能力・脳活動向上に役立つか?-脳測定と日中活動量測定による検討-
土居裕和, 高村恒人
健康医科学研究助成論文集 26 78-88 2011年3月

3. モーション・キャプチャ・データに基づく能の所作の特徴量抽出
土居裕和, 植田一博
情報処理学会研究報告 58 29-35 2004年

○競争的資金
1. アスリートの認知心理学的能力とその生物学的基盤の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤(C)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月 代表者: 松本高明

2. 自閉症スペクトラム障害の≪機能的連関≫障害仮説に関する発達脳科学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金 若手(B)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月 代表者: 土居裕和

3. ヒト社会性(人間関係)に及ぼす ローヤルゼリーの効果
山田養蜂場 みつばち研究助成基金
研究期間: 2011年10月 - 2013年10月 代表者: 土居裕和

4. 前駆期統合失調症における表情認知・表出能力障害の疾患特異性に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究
研究期間: 2011年 - 2012年 代表者: 土居裕和

5. 化粧がもつ自尊心昂揚効果に関する発達脳科学的研究
コスメトロジー研究振興財団: 助成金
研究期間: 2010年 - 2011年 代表者: 土居裕和

6. アスペルガー症候群における《無意識下知覚》能力の神経科学的解明
文部科学省: 科学研究費補助金 若手(B)
研究期間: 2010年 - 2011年 代表者: 土居裕和

7. 有酸素運動がもつ小学生の「認知能力向上効果」の脳科学的検証
石本記念デサントスポーツ科学振興財団: 学術研究助成金
研究期間: 2010年 - 2010年 代表者: 土居裕和

8. 運動は小学生の認知能力・脳活動向上に役立つか?
−脳計測と日中運動量測定による検証
明治安田厚生事業団: 第27回健康医科学助成
研究期間: 2010年 - 2010年 代表者: 土居裕和

 


 
   
  このページの先頭へ  
   
 

Copyright © 2006 Nagasaki University. All Rights Reserved.