細胞シート工学を用いた再生医療
細胞シートとは、1個1個の細胞を接着・凝集化させて、シート状に組織構築(細胞間接着や組織構造を再建)させた細胞集合体です。細胞シートは移植時の生着に優れ、再生医療技術の1つとして注目されています。現在までに、細胞シートによる心筋や角膜上皮の再生等、多数が臨床応用されています。当科では、主に肝臓と膵臓をターゲットに、細胞シートを用いた再生医療を研究しています。 概要
 
線維芽細胞シートによる肝再生技術の確立

  肝臓を含む全ての組織では、複数種類の細胞が互いに相互作用して機能を維持しています。特に間葉系細胞は、EGFやHGFなど、肝細胞の増殖や生存に重要なサイトカインを分泌することから、肝細胞との共培養研究に頻繁に用いられてきました。当科では、線維芽細胞で作製した細胞シートを直接肝臓内に移植してin vivoでの肝再生誘導を行うことにより、新しい肝再生技術の確立とそのメカニズムの解明を行っています。

線維芽細胞シートによる肝再生技術の確立
共培養技術に基づく肝細胞シートの開発

  肝硬変の重症例に対しては肝移植が唯一の根治療法ですが、日本での肝移植は健常ドナーからの生体部分肝移植がほとんどです。その代替法として肝細胞移植が試みられていますが、生着する肝細胞の数が少なく、依然として肝再生技術として確立されていません。当科では、線維芽細胞を下地とした重層化肝細胞シートの開発を進め、移植効率の向上を目指しています。

共培養技術に基づく肝細胞シートの開発  共培養技術に基づく肝細胞シートの開発
筋芽細胞シートを利用した膵液漏予防

  膵臓外科領域において膵液瘻は重大な合併症の一つですが、工夫された様々なデバイスが存在するなかでも、その発症率はいまだ高いままです。当科では虚血性心疾患に対する筋芽細胞シート貼付により心筋の補強効果があったとされる筋芽細胞に着目し、細胞シート貼付による膵液瘻予防効果について研究しています。

筋芽細胞シートを利用した膵液漏予防 筋芽細胞シートを利用した膵液漏予防