研究活動

研究業績:2007(平成19)年度
欧 文
[原著論文]
  1. Kanda S, Kanetake H, Miyata Y :Role of Src in angiopoietin 1-induced capillary morphogenesis of endothelial cells: Effect of chronic hypoxia on Src inhibition by PP2. Cell Signal 19(3):472‐480,2007
  2. Shida Y, Igawa T, Hakariya T, Sakai H, Kanetake H :p38MAPK activation is involved in androgen-independent proliferation of human prostate cancer cells by regulating IL-6 secretion. Biochem Biophys Res Commun 353(3):744‐749,2007
  3. Usami M, Akaza H, Arai Y, Hirano Y, Kagawa S, Kanetake H, Naito S, Sumiyoshi Y, Takimoto Y, Terai A, Yoshida H, Ohashi Y: Bicaltamide 80mg combined with a luteinzing hormone-releasing hormone agonist (LHRH-A) versus LHRH-A monotherapy in advanced prostate cancer: findings from a phase III randomized, dobble-blind, multicenter trial in Japanese patients. Prostate Cancer Prostatic Dis 10:1‐8,2007
  4. Miyata Y :Molecular targeting therapy for renal cell carcinoma: Current status and our suggestion. Acta Med Nagasaki 52(2):39‐43,2007 
  5. Nishikido M, Mochizuki Y, Noguchi M, Koga S, Kanetake H, Harada T, Taguchi T, Nazneen A, Matsuya F, Hayashi M:Two cases of primary non-functioning kidney from the same donor. Clin Transplant 21(Suppl.18):64‐68,2007
  6. Miyata Y, Iwata T, Maruta S, Kanda S, Nishikido M, Koga S, Kanetake H:Expression of matrix metalloproteinase-10 in renal cell carcinoma and its prognostic role. Eur Urol 52(3):791‐797,2007
  7. Kanda S, Miyata Y, Kanetake H, Smithgall TE:Non-receptor protein-tyrosine kinases as molecular targets for antiangiogenic therapy (Review). Int J Mol Med 20(1):113‐121,2007
  8. Kanda S, Kanetake H, Miyata Y:Downregulation of Fes inhibits VEGF-A-induced chemotaxis and capillary-like morphogenesis by cultured endothelial cells. J Cell Mol Med 11(3):495‐501,2007
  9. Mori K, Nomata K, Noguchi M, Eguchi J, Hayashi N, Kanetake H:Long-term follow up of patients with invasive bladder carcinoma receiving combined cisplatin-based intra-arterial chemotherapy and radiotherapy. Int J Urol 14(7):591‐594,2007
  10. Matsuo Y, Nomata K, Eguchi J, Aoki D, Hayashi T, Hishikawa Y, Kanetake H, Shibata Y, Koji T:Immunohistochemical analysis of connexin43 expression in feritile huma testes. Acta Histochem Cytochem 40(3):69‐75,2007Miyata Y:In vitro method for diagnosing and monitoring renal cell carcinoma using matrix metalloprotease-7 as humoral biomarker. Expert Opin Med Diagn 1(3):433‐435,2007

[プロシーディングス]
  1. Hatada Y, Noguchi M, Tobu S, Mori K, Matsuo M, Kanetake H: Differential expression of Angiotensin II type-1 receptor in the rat detrusor musle with partial bladder outlet opstruction and diabetes mellitus model. ICS 2007 Abstracts Database 390, 2007
  2. Tobu S, Noguchi M, Hatada T, Matsuo T, Mori K, Matsuo M, Kanetake H: Expression of AT1 on the interstitial cells in suburothelial layer. ICS 2007 Abstracts Database 391, 2007
  3. Kihara T, Nakai H, Mori K, Noguchi M, Yasuda K, Kanetake H: Variety of the congenital urethral lesions in boys with lower urinary tracts symptoms and results of endoscopic treatment. ICS 2007 Abstracts Database 429, 2007
  4. Mori K, Kihara T, Noguchi M, Yasuda K, Nakai H: Evaluation of urethral obstruction in boys with enuretic syndrome by pressure flow study. ICS 2007 Abstracts Database 431, 2007

[著 書]
  1. Kanda S, Miyata Y, Kanetake H:Chapter VIII Non-receptor protein tyrosine kinase Fes as a candidate for anticancer molecular targeting therapy. In Oncogene Proteins: Structure, Functions and Analysis(Murphy PB, Clarke JR eds;Nova Science Publishers, Inc,New York)pp209-221,2008
邦 文
[原著論文]
  1. 藤本直浩,松本哲朗,古賀寛史,内藤誠二,入江真一郎,野口正典,魚住二郎,酒井英樹,金武 洋,三股浩光,濱田泰之,蓮井良浩,中川昌之,諸角誠人:九州沖縄地区における再燃前立腺癌治療の実態_泌尿器科医に対するアンケート調査_.西日本泌尿器科 69(2):45‐54,2007
  2. 松尾朋博,江口二朗,野俣浩一郎,古賀成彦,金武 洋:【九州泌尿器科懇話会図譜(第4集)】腎血管筋脂肪腫.西日本泌尿器科 69(増):28‐29,2007
  3. 神田 滋,正野武文,宮田康好,金武 洋:シグナル伝達分子に対する分子標的療法の現況と将来への展望.西日本泌尿器科 69(3):108‐116,2007
  4. 野俣浩一郎:尿路機能温存と疾病予防への挑戦.西日本泌尿器科 69(3):171‐121,2007
  5. 野口 満:【特集:ここが聞きたい泌尿器科処置・手術とトラブル対処法】I.泌尿器科処置【陰嚢水腫穿刺】陰嚢水腫穿刺を18ゲージ針で行った患者です.施行中,出血は認めませんでしたが,翌日,再受診したところ陰嚢内血腫となっていました.どのように対処すればよいでしょうか.臨床泌尿器科 61(4):32‐34,2007年増刊
  6. 野口 満:【特集:ここが聞きたい泌尿器科処置・手術とトラブル対処法】I.泌尿器科処置【陰嚢水腫穿刺】陰嚢水腫に対して穿刺排液処置を長期間繰り返してきた患者です.今回,穿刺排液中に血が混じり始め,血液の色が徐々に強くなってきました.どのように対処すればよいでしょうか.臨床泌尿器科 61(4):36‐37,2007年増刊
  7. 井川 掌,酒井英樹,金武 洋:前立腺特異的チロシンフォスファターゼによるアンドロゲン非依存性前立腺癌増殖制御機構の解明.西日本泌尿器科 69(4):197‐203,2007
  8. 畑田鉄平,東武昇平,木原敏晴,松尾 学,野口 満:脊髄障害患者の腎機能評価.日本脊髄障害医学会雑誌 20(1):206‐207,2007
  9. 西村周三,荒井陽一,宇佐美道之,金武 洋,内藤誠二,赤座英之:進行前立腺癌に対するMAB療法の費用対効果分析.癌と化学療法 34(4):589‐595,2007
  10. 酒井英樹,井川 掌,金武 洋:ハイリスク限局性前立腺癌に対する内分泌療法.西日本泌尿器科 69(5):300‐305,2007
  11. 原田孝司,河野 茂,錦戸雅春,金武 洋:保存期腎不全の治療.西日本泌尿器科 69(6):351‐355,2007
  12. 錦戸雅春,望月保志,野口 満,野俣浩一郎,金武 洋,松屋福蔵,林 幹男:献腎移植と献腎提供推進.西日本泌尿器科 69(6):385‐390,2007
  13. 野口 満:膀胱組織における細胞間コミュニケーション.泌尿器外科 (7):925‐929,2007
  14. 大仁田 亨,古川正隆,岩崎昌太郎,斉藤 泰,石丸幸太朗,安達朝幸,岩崎啓介:下顎歯肉転移により口腔内に腫瘤を形成した腎癌の1例.西日本泌尿器科 69(8):498‐501,2007
  15. 井川 掌,酒井英樹,金武 洋:再生検癌陽性症例の臨床・病理学的検討.泌尿器外科 20(8):999‐1002,2007
  16. 古川正隆,大仁田 亨,岩崎昌太郎,斉藤 泰,岩崎啓介:前立腺癌におけるthymidylate synthase (TS), dihydropyrimidine dehydrogenase (DPD), orotate phosphoribosyl transferase(OPRT)発現に関する免疫組織学的検討とその臨床的意義.泌尿器外科 20(8):1071‐1072,2007
  17. 大庭康司郎,丸田 大,野口 満,錦戸雅春,古賀成彦,金武 洋,宮口大志,計屋紘信:数回にわたり血漿交換を必要としたABO血液型不適合生体腎移植の1例.長崎医学会雑誌 82(2):67‐70,2007
  18. 岩切直子,野口 満【特集:こんなときどうする?泌尿器科のこまったケース】7.職場,外出先でCICの回数を控えてしまう.泌尿器ケア 12(10):967‐969,2007
  19. 野口 満:【特集:こんなときどうする?泌尿器科のこまったケース】8.学校でCICの回数を控えてしまう.          泌尿器ケア 12(10):970‐972,2007
  20. 長崎大学医学部・歯学部附属病院:排尿ケアチーム:【Close-Up! Your Try】【高齢者の排尿管理サポートの充実】CIC教育入院,CIC物品宅配サービス.泌尿器ケア 12(10):1001‐1004,2007
  21. 野口 満,金武 洋:【特集:前立腺肥大症診療Update】下部尿路閉塞症状に対するPDF5阻害薬の効果.Urology View 5(6):112‐116,2007
  22. 古賀成彦,金武 洋,内藤誠二,古賀寛史,中川昌之,川原元司,小川由英,菅谷公男,真崎善二郎,魚住二郎,上田昭一,吉田正貴,長田幸夫,蓮井良浩,田中正利,大島一寛,平塚義治,松岡 啓,宮原 茂,野口正典,野村芳雄,三股浩光,松本哲朗,藤本直浩:九州地方における腎血管筋脂肪腫の臨床的検討_第14回九州泌尿器科共同研究_.西日本泌尿器科 69(12):698‐706,2007
  23. 望月保志 錦戸雅春 木原敏晴 野口 満 酒井英樹 金武 洋 坂本一郎:当科における移植腎動脈血栓症の臨床的検討.腎移植・血管外科 19(1):34‐38,2007

[総 説]
  1. 酒井英樹,金武 洋:【特集/泌尿器悪性腫瘍_最新の診断と治療:増加する前立腺がん_診断の実際】前立腺癌の腫瘍マーカー(PSA).臨牀と研究 84(3):315‐319,2007
  2. 酒井英樹:【特集:副腎インシデンタローマの診断と治療】副腎インシデンタローマの手術適応と術前内分泌検査:外科医の立場から.内分泌外科 24(1):18‐22,2007
  3. 松尾 学,野口 満,金武 洋:【特集:排尿ケアケーススタディ】褥瘡患者における排尿管理.泌尿器ケア 12(6):58‐61,2007
  4. 錦戸雅春:免疫抑制法と感染症:その対策_ミコフェノール酸モフェチル_.今日の移植 20(3):284‐287,2007
  5. 野口 満:【特集:日和見感染症】3.臓器移植に伴う日和見感染症.Medical Technology 35(7):688‐691,2007
  6. 井川 掌,金武 洋:【前立腺癌_基礎・臨床研究のアップデート_】Ⅱ.臨床研究:治療 内分泌療法:内分泌療法の実際 LH-RHアゴニスト.日本臨牀 65(増10):438‐441,2007
  7. 酒井英樹:【前立腺癌_基礎・臨床研究のアップデート_】Ⅱ.臨床研究:治療 化学療法:化学内分泌療法.日本臨牀 65(増10):513‐516,2007
  8. 酒井英樹:【特集:前立腺癌予防の可能性】5_還元酵素阻害薬.泌尿器外科 20(12):1501‐1506,2007

[著書およびプロシーディングス]
  1. 古賀成彦,錦戸雅春,野口 満(構造化抄録作成協力者):(日本泌尿器科学会(編):腎癌診療ガイドライン2007年版.金原出版,東京)2007
  2. 宮田康好,酒井英樹,井川 掌,金武 洋:【シンポジウム:前立腺癌ノモグラムと予後因子としてのバイオマーカー】Ⅱ 予後因子としてのバイオマーカー:3.IGFBP-3.第33回尿路悪性腫瘍研究会記録 44‐48,2007
  3. 宮川征男,野俣浩一郎:【講演記録:第95回日本泌尿器科学会総会】教育セミナー30:尿路上皮癌に対するBCG注入療法の最近の話題.泌尿器外科 20(11):1433‐1447,2007
  4. 野口 満:自己導尿・カテーテル管理・排泄用具.(西澤 理(編):よくわかって役に立つ排尿障害のすべて,永井書店,大阪,pp203‐212所収)2007
  5. 江口二朗:【Ⅳ男性不妊症の診断/ルーチン検査】医療面接.(岩本晃明,松田公志(編):男性不妊症の臨床,メジカルビュー社,東京,pp40‐44所収)2007
  6. 酒井英樹:【Ⅴ.男性更年期障害で注意したい泌尿器疾患】D.前立腺癌.(奥山明彦(編):男性更年期障害_LOH症候群_,南山堂,東京,pp206‐212所収)2007
  7. 野口 満:【③薬物療法の知識と管理】〈1〉抗コリン剤.(武田正之(編):やさしい過活動膀胱の自己管理,医薬ジャーナル社,大阪,pp32‐37所収)2007
  8. 井川 掌:【Ⅲ.病棟編】7.陰茎・包皮.(野々村祝夫,鈴木啓悦(編):レジデント・コンパス泌尿器科編,ライフサイエンス,東京,pp171‐177所収)2007

[その他]
  1. 井川 掌,金武 洋:前立腺癌に対する小線源治療(ブラキセラピー)について.朝日新聞 2007年1月1日
  2. 井川 掌:ひろがる小線源治療.長崎新聞 2007年4月2日
  3. 酒井英樹:【高齢化や食生活の欧米化で患者数、死亡者数とも急増。治療法はどう選べばいい?】前立腺癌.毎日新聞 2007年11月27日

[研究成果報告]
  1. 古賀成彦,金武 洋,内藤誠二,中川昌之,小川由英,魚住二郎,上田昭一,蓮井良浩,田中正利,大島一寛,松岡 啓,三股浩光,松本哲朗,林 徳真吉:九州沖縄における腎血管筋脂肪腫の実態調査.平成16年度・17年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書,2007
  2. 金武 洋,酒井英樹,井川 掌,宮田康好:前立腺癌におけるプロスタグランジンE2レセプター(EPレセプター)の臨床的意義.平成16年度・17年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書,2007
  3. 岩本晃明,塚本泰司,奥山明彦,並木幹夫,金武 洋,小松 潔,伊津野孝,兼子 智,石島純夫,末岡 浩,中堀 豊,小林真一,野澤資亜利:日本人男性の生殖機能に関する疫学的調査研究.平成13~15年度厚生労働科学研究費補助金(化学物質リスク研究事業),岩本晃明教授退官記念誌・男性不妊症原因究明への果てなき闘い, pp15‐24,2007
  4. 神田 滋,宮田康好,Thomas E. Smithgall,正野武文:血管内皮細胞特異的シグナル伝達経路の解析と低酸素状態のおよぼす影響の検討_効果的な抗血管新生療法開発のストラテジー_.平成17年度・18年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書,2007