研究活動

研究業績:2008(平成20)年度
欧 文
[原著論文]
  1. Kanda S, Kanetake H, Miyata Y:Long-term exposure of human renal carcinoma cells to PD 98059 induces epithelial-mesenchymal transition-like phenotype and enhanced motility. Mol Cell Biochem 309(1-2):69-76,2008
  2. Hamada T, Hirose R, Kosaka T, Taniguchi K, Noguchi M, Kihara T, Egashira M, Tagawa M, Miura K, Masuzaki H, Tajima Y, Hayashi T, Kanematsu T :Giant cystic meconium pertonitits associated with a cloacal anomaly: case report. J Pediatr Surg 43(3):E21-23,2008
  3. Iwata T, Miyata Y, Kanda S, Nishikido M, Hayashi T, Sakai H, Kanetake H:Lymphangiogenesis and angiogenesis in conventional renal cell carcinoma: Association with vascular endothelial growth factors A to D immunohistochemistry. Urology 71(4):749-754,2008
  4. Miyata Y:Editorial comment on: Diagnostic accuracy of computed tomography-guided percutaneous biopsy of renal masses. Eur Urol 53(5):1011-1012,2008
  5. Shigematsu K, Nakagaki T, Yamaguchi N, Kawai K, Sakai H, Takahara O:Analysis of mRNA expression for steroidogenic enzymes in the remaining adrenal cortices attached to adrenocortical adenomas. Eur J Endocrinol 158(6):867-878,2008
  6. Ryu Y, Kinoshita N, Abe K, Anami M, Eguchi J, Nomata K, Kurobe M, Kanetake H, T Hayashi ;Small cell carcinoma of the ureter with malignant lymphoma: case report and literature review. Acta Med Nagasaki 53(1):29-32,2008 
  7. Ohno Y, Tanaka K, Kanematsu T, Noguchi M, Okada M, Kamitamari A, Hayashi N:Reconstruction of a pelvic floor defect using a pedicled tensor fascia lata flap: a new technique to prevent radiation injury for pediatric patients wit advanced pelvic tumors. J Pediatr Surg 43(5):947-950,2008
  8. Arai Y, Akaza H, Deguchi T, Fujisawa M, Hayashi M, Hirao Y, Kanetake H, Naito S, Namiki M, Tachibana M, Usami M, Ohashi Y :Evaluation of quality of life in patients with previously untreated advanced prostate cancer receiving maximum androgen blockade therapy or LHRHa monotherapy: a multicenter, randomized, double-blind, comarative study. J Cancer Res Clin Oncol 134(12):1385-1396,2008
  9. Naito S, Kuroiwa K, Kinukawa N, Goto K, Koga H, Ogawa O, Murai M, Shiraishi T, CRPC facilitators: Validation of Partin tabels and development of preoperative nomogram for Japanese pateints with clinically localized prostate cancer using 2005 International Society of Urological Pathology consensus on Gleason grading: data from the Clinicopathological Research Group for Localized Prostate Cancer. J Urol 180(3):904-910,2008
  10. Ohyama K, Kishikawa N, Nakagawa H, Kuroda N, Nishikido M, Teshima M, To H, Kitahara T, Sasaki H:Simultaneous determination of mycophenolic acid and its acyl and phenol glucuronide metabolites in human serum by capillary zone electrophoresis. J Pharm Biomed Anal 47(1):201-206,2008 

[アブストラクト]
  1. Sakai H, Igawa T, Kanetake H, Furukawa M, Hayashi M, Sakuragi T, Kusaba Y, Hakariya H:Metabolic changes in androgen deprivation therapy for prostate cancer: Chlormadinone acetate may have a favorable effect on lipid metabolism. Urology 72(Suppl 5A):S 63,2008
  2. Onita T, Sakai H, Igawa T, Kanetake H:Possible role of vertebral veins in the dissemination of prostate cancer: Cluster analysis of metastatic patterns to the skeletal systems with bone scintigrams. Urology 72(Suppl 5A):S127,2008

[著 書]
  1. Kanda S, Miyata Y, Kanetake H:Chapter VIII Non-receptor protein tyrosine kinase Fes as a candidate for anticancer molecular targeting therapy. In Oncogene Proteins: Structure, Functions and Analysis(Murphy PB, Clarke JR eds;Nova Science Publishers, Inc,New York)pp209-221,2008
邦 文
[原著論文]
  1. 計屋知彰,志田洋平,井川 掌,酒井英樹,金武 洋:ホルモン不応性前立腺癌におけるPSA発現調節機構.西日本泌尿器科 70(1):1-5,2008
  2. 酒井英樹,井川 掌,岩永信昭,小森清和,松尾栄之進,松田靜宗,金武 洋:長崎市における前立腺がん検診_PSA単独検診による5年間の成績と問題点.日本がん検診・診断学会誌 15(2):143-147,2008
  3. 山崎安人,酒井英樹,金武 洋:膀胱移行上皮癌におけるメタロチオネイン(MT)の発現とその役割.西日本泌尿器科 70(2):59-66,2008
  4. 酒井英樹:第59回日本泌尿器科学会西日本総会印象記.西日本泌尿器科 70(3):167,2008
  5. 津谷喜一郎,研究協力施設:よりよいインフォームド・コンセント形成支援のための患者アンケート調査_その2 前立腺癌・前立腺肥大症.新薬と臨牀 57(5):591-616,2008
  6. 内藤誠二,研究協力施設:前立腺癌・前立腺肥大症治療薬のインフォームド・コンセント形成に関する一考察_前立腺癌・前立腺肥大症患者アンケート調査結果より.新薬と臨牀 57(5):617-624,2008
  7. 宮田康好,野俣浩一郎,江口二朗,野口 満,酒井英樹,金武 洋:集学的治療後に進行した尿路癌患者に対するゲムシタビンおよびパクリタキセルを含む化学療法の延命効果について.西日本泌尿器科 70(5):257-262,2008
  8. 木原敏晴,野口 満,金武 洋:尿生殖洞遺残で発見されたAntley-Bixler症候群の1例.日本小児泌尿器科学会雑誌 16(2):245-248,2008
  9. 野口 満:にこやか*かわら版:教えてドクター!おねしょ(夜尿症).笑顔イキイキ!健康マガジン 19,2008
  10. 宮田康好,野俣浩一郎,金武 洋:膀胱癌患者において初診時の喫煙状況と予後の関連について.西日本泌尿器科 70(11):565-568,2008
  11. 森 健一,野口 満,畑田鉄平,木原敏晴,東武昇平,高橋 元,松尾 学,金武 洋:【診療の実際】高齢OAB患者におけるトルテロジン内服治療の有効性と認知機能への影響.新薬と臨牀 57(12):1982-1986,2008
  12. 田中正利,桶川隆嗣,酒井英樹,田丸俊三,吉田正貴,今井常夫,小野佳成,植村天受,小松和人,中澤速和,服部良平,松田公志,伊藤直樹,川喜田睦司,繁田正信,三股浩光,寺地敏郎,穎川 晋,川端 岳,近藤幸尋,中川 健,鈴木和雄,江藤正俊,絹川常郎,田邉一成,渡辺竜助,馬場志郎,岩村正嗣,武田正之,永井 敦,宮嶋 哲,原 勲,樋之津史郎,山口直比古,平尾佳彦,筧 善行,東原英二,泌尿器腹腔鏡手術ガイドライン委員会:泌尿器腹腔鏡手術ガイドライン.Jpn J Endourol ESWL 21(1):1-7,2008

[総説およびアブストラクト]
  1. 酒井英樹:【特集:前立腺癌治療後のPSA再発をいかにとらえるか】内分泌療法後のPSA再燃の診断とその問題点.Urology View 6(2):26-31,2008
  2. 酒井英樹:【特集:副腎腫瘍Update】Incidentaloma/Incidentalomaの診断手順:クリニカルパスを含めて.Urology View 6(6):42-46,2008
  3. 田中正利,桶川隆嗣,酒井英樹,田丸俊三,吉田正貴,今井常夫:【特集:副腎腫瘍Update】腹腔鏡下副腎摘除術のガイドライン.Urology View 6(6):110-113,2008
  4. 野口 満:【特集:プライマリケアにおける下部尿路機能障害へのアプローチ】6.下部尿路機能障害を合併しやすい疾患への対策と予防.Progress in Medicine 28(6):1403-1406,2008
  5. 野口 満:【新薬展望2008】【第Ⅲ部治療における最近の新薬の位置付け<薬効別>新薬の広場】排尿障害治療薬.医薬ジャーナル44(S-1):316-321,2008
  6. 野口 満:【特集:泌尿器科外来ベストナビゲーション】【5.腫瘍(外来化学療法)】【癌性疼痛】66.癌性疼痛をきたした患者です。癌性疼痛に対する標準的な薬物療法について教えてください.臨床泌尿器科 62(4):227-229,2008年増刊
  7. 野口 満:【特集:泌尿器科外来ベストナビゲーション】【5.腫瘍(外来化学療法)】【癌性疼痛】67.前立腺癌の腰椎転移により腰痛をきたした患者です。対処と処方について教えてください.臨床泌尿器科 62(4):230-232,2008年増刊
  8. 岩田隆寿,錦戸雅春,福田一絵,丸田 大,松尾朋博,望月保志,金武 洋:献腎移植後に発生した多発性尿路上皮腫瘍の1例.移植 43(4):319-320,2008
  9. 望月保志,錦戸雅春,福田一絵,丸田 大,松尾朋博,金武 洋,松屋福蔵:献腎移植入院時の術前検査で腎癌が発見され移植を断念した1症例.移植 43(4):321,2008
  10. 福田一絵,錦戸雅春,望月保志,酒井英樹,金武 洋,小寺宏平:生体腎移植12年後に妊娠出産した1症例.移植 43(4):321,2008
  11. 内藤誠二,錦戸雅春,大城吉則,江藤正俊,佐藤文憲,南口尚紀:【座談会:進行性腎細胞癌治療】治療の転換期_各種治療の整理_.Pharma Medica 26(8):62-71,2008
  12. 金武 洋,草場泰之,小森清和,酒井英樹:【ブルークローバー・キャンペーン】座談会:長崎市の事例にみる前立腺癌検診のあり方.メディカル朝日 37(9):73-75,2008
  13. 金武 洋:【Short Review】前立腺癌の新しい化学療法.Current Literature Review 15(1):5-8,2008
  14. 酒井英樹,金武 洋:【質疑応答〔泌尿器科〕】前立腺癌ホルモン療法と高血糖.医事新報 4403:94-95,2008

[著 書]
  1. 金武 洋:【泌尿器科疾患】前立腺肥大症(膀胱下「尿道」閉鎖を含む).(山口 徹,北原光夫,福井次矢(編):今日の治療指針2008年版(Volume50)私はこう治療している,医学書院,東京,pp.840-841所収)2008

[研究成果報告書および医師会報]
  1. 酒井英樹(金武 洋,井川 掌,宮田康好):ノックインマウス前立腺癌の遺伝子発現プロファイルに関する研究.平成17年度~18年度科学研究費補助金(基盤研究(C)研究成果報告書 62p,2008(3月)
  2. 井川 掌(宮田康好,酒井英樹,金武 洋):スタチンによるRho-Rhoキナーゼ系調節を介した前立腺癌進展制御機構の解析.平成17年度~18年度科学研究費補助金(基盤研究(C)研究成果報告書 52p,2008(3月)
  3. 宮田康好:長崎大学における腎細胞癌に対する新たな治療標的の模索.長崎市医師会報 42(7):20-24,2008

[その他]
  1. 野口 満:【企画:健康】排尿障害あきらめない―長崎大改善を積極支援.長崎新聞.2008年1月14日
  2. 野口 満:朝香はるなの夜間排尿インタビュー.http://g07.so-netm3.com/taiho/yakan/o4/ 2008年 1月25日
  3. 金武 洋:【癌Experts化学療法】【Genitourinary Cancers Symposium 2008】LH-RHアゴニストとフルタミドの併用が進行前立腺癌に有効であることがわが国のフェーズⅢ試験で確認.日経メディカルオンライン http://medical.nikkeibp.co.jp/ 2008年2月18日
  4. 酒井英樹:【医療シリーズVol.46】増えている前立腺がん~検診から最新の治療まで~.西日本新聞.2008年8月30日
  5. 井川 掌:【医療シリーズVol.47】前立腺がん再燃メカニズムの解明をめざして.西日本新聞.2008年12月27日