研究活動

研究業績:2010(平成22)年度
欧 文
[原 著]
  1. Sagara Y, Miyata Y, Iwata T, Kanda S, Hayashi T, Sakai H, Kanetake H:Clinical significance and prognostic value of S100A4 and matrix metalloproteinase-14 in patients with organ-confined bladder cancer. Exp Ther Med  1(1):27-31,2010
  2. Senba M, Moi N, Wada A, Fujita S, Yasunami M, Irie S, Hayashi T, Igawa T, Kanetake H, Takahara O, Toriyama K: Human papillomavirus genotypes in penile cancers form Japanese patients and HPV-induced NF-κB activation. Oncology Letters 1:267-272,2010
  3. Yokomizo A, Koga H, Shinohara N, Miyahara T, Machida M, Tsukino H, Uozumi J, Nishiyama K, Satoh F, Sakai H, Naito S: Skeletal-related events in urological cancer patients with bone metastasisi: A multicenter study in Japan.  Int J Urol  17(4):332-336,2010
  4. Watanabe S, Miyata Y, Kanda S, Iwata T, Hayashi T, Kanetake H, Sakai H: Expression of X-linked inhibitor of apoptosis protein in human prostate cancer specimens with and without neo-adjuvant hormonal therapy. J Cancer Res Clin Oncol  136(5):787-793,2010
  5. Naito S, Yamamoto N, Takayama T, Muramoto M, Shinohara N, Nishiyama K, Takahashi A, Maruyama R, Saika T, Hoshi S, Nagao K, Yamamoto S, Sugimura I, Uemura H, Koga S, Takahashi M, Ito F, Ozono S, Terachi T, Naito S, Tomita Y: Prognosis of Japanese metastatic renal cell carcinoma patients in the cytokine era: a cooperative groupreport of 1463 patients. Eur Urology  57(2):317- 326,2010
  6. Sagara Y, Miyata Y, Nomata K, Hayashi T, Kanetake H: Green tea polyphenol suppresses tumor invasion and angiogenesis in N-butyl-(-4-hydroxybutyl) nitrosmine-induced bladder cancer. Cancer Epidemiol  34(3):350-354,2010
  7. Maruta S, Miyata Y, Sagara Y, Kanda S, Iwata T, Watanabe S, Sakai H, Hayashi T, Kanetake H: Expression of matrix metalloproteinase-10 in non-metastatic prostate cancer: correlation with an imbalance in cell proliferation and apoptosis. Oncology Letters  1:417-421, 2010
  8. Miyata Y: Editorial comment on: Upregulation of gp91phox subunit of NAD(P)H oxidase contributes to erectile dysfunction caused by long-term nitric oxide inhibition in rats: reversion by regular physical training. Urology 75(4):967, 2010
邦 文
[原 著]
  1. 鹿子木桂,木原敏晴,大仁田亨,井川 掌,金武 洋,酒井英樹:精索原発炎症性偽腫瘍の1例.西日本泌尿器科 72(3):126-129,2010
  2. 望月保志,酒井英樹,錦戸雅春,松屋福蔵,林 幹男:【ワークショップ:腎移植の手技と周術期管理】長期透析患者の献腎移植レシピエント手術手技とピットフォール.西日本泌尿器科 72(4):172-177,2010
  3. 志田洋平,今里祐之,鶴崎俊文,草場泰之:前立腺全摘術後の血清PSA値が偽高値を呈した1例.泌尿器科紀要 56(4):233-235,2010
  4. 錦戸雅春,池田智恵子,岩田隆寿,望月保志,井川 掌,酒井英樹,北村里子,西野友哉:【腎不全外科2010:チーム医療として歩みだすフットケア】血液透析患者における褐色細胞腫に対して腹腔鏡下手術を施行した2例.腎と透析 68(別):119-123,2010
  5. 松尾朋博:小建中湯が有効であったと考えられた小児夜尿症の3例.臨床泌尿器科 64(7):509-511,2010
  6. 古川正隆,計屋知彰,竹原浩介,大仁田亨,平島 定,岩崎昌太郎,斉藤 泰,六倉正英:Stage C前立腺癌に対する内分泌併用放射線療法の治療成績.泌尿器外科 23(8):1149-1151,2010
  7. 松尾朋博:自然消退した陰嚢内腫瘍の1例.泌尿器外科 23(11):1647-1650,2010
  8. 大庭康司郎,吉田 亮:経尿道的ドレナージが有効であった前立腺膿瘍の1例.泌尿器科紀要 56(12):709-711,2010

[総説およびアブストラクト]
  1. 酒井英樹:【Current Organ Topics:Genitourinary Cancer:泌尿器系腫瘍:泌尿器科領域臨床試験のトピックス】Ⅲ.前立腺癌の化学予防.癌と化学療法 37(1):35-38,2010
  2. 井川 掌,酒井英樹:【特集:リスクで考える前立腺癌治療】リスクで考える各種治療法の適応と限界/前立腺全摘除術.Urology View 8(2):33-37,2010
  3. 錦戸雅春:【特集:腎移植】現況と最近の話題.こあら 33:11-15,2010
  4. 横山雅好,錦戸雅春:【ワークショップ:腎移植の手技と周術期管理】司会のことば.西日本泌尿器科 72(4):149-150,2010
  5. 井川 掌:【総説】限局性前立腺癌に対する内分泌療法.西日本泌尿器科 72(2):57-64,2010
  6. 酒井英樹:【綜説】前立腺肥大症の薬物治療―5α還元酵素阻害薬の役割.臨床泌尿器科 64(10):711-718,2010
  7. 赤座英之,酒井英樹,並木幹夫,大園誠一郎:【特集:前立腺がんUp to Date】座談会:前立腺がん分野における新薬開発の現状と問題点.Medico 41(12):425-433,2010

[著 書]
  1. 酒井英樹:【§3.治療 d.薬物療法】Q2 AWSのメカニズムについて教えて下さい.これは必ず確認する必要がありますか?また予後とは関係がありますか?(筧 善行(編):前立腺癌診療 こんなときどうするQ&A,中外医学社,東京,pp182-184所収)2010
  2. 酒井英樹:【実地医家に必須の56疾患】【X.腎・泌尿器疾患】4.前立腺疾患・頻尿.(和田 攻,大久保昭行,矢崎義雄,大内尉義(編):Medical Practice 27(臨時別冊) テーラーメイド治療のための治療薬の選択と使用法ガイドライン,文光堂,東京,pp348-352所収)2010
  3. 望月保志 岩田隆寿 酒井英樹 錦戸雅春 松屋福蔵 林 幹男 竹田昭子:【腎移植症例集2010】心停止下献腎移植の現況:最近の献腎移植には苦労しています.(高橋公太,堀見忠司(編):第43回日本臨床腎移植学会記録集,日本医学館,東京,pp214- 217所収)2010(9月29日)

[その他]
  1. 酒井英樹:前立腺がんは予防できるか?長崎県医師会報 770:52-54,2010
  2. 木原敏晴:【生涯教育シリーズ】原発性膀胱尿管逆流症(VUR)について.長崎市医師会報 44(8):34-37,2010
  3. 兼松隆之,有吉紅也,江口 晋,上平 憲,酒井英樹(共同研究者:錦戸雅春),白阪琢磨,澄川耕二,塚崎邦弘,中尾一彦,安岡 彰,八橋 弘,山下俊一:HIV感染者の末期腎不全に対する腎臓移植の術前評価と体制作り(pp36-37).厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業:血液製剤によるHIV/HCV重複感染患者に対する肝移植のための組織構築 平成21年度総括・分担研究報告書(305p),2010年3月
  4. 宮田康好:【健康テレフォンサービス】早漏でお悩みの方へ.長崎県保険医協会 2010年5月(土・日)
  5. 宮田康好:【悩み解決◎知っておきたい12のこと】排尿障害.長崎新聞 2010年7月23日