学生・研修医の皆さんへ

卒後教育プログラム
はじめに
 近年、医療を取り巻く環境の激変に伴い、より高い医療レベルが求められているのは泌尿器科領域も例外ではありません。特に、超高齢化社会に直面するわが国の医療の中でも泌尿器科関連疾患がさらに増加していくことは想像に難くなく、これらをマネージメントする専門医の育成が極めて重要です。長崎大学泌尿器科においても、一般泌尿器科はもちろん、腎不全・移植、小児、女性泌尿器科など幅広い領域について多くの診療実績を重ねるとともに、各領域の専門医を数多く育成してきました。今後も将来を見据えた、社会の高いニーズに応えることのできる泌尿器科専門医育成を目指しています。本ホームページでは長崎大学泌尿器科卒後教育プログラムの概要を紹介しています。泌尿器科に興味を持つ医学生や臨床研修医の皆さんだけでなく、多くの方々に当科での教育システムを知っていただくとともに、進路決定などの参考になれば幸いです。
長崎大学泌尿器科卒後教育プログラムの目標
1.高い社会のニーズに応えられる泌尿器科医の育成
2.泌尿器科専門医の取得
3.専門医取得後のさらなる技術向上・研鑽
3.泌尿器科指導医取得への準備
4.より細分化された専門領域への特化
プログラム作成にあたっての勘案事項

プログラムの作成にあたり、以下の要件を考慮する必要がありました。中でも日本泌尿器科学会専門医資格取得が最大のポイントになってきます。そこで、他の2つの事項を同時に勘案しつつ、第一の目標をこの専門医取得に置いています。さらにこれ以外にも透析専門医や腎臓専門医など各人の将来展望に応じた教育システムにも配慮してプログラムを作成しています。


(1) 日本泌尿器科学会が出している泌尿器科専門医取得のための規則 症例経験・手術経験・学会報告・論文を確保する。
(2) 長崎大学臨床研修システム、初期臨床研修・後期臨床研修・大学院進学要綱に準拠する。
(3) 現在の医局・ 各関連病院のシステムなどの現状に合わせたものにする。
泌尿器科専門医取得スケジュール
日本泌尿器科学会が示す専門医取得スケジュールは以下のようになっています。

泌尿器科専門医取得スケジュール

専門医試験は筆答(問題数:100題)および口答(面接時間:約20分)で行われますが、年々難易度が高くなる傾向にあります。平成19年度の専門医資格試験は出願者数246名、受験者数244名、合格者数182名、合格率74.6%でした。
長崎大学泌尿器科後期臨床研修・専門医育成プログラムの流れ
下図に当科での卒後プログラムと泌尿器科専門医プログラムの流れをわかりやすいように並列して示します。

長崎大学泌尿器科後期臨床研修・専門医育成プログラムの流れ

研修開始宣言を行う後期臨床研修開始にあたっては、現在、当科関連施設の泌尿器科へは医局人事に基づいて派遣を行っている状況にありますことから、原則として長崎大学泌尿器科への入局をお勧めしています。大学院への入学は卒後2年目から可能ですが、最終的に後期臨床研修終了までに入学の意思決定をしていただいています。(当科での研究内容に関しては当ホームページの別項を参考にしてください。)4年間の研究期間のうち、1年半から2年間は大学でベッドフリーとして研究に専念してもらい、半年から1年間は大学以外の教育担当施設で臨床をしながらの研究となります。
卒後教育プログラム担当病院 (教育担当施設)
下記の条件を満たす病院を教育担当施設としています。

 1. 日本泌尿器科学会が定める基幹教育施設である。
 2. 泌尿器科医3名以上が勤務し、指導医が常勤する病院
 3. 日本泌尿器科学会が定める泌尿器科標準手術が一定のレベルで行われている病院
 4. 透析医療、ESWLなど特徴のある医療が行われている病院

教育担当施設分類

関連病院一覧はこちらをご参照ください。
次に実際の卒後プログラム勤務ローテーションの概要を示します。
勤務ローテーション

* 2年間は原則大学病院。ただし修練医数などの事情により、II・III 群教育
病院をローテーションする場合もあり。この際、施設選択にあたっては各教育担
当病院の体制や各修練医の特性等を考慮した上で決定する。
* * 卒後4年目以降の I、II、III 群病院の選択および順番は入局者数に
基づいて適宜設定可能とする。ただし I 群のみ卒後5‐6年目以降に可能。
施設の選択にあたっては各病院の体制等を考慮した上で決定する。
* * * 大学院入学は卒後2年目から可能(後期臨床研修終了までに入学意
思決定を原則とする)

近い将来、研修制度の見直しや、長崎大学あるいは地域全体での医療事情の変化は十分に予想されますが、常にそれらの変化に対応しながら、質の高い泌尿器科医の育成を目指していきます。そのためには一人でも多くの皆さんが泌尿器科に興味を持っていただくことが必要です。

もう少し詳しく知りたい、ここのところがわかりにくいなど何なりとお尋ねください。
  窓口は 
  泌尿器科医局:095-819-7340  担当:医局長 望月 保志 です。