News & Topics

2020.12.30

論文がアクセプトされました。

Takazono T, Imamura Y, Kawakami K, Yamasaki N, Shimizu H, Usuki K, Kiyohara M, Hirayama T, Tashiro M, Hosogaya N, Saijo T, Yamamoto K, Miyazaki T, Yanagihara K, Izumikawa K, Mukae H. Respir Investig 58:488-494, 2020

Sumiyoshi M, Miyazaki T, Makau JN, Mizuta S, Tanaka Y, Ishikawa T, Makimura K, Hirayama T, Takazono T, Saijo T, Yamaguchi H, Shimamura S, Yamamoto K, Imamura Y, Sakamoto N, Obase Y, Izumikawa K, Yanagihara K, Kohno S, Mukae H: Novel and potent antimicrobial effects of caspofungin on drug-resistant Candida and bacteria. Sci Rep 10(1): 17745, 2020

Hayashi F, Kido T, Sakamoto N, Zaizen Y, Ozasa M, Yokoyama M, Yura H, Hara A, Ishimoto H, Yamaguchi H, Miyazaki T, Obase Y, Ishimatsu Y, Eishi Y, Fukuoka J, Mukae H. Pneumoconiosis with a Sarcoid-Like Reaction Other than Beryllium Exposure: A Case Report and Literature Review. Medicina. 56(11): 630, 2020


2020.12.13

第50回結核・非定型抗酸菌症治療研究会で山本和子先生が「非結核性抗酸菌臨床株のマクロファージ NF-κB 活性誘導能の検討」の演題で発表されました。


2020.11.30

論文がアクセプトされました。

Tanaka Y, Yamamoto K, Fukuda Y, Umemura A, Yoshida M, Ideguchi S, Ashizawa N, Hirayama T, Tashiro M, Takazono T, Imamura Y, Miyazaki T, Izumikawa K, Yanagihara K, Chang B, Mukae H: An adult case of invasive pneumococcal disease due to serotype 12F-specific polysaccharide antibody failure following a 23-valent polysaccharide vaccination. Emerg Microbes Infect. 9:1, 2266-2268, 2020.

Nagayoshi Y, Yamamoto K, Sato S, Suyama N, Izumikawa T, Izumikawa K, Miyazaki T, Izumikawa K, Yanagihara K, Mukae H. Clinical significance of a positive Clostridioides difficile glutamate dehydrogenase test on the outcomes of hospitalized older patients. Geriat Gerontol Int 2020. DOI: 10.1111/ggi.14054

Obase Y, Fukahori S, Kawano T, Iriki J, Sakamoto N, Fukushima C, Mukae H. High efficiency particulate air filter cages may eliminate the inappropriate influences to murine airways from the breeding room air. Journal of Preventive Medicine. 14:40-43, 2020.


2020.11.29

真菌症フォーラム2020学術集会で髙園貴弘先生が「DPCデータベースを用いた非HIV感染患者におけるクリプトコックス脳髄膜炎の予後因子」の演題で発表されました。


2020.11.29

第331回日本内科学会九州地方会で平山達朗先生が「トファシチニブ投与中に肺クリプトコックス症を発症した1例」の演題で発表されました。


2020.11.29

第331回日本内科学会九州地方会で住吉 誠先生が「再発性MRSA肺炎にMDRP肺炎が合併した嚢胞性線維症の1例」の演題で発表されました。


2020.11.14

第61回日本肺癌学会学術集会で本田徳鷹先生が「EGFR 遺伝子変異陽性進行肺癌におけるEGFR-TKI の治療効果に関する後方視的検討」の演題で発表されました。


2020.11.14

第61回日本肺癌学会学術集会で福島光基先生が「PD-L1 高発現進行非小細胞肺癌におけるぺムブロリズマブ単剤と複合免疫療法の効果に関する後方視的検討」の演題で発表されました。


2020.11.14

第61回日本肺癌学会学術集会で行徳 宏先生が「次世代シークエンサーを用いた胸腺上皮系腫瘍の遺伝子異常の解析」の演題で発表されました。


2020.11.14

第61回日本肺癌学会学術集会で福田 実先生が「アムルビシン単剤療法における G-CSF 一次予防的投与の必要性」の演題で発表されました。


2020.11.07

第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会西日本支部総会で田代将人先生が「国外の新型コロナウイルス感染症流行地域からの帰国者宿泊施設における感染対策活動報告(千葉県柏市財務省税関研修所別館)」の演題で発表されました。


2020.11.06

第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会西日本支部総会で北御門 孝先生が「Mycobacterium intracellulare による骨軟部組織感染症を繰り返した抗 IFN-γ 抗体陽性自己免疫疾患の一例」の演題で発表されました。


2020.11.06

第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会西日本支部総会で古賀 哲先生が「口腔内揮発性硫黄化合物の測定による認知症患者の口腔ケア及び肺炎発症リスク評価に対する有用性評価」の演題で発表されました。


2020.11.06

第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会西日本支部総会で井手口周平先生が「非 HIV 患者に合併したニューモシスチス肺炎の診断における MK 法 β-D glucan の有用性の検討」の演題で発表されました。


2020.11.06

第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会西日本支部総会で福島光基先生が「複視を初発症状とした Lemiere 症候群の一例」の演題で発表されました。


2020.11.06

第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会西日本支部総会で太田賢治先生が「COVID-19 患者から採取された唾液検体と鼻咽頭拭い液検体による SARS-CoV-2 検出(qRT-PCR 法)の比較検討」の演題で発表されました。


2020.11.06

第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会西日本支部総会で太田賢治先生が「多剤耐性 P. aeruginosa と A. baumannii による VAP マウスモデルに対する新規注射用抗菌薬セフィデロコルの有効性評価」の演題で発表されました。


2020.11.06

第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会西日本支部総会で迎 寛先生が「新型コロナウイルス感染症を念頭においた呼吸器感染症診療」の演題で発表されました。


2020.11.05

第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第68回日本化学療法学会西日本支部総会で太田賢治先生が「膿腎症と鑑別を有した腎尿路結核の1例」の演題で発表されました。


2020.10.30

第85回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会で福島光基先生が「クライオバイオプシーで診断した剥離性間質性肺炎の1例」の演題で発表されました。


2020.10.30

第85回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会で北御門 孝先生が「骨サルコイドーシスの一例」の演題で発表されました。


2020.10.30

第85回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会で山口博之先生が「肺癌分子標的治療薬の耐性獲得とその克服」の演題で発表されました。


2020.10.30

第85回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会で山口 博之先生が「シムポジウム2 肺癌ゲノム医療と複合免疫療法の新展開 「肺癌分子標的治療薬の耐性獲得とその克服」」の演題で発表されました。


2020.10.30

論文がアクセプトされました。

Ota Y, Kitamura M, Tsuji K, Torigoe K, Yamashita A, Abe S, Muta K, Uramatsu T, Obata Y, Furutani J, Takashima M, Mukae H, Nishino T. Risk reduction for end-stage renal disease by dietary guidance using the gustatory threshold test for salty taste. Nutrients 2020; 12(9):2703.

Kitamura M, Hidaka M, Muta K, Miuma S, Miyaaki H, Takatsuki M, Nakao K, Eguchi S, Mukae H, Nishino T. Prediction of Liver Prognosis from Pre-Transplant Renal Function Adjusted by Diuretics and Urinary Abnormalities in Adult-to-Adult Living Donor Liver Transplantation. Ann Transplnant 2020; 25:e924805.

Yoshida M, Tashiro M, Nishi K, Mishima M, Kawano K, Takazono T, Saijo T, Yamamoto K, Imamura Y, Miyazaki T, Kudo T, Yanagihara K, Mukae H, Izumikawa K. Detection of invasive pulmonary aspergillosis in mice using lung perfusion single-photon emission computed tomography with [99mTc]MAA. Med Mycol 2020;58(7):965-972.

Ashizawa N, Miyazaki T, Abe S, Takazono T, Saijo T, Obata Y, Shimamura S, Yamamoto K, Imamura Y, Koji T, Nishino T, Izumikawa K, Yanagihara K, Kohno S, Mukae H: Evaluation of Candida peritonitis with underlying peritoneal fibrosis and efficacy of micafungin in murine models of intra-abdominal candidiasis. Sci Rep 9 (1): 9331, 2019

Wang R, Yamada T, Kita K, Taniguchi H, Arai S, Fukuda K, Terashima M, Ishimura A, Nishiyama A, Tanimoto A, Takeuchi S, Ohtsubo K, Yamashita K, Yamano T, Yoshimura A, Takayama K, Kaira K, Taniguchi Y, Atagi S, Uehara H, Hanayama R, Matsumoto I, Han X, Matsumoto K, Wang W, Suzuki T, Yano S. Transient IGF-1R inhibition combined with osimertinib eradicates AXL-low expressing EGFR mutated lung cancer. Nat Commun. 11(1):4607, 2020


2020.10.22

第58回日本癌治療学会学術集会で福田 実先生が「長崎における切除不能進行大腸癌に対するTFTD±Bevacizumabの有用性の検討」の演題で発表されました。


2020.10.22

Kidney Week 2020で井上 大先生が「Mitochonic Acid 5 Alleviates Chlorhexidine Gluconate-Induced Peritoneal Fibrosis in Mice」の演題で発表されました。


2020.10.22

Kidney Week 2020で牟田久美子先生が「Am80, a Synthetic Retinoic Acid Receptor α-Specific Agonist, Suppresses Peritoneal Fibrosis via Inhibition of Krüppel-Like Transcription Factor 5 in Mice」の演題で発表されました。


2020.10.22

第58回日本癌治療学会学術集会で福田 実先生が「呼吸器系胸部腫瘍に対する外来化学療法の動向」の演題で発表されました。


2020.10.20

第69回日本アレルギー学会学術集会で尾長谷 靖先生が「ダニ感作喘息マウスモデルの気道炎症における喘息発症時PM2.5曝露の影響」の演題で発表されました。


2020.10.20

第69回日本アレルギー学会学術集会で深堀 範先生が「骨髄系樹状細胞のTLR2レセプター発現を調整することによる獲得免疫応答の調節」の演題で発表されました。


2020.10.16

第50回 日本腎臓学会西部学術大会で桑野克久先生が「魚骨の穿通により腸腰筋膿瘍を生じた透析患者の一例」の演題で発表されました。


2020.10.07

第24回日本がん免疫学会総会で道津洋介先生が「NF-kBシグナリングを介して腫瘍抗原直接認識能を向上する低分子化合物は腫瘍抗原特異的T細胞輸注療法の効果を増強する」の演題で発表されました。


2020.10.06

第24回日本がん分子標的治療学会学術集会で道津洋介先生が「NF-kBシグナリングを介して腫瘍抗原直接認識能を向上する低分子化合物は腫瘍抗原特異的T細胞輸注療法の効果を増強する」の演題で発表されました。


2020.09.30

論文がアクセプトされました。

Yamamoto K, Ando K, Tanaka M, Yura H, Sakamoto N, Zaizen Y, Ashizawa K, Fukuoka J, Miyazaki Y, Mukae H. Chest Imaging and Pathology for Clinicians. A 71-year-old man with dyspnea and cough during chemotherapy. Chest 157:e165-e171, 2020

Adachi M, Kitamura M, Muta K, Maekawa A, Uramatsu T, Tadokoro M, Funakoshi S, Hisano S, Kuwahara N, Shimizu A, Mukae H, Nisino T: IgM Monoclonal Gammopathy With Heavy-And-Light-Chain Amyloidosis Resembling Fibrillary Glomerulonephritis Determined by Tandem Mass Spectrometry: A Case Report. BMC nephrol 24(1): 195, 2020

Ito Y, Miyazaki T, Tanaka Y, Suematsu T, Nakayama H, Morita A, Hirayama T, Tashiro M, Takazono T, Saijo T, Shimamura S, Yamamoto K, Imamura Y, Izumikawa K, Yanagihara K, Kohno S, Mukae H: Roles of Elm1 in antifungal susceptibility and virulence in Candida glabrata. Sci Rep 10(1): 9789, 2020

Akagi K, Yamamoto K, Umemura A, Ide S, Hirayama T, Takazono T, Imamura Y, Miyazaki T, Sakamoto N, Shiraishi H, Takahara H, Zaizen Y, Fukuoka J, Morikawa M, Ashizawa K, Teruya K, Izumikawa K, Mukae H: Human immunodeficiency virus-associated vacuolar encephalomyelopathy with granulomatous-lymphocytic interstitial lung disease improved after antiretroviral therapy: a case report. AIDS Res Ther 17(1): 38, 2020

Ikeda T, Takemoto S, Senju H, Gyotoku H, Taniguchi H, Shimada M, Dotsu Y, Umeyama Y, Tomono H, Kitazaki T, Fukuda M, Soda H, Yamaguchi H, Fukuda M, Mukae H: Amrubicin in previously treated patients with malignant pleural mesothelioma: a phase II study. Thoracic cancer 11(7), 1972-1978, 2020

Tsuji K, Kitamura M, Muta K, Mochizuk Y, Mori T, Sohara S, Uchida S, Sakai H, Mukae H, Nishino T: Transplantation of a kidney with a heterozygous mutation in the SLC22A12 (URAT1) gene causing renal hypouricemia: a case report. BMC Nephrol 21(1): 282, 2020

Okuno D, Sugiura Y, Sakamoto N, Mohammed SOT, Iwasaki M, Noda S, Tamura A, Senju H, Umeyama Y, Yamaguchi H, Suematsu M, Morita CT, Tanaka Y, Mukae H: Comparison of a novel bisphosphonate prodrug and zoledronic acid in the induction of cytotoxicity in human Vγ2Vδ2 T cells. Front Immunol 11: 1405, 2020

Miyamura T, Sakamoto N, Kakugawa T, Taniguchi H, Akiyama Y, Okuno D, Moriyama S, Hara A, Kido T, Ishimoto H, Yamaguchi H, Miyazaki T, Obase Y, Ishimatsu Y, Tanaka Y, Mukae H: Small molecule inhibitor of HSP47 prevents pro-fibrotic mechanisms of fibroblasts in vitro. Biochem Biophys Res Commun 530(3):561-565, 2020

Miyamura T, Sakamoto N, Ishida K, Kakugawa T, Taniguchi H, Akiyama Y, Okuno D, Hara A, Kido T, Ishimoto, H, Miyazaki T, Matsumoto K, Tsuchiya T, Yamaguchi H, Miyazaki T, Obase. Y, Ishimatsu Y, Nagayasu T, Mukae H. Presence of heat shock protein 47-positive fibroblasts in cancer stroma is associated with increased risk of postoperative recurrence in patients with lung cancer. Respir Res. 2020 Sep 14;21(1):234.

Takazono T, Tashiro M, Ota Y, Obata Y, Wakamura T, Miyazaki T, Nishino T, Izumikawa K. Factor analysis of acute kidney injury in patients administered liposomal amphotericin B in a real-world clinical setting in Japan. Sci Rep. 2020 Sep 14;10(1):15033.


2020.09.20

第60回日本呼吸器学会学術講演会で須山隆之先生が「当院における気管支鏡後の肺化膿症・膿胸症例の検討」の演題で発表されました。


2020.09.20

第60回日本呼吸器学会学術講演会で福田 実先生が「呼吸器疾患に対する外来化学療法の現状」の演題で発表されました。


2020.08.21

第94回日本感染症学会総会・学術講演会で井手口周平先生が「非 HIV 患者に合併したニューモシスチス肺炎の診断における MK 法での β-D glucan の有用性の検討とカットオフ値の設定」の演題で発表されました。


2020.08.21

第94回日本感染症学会総会で山本和子先生がシンポジウム49「活躍する女性感染症医ー次世代へのメッセージ」の演題で発表されました。


2020.08.21

第94回日本感染症学会総会で宮崎泰可先生がシンポジウム59「糸状真菌症診断のピットフォールと新たな展開」遺伝子診断法の現状と今後の展望」の演題で発表されました。


2020.08.20

第26回 日本腹膜透析医学会学術集会・総会で戸村秀志先生が「直腸内への迷入を認めた腹膜透析カテーテル位置異常の一例」の演題で発表されました。


2020.08.19

第26回 日本腹膜透析医学会学術集会・総会で鳥越健太先生が「腹膜透析患者の残腎機能低下予測における尿L-FABPの有効性」の演題で発表されました。


2020.08.19

第63回 日本腎臓学会学術総会で井上 大先生が「Mitochonic Acid 5 (MA-5) はCG誘発性マウス腹膜線維化を抑制する」の演題で発表されました。


2020.08.19

第63回 日本腎臓学会学術総会で太田祐樹先生が「医療情報データベースを用いたアムホテリシンBリポソーム製剤による低K血症と腎障害の関連評価」の演題で発表されました。


2020.08.19

第63回 日本腎臓学会学術総会で太田祐樹先生が「医療情報データベースを用いたアムホテリシンBリポソーム製剤開始後の腎障害の回復に寄与する因子の検討」の演題で発表されました。


2020.08.19

第63回 日本腎臓学会学術総会で太田祐樹先生が「食塩味覚閾値評価を含む慢性腎臓病教育入院の効果」の演題で発表されました。


2020.08.19

第63回 日本腎臓学会学術総会で鳥越健太先生が「より良いPDカテーテル挿入を目指した泌尿器科医・腎臓内科医の協働」の演題で発表されました。


2020.08.19

第94回日本感染症学会総会で宮崎泰可先生が「イブニングシンポジウム3「グラム陰性菌感染症治療における新たな選択肢」呼吸器感染症治療における新たなトピックス」の演題で発表されました。


2020.08.17

第64回日本リウマチ学会総会・学術集会で山本和子先生が「International Concurrent Workshop 4. Pneumonia in patients with rheumatoid arthritis: impact of microbial airway colonisation」の演題で発表されました。


2020.06.29

論文がアクセプトされました。

Yamamoto K, Ando K, Tanaka M, Yura H, Sakamoto N, Zaizen Y, Ashizawa K, Fukuoka J, Miyazaki Y, Mukae H. Chest Imaging and Pathology for Clinicians. A 71-year-old man with dyspnea and cough during chemotherapy. Chest 157:e165-e171, 2020


2020.06.26

山本和子先生が三浦記念リウマチ学術研究賞を受賞されました。


2020.06.26

第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会で竹本真之輔先生が「長崎大学病院呼吸器内科での肺悪性腫瘍症例の経気管支生検における腫瘍組織含有検体の割合に関する検討」の演題で発表されました。


2020.06.26

第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会で城戸貴志先生が「サルコイドーシス患者における気管支肺胞洗浄液中の電子顕微鏡を用いた粉塵元素解析」」の演題で発表されました。


2020.06.26

第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会で迎 寛先生が「超高齢社会の呼吸器疾患―肺炎を中心に―」の演題で発表されました。


2020.06.09

57th ERA-EDTA Congressで井上 大先生が「MITOCHONIC ACID 5 (MA-5) AMELIORATES CG-INDUCED PERITONEAL FIBROSIS IN MICE」の演題で発表されました。


2020.06.09

57th ERA-EDTA Congressで牟田久美子先生が「AN INIHIBITOR OF KRUPPEL-LIKE FACTOR 5 SUPPRESSES PERITONEAL FIBROSIS IN MICE」の演題で発表されました。


2020.05.28

深堀 範先生が、令和2年度長崎医学同窓会医学研究助成金の受賞をされました。


2020.05.28

論文がアクセプトされました。

Gyotoku H, Yamaguchi H, Ishimoto H, Sato S, Taniguchi H, Senju H, Kakugawa T, Nakatomi K, Sakamoto N, Fukuda M, Obase Y, Soda H, Ashizawa K, Mukae H: Prediction of Anti-Cancer Drug-Induced Pneumonia in Lung Cancer Patients: Novel High-Resolution Computed Tomography Fibrosis Scoring. J Clin Med 9(4): E1045, 2020

Nakada-Motokawa N, Miyazaki T, Mizuta S, Tanaka Y, Hirayama T, Takazono T, Saijo T, Yamamoto K, Imamura Y, Izumikawa K, Yanagihara K, Makimura K, Takeda K, Kohno S, Mukae H: Poor oral hygiene is associated with the detection of obligate anaerobes in pneumonia. J Periodontol 91(1): 65-73, 2020

Miyazaki T, Yanagihara K, Kakeya H, Izumikawa K, Mukae H, Shindo Y, Yamamoto Y, Tateda K, Tomono K, Ishida T, Hasegawa Y, Niki Y, Watanabe A, Soma K, Kohno S: Daily practice and prognostic factors for pneumonia caused by methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Japan: A multicenter prospective observational cohort study. J Infect Chemoth 26(29): 242-251, 2020

Takemoto S, Fukuda M, Yamaguchi H, Ikeda T, Akagi K, Tomono H, Umeyama Y, Dotsu Y, Taniguchi H, Gyotoku H, Senju H, Kitazaki T, Nakatomi K, Nagashima S, Fukuda M, Kinoshita A, Soda H, MuKae H: Phase II study of ramucirumab and docetaxel for previously treated non-small cell lung cancer patients with malignant pleural effusion: Protocol of PLEURAM study. Thorac Cancer 11(2): 389-393, 2020

Tashiro M, Takazono T, Saijo T, Yamamoto K, Imamura Y, Miyazaki T, Kakeya H, Ando T, Ogawa K, Kishi K, Tokimatsu I, Hayashi Y, Fujiuchi S, Yanagihara K, Miyazaki Y, Ichihara K, Mukae H, Kohno S, Izumikawa K: Selection of oral antifungals for initial maintenance therapy in chronic pulmonary aspergillosis: a longitudinal analysis. Clin Infect Dis 70(5): 835-842, 2020

Hirayama T, Miyazaki T, Ito Y, Wakayama M, Shibuya K, Yamashita K, Takazono T, Saijo T, Shimamura S, Yamamoto K, Imamura Y, Izumikawa K, Yanagihara K, Kohno S, Mukae H: Virulence assessment of six major pathogenic Candida species in the mouse model of invasive candidiasis caused by fungal translocation. Sci Rep 10(1): 3814, 2020

Akagi K, Miyazaki T, Oshima K, Umemura A, Shimada S, Morita K, Senju H, Tashiro M, Takazono T, Saijo T, Kurihara S, Sekino M Yamamoto K, Imamura Y, Izumikawa K, Yanagihara K, Uda A, Morikawa S, Yoshikawa K, Kurosu T, Shimojima M, Saijo M, Mukae H: Detection of viral RNA in diverse body fluids in an SFTS patient with encephalopathy, gastrointestinal bleeding and pneumonia: a case report and literature review. BMC Infect Dis 15(20): 281, 2020

Torigoe K, Obata Y, Torigoe M, Oka S, Yamamoto K, Koji T, Ueda H, Mukae H, Nishino T: Hexapeptide derived from prothymosin alpha attenuates cisplatin-induced acute kidney injury. Clin Exp Nephrol 24(5): 411-419, 2020

Kitamura M, Tateishi Y, Sato S, Ota Y, Muta K, Uramatsu T, Izumo T, Mochizuki Y, Harada T, Funakoshi S, Matsuo T, Tsujino A, Sakai H, Mukae H, Nishino T: Lower serum calcium and pre-onset blood pressure elevation in cerebral hemorrhage patients undergoing hemodialysis. Clin Exp Nephrol 24(5): 465-473, 2020

Takazono T, Imamura Y, Kitamura M, Furugen R, Hirayama T, Tashiro M, Saijo T, Yamamoto K, Miyazaki T, Saito T, Izumikawa K, Yanagihara K, Mukae H: Evaluation of endobronchial volatile sulfur compounds for rapid diagnosis of lung abscess caused by obligate anaerobes using Oral Chroma™: A pilot study. Respir Investig 58(3): 212-215, 2020


2020.05.28

井手口周平先生が、第116回日本内科学会講演会において発表した「下気道微生物と関節リウマチの疾患活動性との関連性の検討」という演題で内科学会奨励賞を受賞されました。


2020.04.12

第26回 日本腹膜透析医学会学術集会・総会で鳥越健太先生が「腹膜透析患者の残腎機能低下予測における尿L-FABPの有効性」の演題で発表されました。


2020.04.10

第116回日本内科学会総会で梅山泰裕先生が「免疫チェックポイント阻害薬投与後に甲状腺機能障害を認めた症例の後方視的検討」の演題で発表されました。


2020.03.14

第84回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 九州支部 春季学術講演会で千住博明先生が「多発性内分泌腺腫Ⅰ型(MENI)合併胸腺カルチノイドの1例」の演題で発表されました。


2020.03.14

第84回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 九州支部 春季学術講演会で坂本憲穂先生が「早期特発性肺線維症患者に対するニンテダニブ投与の安全性と忍容性に関する解析」の演題で発表されました。


2020.03.14

第84回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 九州支部 春季学術講演会で石本裕士先生が「長崎大学病院における脳死肺移植レシピエント登録時期の検討」の演題で発表されました。


2020.03.14

第84回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 九州支部 春季学術講演会で本田徳鷹先生が「ぺムブロリズマブ/プラチナ併用療法後に多彩な免疫学的有害事象を来した一例」の演題で発表されました。


2020.03.14

第84回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 九州支部 春季学術講演会で永江由香先生が「TNF-α阻害薬による薬剤誘発性 Bronchocentric granulomatosis を来した一症例」の演題で発表されました。


2020.03.14

第84回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 九州支部 春季学術講演会で石本裕士先生が「長崎大学病院における脳死肺移植レシピエント登録時期の検討」の演題で発表されました。


2020.03.14

第84回日本呼吸器学会・日本結核 非結核性抗酸菌症学会 九州支部 春季学術講演会で坂本憲穂先生が「早期特発性肺線維症患者に対するニンテダニブ投与の安全性と忍容性に関する解析」の演題で発表されました。


2020.03.07

第30回日本老年医学会九州地方会で道津洋介先生が「当科における高齢進行非小細胞肺癌患者に対する免疫チェックポイント阻害剤とプラチナ製剤併用療法の使用経験」の演題で発表されました。


2020.02.22

第60回日本肺癌学会九州支部学術集会、第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で須山隆之先生が「ペムブロリズマブ/プラチナ併用療法後の維持療法中に腎障害を来し腎生検を行った一例」の演題で発表されました。


2020.02.22

第60回日本肺癌学会九州支部学術集会・第43回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で宮下律子先生が「器質化像を呈し,ステロイドが有効であった石綿肺の一例」の演題で発表されました。


2020.02.22

第60回日本肺癌学会九州支部学術集会、第43回日本呼吸器内視鏡学会九州支部会で小出容平先生が「気管支鏡所見より診断できた侵襲性気管支アスペルギルス症の一例」の演題で発表されました。


2020.02.02

第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会で迎 寛先生が「肺炎診断における新たな知見とその治療への応用」の演題で発表されました。


1 2 3 4