News & Topics

2021.03.31

論文がアクセプトされました。

Sakamoto S, Kataoka K, Kondo Y, Kato M,Okamoto M, Mukae H, Bando M, Suda T, Yatera K, Tanino Y, Kishaba T, Hattori N, Taguchi Y, Saitoh T, Nishioka Y, Kuwano K, Kishi K, Inase N, Sasaki S, Takizawa H, Johkoh T, Sakai F, Homma S; Diffuse Lung Diseases Research Group of the Ministry of Health, Labour and Welfare, Japan: Pirfenidone plus inhaled N-acetylcysteine for idiopathic pulmonary fibrosis: a randomized trial. Eur Respir J 57(1), 2000348, 2021


2021.02.28

論文がアクセプトされました。

Dotsu Y, Fukuda M, Honda N, Gyotoku H, Kohno Y, Suyama T, Umeyama Y, Taniguchi H, Takemoto S, Yamaguchi H, Miyazaki T, Sakamoto N, Obase Y, Ikeda H, Ashizawa K, Mukae H. Dabrafenib and Trametinib therapy in an elderly patient with non-small cell lung cancer harboring the BRAF V600E mutation. Thorac Cancer. 12(2):272-276, 2020.

Fukahori S, Kawano S, Obase Y, Iriki J, Tsuchida-Yabe T, Tomari S, Fukushima C, Matsuse H, Mukae H: Comparison of 12-Week Additional Effect Features of Formoterol Co-Inhalation and Tulobuterol Patch on Budesonide Inhalation in Elderly Patients With Asthma. Allergy Rhinol 11: 2152700000000000, 2020

Okuno D, Kido T, Muramatsu K, Tokutsu K, Moriyama S, Miyamura T, Hara A, Ishimoto H, Yamaguchi H, Miyazaki T, Sakamoto N, Obase Y, Ishimatsu Y, Fujino Y, Yatera K, Matsuda S, Mukae H. Impact of Corticosteroid Administration within 7 Days of the Hospitalization for Influenza Pneumonia with Respiratory Failure: A Propensity Score Analysis Using a Nationwide Administrative Database. J Clin Med 10(3):494, 2021.

Hirayama T, Miyazaki T, Sumiyoshi M, Ashizawa N, Takazno T, Yamamoto K, Imamura Y, Izumikawa K, Yanagihara K, Kohno S, Mukae H: ERG3-Encoding Sterol C5,6-DESATURASE in Candida albicans Is Required for Virulence in an Enterically Infected Invasive Candidiasis Mouse Model. Pathogens 10(1): 23, 2021


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で竹本真之輔先生が「希少なドライバー遺伝子肺癌診療の実際と問題点」の演題で発表されました。


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で山口博之先生が「第3世代EGFR阻害剤オシメルチニブの実力~OCEAN試験の結果もふまえて~」の演題で発表されました。


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で福田 実先生が「呼吸器系悪性疾患に対する外来薬物療法の動向」の演題で発表されました。


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で梅山泰裕先生が「25年間で長崎県内の呼吸器内科が経験した気道異物37例の検討」の演題で発表されました。


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で矢田秀雄先生が「ぺムブロリズマブによる薬剤性肺炎治療中にサイトメガロウイルス肺炎を発症した肺癌の一例」の演題で発表されました。


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で福島光基先生が「特発性肺ヘモシデローシスの一例」の演題で発表されました。


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で福田 実先生が「呼吸器系悪性疾患に対する外来薬物療法の動向」の演題で発表されました。


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で梅山泰裕先生が「25年間で長崎県内の呼吸器内科が経験した気道異物37例の検討」の演題で発表されました。


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で石本裕士先生が「クライオ生検と Web MDD が診断に有用であった慢性住居関連過敏性肺炎の一例」の演題で発表されました。


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で池谷千章先生が「気管支肺胞洗浄が診断に寄与した成人T細胞白血病・リンパ腫の一例」の演題で発表されました。


2021.02.27

第61回日本肺癌学会九州支部学術集会/第44回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会で矢田秀雄先生が「ペムブロリズマブによる薬剤性肺炎治療中にサイトメガロウィルス肺炎を発症した肺癌の1例」の演題で発表されました。


2021.02.18

2021 the Japanese Society of Medical Oncology Annual Meetingで梅山 泰裕先生が「当院で経験したBRAF陽性非小細胞肺癌の3例」の演題で発表されました。


2021.02.18

2021 the Japanese Society of Medical Oncology Annual Meetingで福田 実先生が「Trends in outpatient drug therapy for thoracic oncology」の演題で発表されました。


2021.02.18

2021 the Japanese Society of Medical Oncology Annual Meetingで行徳宏先生が「非小細胞肺がん患者におけるペメトレキセド後のS1についての治療効果の後方視的多施設共同研究」の演題で発表されました。


2021.02.06

第40回日本胸腺研究会で福田 実先生が「局所進行胸腺癌に対するS-1とシスプラチンによる化学放射線同時併用療法の第2相試験(LOGIK1605/JART1501)」の演題で発表されました。


2021.01.31

論文がアクセプトされました。

Torigoe K, uta K, Tsuji K, Yamashita A, Ota Y, Kitamura M, Mukae H, Nishino T. Urinary liver-type fatty acid-binding protein predicts residual renal function decline in peritoneal dialysis patients. Med Sci Monit 26: e928236, 2020


2021.01.29

山本和子先生の研究がAMEDの日米共同研究に採択されました。


2021.01.09

第332回日本内科学会九州地方会で道津洋介先生が「高齢者 BRAF V600E 遺伝子変異陽性肺癌に対する Dabrafenib+Trametinib 併用療法症例の検討」の演題で発表されました。


2021.01.09

第332回日本内科学会九州地方会で森本美智先生が「ネフローゼにより短期間で致死的経過を辿った腎アミロイドーシスの1例」の演題で発表されました。


2021.01.09

第332回日本内科学会九州地方会で鷲峯紀人先生が「シクロフォスファミドパルス療法が奏効した半月体を伴うIgA腎症の1例」の演題で発表されました。


1 2 3 4 5