医学部長メッセージ

  長崎大学医学部長:前村 浩二
長崎大学医学部長 前村 浩二
   長崎大学医学部は、1857年にオランダ国軍医ポンペ・ファン・メールデルフォールトが長崎奉行所西役所医学伝習所において、松本良順やその弟子達に近代西洋医学教育を開始したのをもって開学としています。その後1861年には西洋式の病院である小島養生所が開設され、ベッドサイドでの医学教育が始まっています。不幸にして1945年には原爆により医学部は壊滅的な打撃を受けましたが、多くの先人の献身的努力により、復興を遂げました。
   本学はポンペの言葉「医師は自らの天職をよく承知していなければならぬ。ひとたびこの職務を選んだ以上、もはや医師は自分自身のものではなく、病める人のものである。もしそれを好まぬなら,他の職業を選ぶがよい」を建学の基本理念とし、深い医学知識と豊かな創造性、高い倫理観を身につけた医師及び医学者を育成することを目標としています。医学部には医学科と保健学科があり、保健学科には看護学、理学療法学、作業療法学の3つの専攻があり、これまで多くの優秀な医療人が輩出し、医学、医療の発展に貢献しています。
   医学教育はグローバルに活躍できる人材を育成できるよう、現在大きく変わろうとしています。医学科ではいち早くカリキュラム改革に取り組み、2017年に日本医学教育評価機構による医学教育分野別評価を受審し、基準に適合していることが認証されました。シーボルトにゆかりのあるビュルツブルク大学、ライデン大学を始め、UAE大学、シンガポール大学など多くの海外の大学と協定を結び、リサーチセミナーや病院実習で学生レベルの交流が盛んに行われています。一方、本学は離島の多い長崎県の医療を守る機能も果たしており、離島実習や地域包括ケア実習を通じて、地域医療を担う医師、看護師など医療スタッフの人材育成も行っています。
   現在、医療は超高齢化社会への対応、AI、医療ロボット、再生医療などの導入、外国人患者の増加など大きく変わろうとしています。本学には西洋医学発祥の地の伝統を受け継ぎ、教育に熱意あふれる指導陣が揃っており、このように変化しつつある未来の医学、医療を担う人材を育成することがミッションだと思っています。意欲あふれる学生諸君と一緒に学ぶこと楽しみにしています。