本文へスキップ

長崎大学 先導生命科学研究支援センター

ご意見・ご要望・お問い合わせはgrc@ml.nagasaki-u.ac.jp

〒852-8523 長崎県長崎市坂本1-12-4

お知らせ

先導生命科学研究支援センターより

平素より先導生命科学研究支援センターをご利用頂きありがとうございます。
当センターでは平成19年度より、マウス配偶子凍結保存、マウス初期胚移送及び
移植、遺伝子組換えマウスの作製支援業務を受け付けています。
つきましては上記内容をご希望の方は遺伝子実験施設・木住野(kishino@)または
動物実験施設・大沢(kohsawa@)まで連絡下さい。
(詳細(費用、検体保存方法等)は未定ですが必要に応じて対応したいと考えております。)

共同機器について

  • Miseqをご利用の皆様へ
    Miseqのバージョンが変わり、Run後のwash液が変更になりました。
    Post-run washの際に、スクリーンにperform optional template line washが表示されますので、
    必ずチェックを入れて下さい。
     ※optional washとは、次亜塩素酸溶液を含む液でwashすることで、試料間でのコンタミを防ぎますので、
    必ず行って下さい。

    なお、Miseqウォッシュカートリッジ、Tween20溶液、次亜塩素酸ナトリウム溶液は機器周辺に
    置いてありますのでご利用下さい。
    Miseq v3 試薬キットの使用にともなうソフトウェアのアップデートは完了しております。
    なお、アップデート後もMiseq v2 試薬キットはお使いいただけます。
    現在、Miseqの主電源を切っております。
     稼働の準備に半日ほどかかりますので、ご使用の際は機器予約前に施設受付に電話(内線:7190)
     またはメール(grc@ml.nagasaki-u.ac.jp)にてご連絡ください。
     ご使用の連絡がございましたら、Miseq稼働の準備をいたします。
  • ABI3130xlをご利用の皆様へ
    ABI3130xlのキャピラリーが36cmから50cmへ変更になりました。
    ABI 3130xl sequencing analysis Plate Editorの設定も変更となります。詳しくはこちら
  • セルソーター(FACS AriaU)をご使用の皆様へ
    ご利用前にご使用予定分のシース液をシースタンクに充填し、ご利用後は廃液タンクの総重量を使用簿に記載してください。
    FACS AriaUのクローズドノズルはOリング付きに変更になりました。
    使用終了時にクローズドノズルに装着しているOリングははずさないようお願いいたします。
    平成28年度よりFACSAriaIIのスタートアップ及びシャットダウンの方法が変更になっておりますので、 ご注意ください。詳しくはこちら
  • FACScaliburをご使用の皆様へ
    これまで明確な取り決めをしておりませんでしたが、今後は以下のように取り決めますので、
    ご協力お願いします。
    1)廃液は全て次亜塩素酸ナトリウム処理してから廃棄下さい。
     (次亜塩素酸ナトリウムはFACSAriaの台の下に用意してありますので自由にお使い下さい)
    2)病原性の強いと思われる廃液処理に関しては、施設受付に相談されるか、所属教室に持ち帰り、
     不活化処理を十分になさってから廃棄下さい。

遺伝子実験施設より

  • 機器使用予約<登録者のみ>

    大学連携研究設備ネットワークの予約システムを利用しております。

    大学連携設備ネットワークへの利用者登録

    遺伝子実験施設に提出いただいた機器/設備利用申請書をもとに、予約の必要な機器・設備を利用される方の利用者アカウントを作成いたします。

    利用前のパスワード設定

    施設に登録いただきましたe-mailアドレス宛に、大学連携研究設備ネットワークより「所属登録のお知らせ」というご案内のメールが届きますので、利用者ご自身でパスワードを設定ください。

    利用資格について

    利用資格が必要な機器(マイクロCT・次世代シークエンサー・セルソーター・質量分析器)は、機器利用申請書に従い、当施設にて利用資格の代理申請
    登録をいたします。

    パスワードの設定方法はこちら

    予約方法はこちら

     ※ 詳細は、大学設備ネットワークHPの各種マニュアルを参照ください。
  • 遺伝子組み換えマウス作製支援価格改定のお知らせ(2017/3/10)

    平成28年6月1日より開始しております遺伝子組み換えマウス作製支援の価格を平成29年度より改定
    いたします。
    <遺伝子組み換えマウス作製>
    インジェクションー移植 受精卵100個以上保証  18万円

      (インジェクションはDNA,RNA,タンパク質です。)
      ※採卵,偽妊娠,精管結紮マウス代は含まれます。

    検疫費                     約1.5万円

    飼育維持費(約4週間)              約5000円

                              計 約20万円
     詳しくはこちら<学内のみ>
     パンフレット<学内のみ>
  • MacVectorがver9.0にバージョンアップされました。
  • シークエンサーをご利用のみなさまへ ウイルス対策について
  • サーバー、ネットワークHDDの新設・移設にともない、実験データの転送が
    可能になりました。
    <学内のみ>

    学内のコンピュータより遺伝子実験施設のサーバーにアクセスしてください。
     (実験データはあらかじめサーバーへ保存する必要があります。)

    部屋名 サーバー名
    3F 遺伝子構造解析室 GRC2
    細胞機能解析室 GRC3
    画像解析室 GRC4
    暗室 GRC5

    部屋名 ネットワークHDD名
    3F 遺伝子構造解析室
    (Miseq専用)
    GRC6
    4F 共同実験室

    実験データの保存・転送の詳細はこちら
     ※今後、機器付属コンピュータのUSBポートは使用できなくなります。
  • DNA塩基配列受託解析は随時受け付けています。(平成22年4月1日より)

    当施設受付での手渡しまたは学内便にてサンプルを受け付けております。詳細はこちら<学内のみ>

    お申込みの方は事前に施設までご連絡ください。学内便は受取りまでにタイムラグがあります。
     ※16サンプル以上は使用機器および価格等相談させていただきます。
      ※15時以降のお受け取りは翌日9時(金曜日14時以降の場合は月曜日9時)からSeq反応を開始します

長崎大学
先導生命科学研究支援センター
遺伝子実験施設

Gene Research Center, Center for Frontier Life Sciences
Nagasaki University

遺伝子実験施設

〒852-8523
長崎県長崎市坂本1-12-4
Mail grc@ml.nagasaki-u.ac.jp
内線 7190