沿 革

 1857年(安政4年)、オランダ海軍軍医ポンペ・ファン・メールデルフォルトにより医学伝習が開始され、同年が長崎大学医学部の創立年とされています。1923年、長崎医科大学の開学と同時に、われわれ内科学第二教室も開講しました。
 1945年の長崎原爆投下により長崎医科大学も壊滅的なダメージを受けましたが、先人たちの復興の努力により長崎医科大学は活力を取り戻しました。
 内科学第二教室は呼吸器内科・腎臓内科・循環器内科・消化器内科を有する大教室でしたが、診療科再編に伴い、呼吸器内科・感染症内科・腎臓内科となりました。現在は、呼吸器内科 迎寛教授、腎臓内科 西野友哉のもとで、診療・教育・研究を行っています。


長崎奉行所西役所医学伝習所が開設される
以降、精得館、長崎府医学校、長崎県病院医学校、長崎医学校、長崎医学専門学校と変遷していく
長崎医科大学が開学
内科学第二教室が開講
初代:山田 基 教授就任
第2代:辻 緑 教授就任
第3代:影浦 尚視 教授就任
新学制により長崎医科大学は長崎大学医学部へ移行
第4代:筬島 四郎 教授就任
第5代:原 耕平 教授就任
第6代:河野 茂 教授就任
腎臓内科:西野 友哉 教授就任
第7代:迎 寛 教授就任