スタッフ紹介
 
教官
Professor: Hiroyuki Moriuchi, M.D., Ph.D.
 
教授:森内浩幸 教授 森内 浩幸(もりうち ひろゆき)
e-mail: hiromori@nagasaki-u.ac.jp
生年月日: 昭和35年4月1日
教育歴
昭和53年 3月 長崎県立長崎南高等学校卒業
昭和59年 3月 長崎大学医学部卒業
平成 6年 8月 医学博士(長崎大学)
平成 6年 7月
〜 9年 6月
National Institute of Allergy and Infectious Diseases 感染症専門医トレーニングコース修了
職歴(略歴)
昭和59年 6月 長崎大学医学部附属病院 研修医
昭和63年 6月 国立仙台病院 臨床研究部 レジデント
平成 2年12月
〜10年12月
National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID)留学
(この間、平成6年7月〜平成10年12月Clinical Staff in NIH Clinical Center、および平成10年1月~12月 Visiting Physician in the Department of Infectious Diseases, Childrenユs National Medical Center, Washington, D. C. )
平成11年 1月 長崎大学医学部小児科学教室 主任教授(長崎大学医学部附属病院 小児科長 併任)
平成14年 4月
〜現在
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 新興感染症病態制御学系専攻 感染分子病態学講座 感染病態制御学分野 教授
平成17年 2月
〜現在
独立行政法人 科学技術振興機構 科学技術振興調整費研究領域主管 を兼任
資 格
昭和59年 5月 医師国家試験合格(医籍281873号)
平成 4年 7月 The Educational Commission for Foreign Medical Graduates (USA) 合格(0-482-569-1号) (Basic Science score 85; Clinical Science score 87)
平成11年10月 日本小児科学会専門医(21375号)
賞 罰
昭和59年 3月 summa cum laude(長崎大学医学部)
平成 4年 3月 First Place in Public Speaking Contest (FAES post-graduate school at the NIH)
平成 9年11月 Special Recognition Award (National Institute of Allergy and Infectious Diseases)
平成10年 7月 Staff Recognition Award (National Institute of Allergy and Infectious Diseases)
平成13年 3月 The Taiwanese Society of Neonatology(中華民国新生児学会)Special Lecture Award
平成14年 7月 Travel Award (The 12th International Symposium on Infections in the Immunocompromised Society)
所属学会
The American Academy of Pediatrics (International Fellow)
The American Society for Microbiology
The American Society for Virology
The American Association of Immunologists
The Immunocompromised Host Society
The American Society for Biochemistry and Molecular Biology
Asian Society for Pediatric Research
日本小児科学会(評議員、用語委員会委員長、予防接種・感染予防委員会専門委員)
日本ウイルス学会(理事)
日本免疫学会
日本感染症学会
日本AIDS学会
日本小児感染症学会(理事、研究教育委員会委員長)、他
主要著書・論文
1. Moriuchi H, Moriuchi M, Fauci AS. Factors secreted by HTLV-I infected cells can enhance or inhibit replication of HIV-1 in HTLV-I uninfected cells: implication for in vivo coinfection with HTLV-I and HIV-1. J. Exp. Med. 187:1689-1698 (1998).
2. Moriuchi M, Moriuchi H. A milk protein lactoferrin enhances human T cell leukemia virus type I and suppresses HIV-1 infection. J. Immunol. 166:4231-4236 (2001).
3. Moriuchi M, Moriuchi H. YY1 transcription factor downregulates the expression of CCR5, a co-receptor for HIV-1 entry. J. Biol. Chem. 278:13003-7 (2003).
4. Moriuchi M, Moriuchi H. Cell-Type-Dependent Effect of Transforming Growth Factor-β, a Major Cytokine in Breast Milk, on Human Immunodeficiency Virus Type 1 Infection of Mammary Epithelial MCF-7 Cells or Macrophages. J. Virol. 78:13046-52 (2004).

5.

Moriuchi M, Moriuchi H. Induction of Lactoferrin Gene Expression in Myeloid or Mammary Gland Cells by Human T-Cell Leukemia Virus Type 1 (HTLV-1) Tax: Implications for Milk-Borne Transmission of HTLV-1. J Virol. 80:7118-26 (2006).
趣 味 (個人的秘密にて公開せず)
(職業的秘密にて公開せず)


 
長崎大学小児科学教室
著作権表示