患者さんへ

 長崎大学病院 呼吸器内科・感染症内科では、肺や気管支をはじめとした呼吸器の疾患と、全身の病気をもつ患者さんを中心に診療しています。
 各専門領域に多くの専門医が在籍しており、患者さんにとって最も適切な治療を提案します。


呼吸器疾患、感染症による症状や病気の一例

<症状>

  • 息切れ
  • 疲れやすさ
  • 痰・血痰・喀血
  • 体重減少・食欲低下
  • 発疹・リンパの腫れ
  • 寝 汗
  • 検診異常

その他にも様々な症状が出るため、お話を確認し、診察・検査をしながら診断を進めていきます。


<呼吸器疾患の例>

  • 肺腫瘍:肺がん、胸膜悪性中皮腫、縦隔腫瘍、気管・気管支の腫瘍、原発不明がん、転移性腫瘍
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)、気管支喘息、咳喘息
  • 間質性肺炎:特発性間質性肺炎、膠原病関連間質性肺炎、薬剤性肺炎、過敏性肺炎、好酸球性肺炎など
  • サルコイドーシス
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • ニコチン依存症(禁煙外来)
  • 肺胞蛋白症、嚢胞性線維症、リンパ脈管筋腫症といった稀な疾患
  • 塵肺


<感染性疾患の例>

  • 肺炎・気管支炎を始めとした細菌感染症、インフルエンザなどのウイルス感染症
  • 結核、非結核性抗酸菌症
  • 真菌症:アスペルギルス症、クリプトコックス症、カンジダ症といった「カビ」の病気
  • ダニ媒介感染症:ツツガムシ病、日本紅斑熱、SFTS(重症熱性血小板減少症候群敗血症)
  • 尿路感染症
  • 髄膜炎
  • HIV/AIDS
  • 日和見感染症:免疫が低下した人に起きる感染症
  • 輸入感染症:デング熱、エボラ出血熱、ヒストプラズマ症など

※呼吸器だけではなく、全身の感染症を対象にしています。


インフォームド・コンセントについて

「インフォームド・コンセント」という言葉があります。
 医師は検査や処置、治療について必要な情報を提供し、患者さんはそれを選択・同意したうえで医療を受けることをいいます。
 医師には患者さんにわかりやすく説明する義務があります。
 一方患者さん側にも医療を医師まかせにせずに、ご自分の受ける医療により関心をもち、医師と積極的にコミュニケーションをとりながら理解を深める必要があります。
 それが最高の医療に繋がると我々は信じて、日々診療しています。
 わからないことがありましたら、遠慮なくお尋ねください。


呼吸器内科・感染症内科を受診される患者さんへ

長崎大学病院では原則、かかりつけ医からの紹介をお願いしています。必ず予約をお取りいただき、紹介状をご持参下さい。紹介状がない場合、予約がなければ診察まで大幅にお待たせすることがあります。
詳細については、「長崎大学病院 外来診療のご案内」をご覧ください。
大学病病院においては、診療とともに教育・研究も重大な使命です。この趣旨をご理解のうえ、受診に当たっては、学生の臨床実習などにご協力をお願いいたします。


<外来受付時間>

午前8時30分~午前11時(診療開始 午前9時から)
※休診日は、土曜、日曜、祝日、休日及び年末年始(12月29日から1月3日)です。
 緊急の場合は救急外来で受付けします。


<お問い合わせ先>

外来受付:095-819-7472(3階外来)
時間外:095-819-7243(救命救急センター)


専門外来(3階 呼吸器内科・感染症内科)
 
全般 迎 寛        
胸部腫瘍 中富克己
山口博之
    中富克己
山口博之
福田実(新患)
 
間質性肺炎 石本裕士   角川智之 坂本憲穂 原敦子(新患)
感染症 宮崎泰可(新患)
泉川公一
  今村圭文(新患)
西條知見
田代将人
田中章貴
  山本和子(新患)
柳原克紀
喘息
COPD
    尾長谷靖   福島千鶴
禁煙 河野哲也 河野哲也 (総合診療科) (総合診療科) (総合診療科)

(2017年1月現在)

ご予約頂いた際に、紹介状を確認して適切な担当医をご連絡いたします。
上記は変更になる場合があります。こちらもご参照下さい。


セカンドオピニオン外来

当科では呼吸器内科、感染症内科、胸部腫瘍に関するセカンドオピニオンを受け付けています。
現在の主治医と相談の上、診療情報提供書をご準備して予約してください。

詳細はこちら

交通アクセス

長崎大学病院 交通アクセス」をご覧ください。
呼吸器内科外来 病院本館3階
呼吸器内科病棟 診療棟 12階西病棟、結核は国際医療センター1階