学生・研修医の皆さんへ

研究について
「医工の絆」ハイブリッド医療人養成コース ~出島マインドで医療ものづくり~
「医工の絆」ハイブリッド医療人養成コース ~出島マインドで医療ものづくり~ 「ハイブリッド医療人」とは医学部、工学部両方の知識を持ち医療機器創出のあらゆる段階で主導的な役割ができる人材です。
 このハイブリッド医療人養成コースは永安 武教授が主催する我々腫瘍外科学教室が中心となって計画し、平成25年度文部科学省未来医療研究人材養成拠点形成事業(A)に高い評価で採択されました。このコースは、医歯薬学総合研究科教員と工学研究科教員の密接な協調関係を基盤に提案されたものです。
 事業統括者は小路 武彦 医歯薬総合研究科 研究科長・教授、工学部の責任者は石松 和孝 工学部 学部長・教授、そして「ハイブリッド医療人養成センター」のセンター長が永安 武 教授です。その他のプログラム担当者として医学部教員は山崎直哉、和夫、高木克典、工学部教員はMurray John Lawn、薗田 光太郎(以上敬称略)が構成メンバーです。
 この「ハイブリッド医療人養成センター」は、事業全体の円滑な管理・運営を図ることを目的として、長崎大学病院本館11階オープンラボに平成25年10月1日付けで開設されました。

コースの特徴
医工の連携を学びながら革新的な医療機器の開発を実現可能!
最新の3Dプリンターによる医療機器の設計、成形が可能!
3Dプリンターによる設計⇒成形⇒動物実験⇒臨床試験までを一貫して実施可能!
工学部出身者が医学博士号を取得可能!
工学部教員、医学部教員の相互乗り入れ教育で、工学部出身者は医学の知識、実習を体験、医学部出身者は工学の知識、実習を体験可能!
奨学金など、学費を補助する制度!
オランダ ライデン大学やデルフト工科大学などに留学可能!


など、目指すところは医学系出身学生と工学系出身学生のそれぞれの強みを生かした新たな医療機器の開発を手掛け、最終的に医学博士と工学博士の同時取得にあります。
 本コースの予算編成から大学院シラバス、実験アイデア、動物実験の実施まで獅子奮迅の働きをしているのが高木助教です。彼なしではこのコースは前進しないといっても過言ではありません。
 平成26年度、下山 孝一郎、馬場 雅之、谷口 大輔の3名が予定通り本コースに入学し、この秋からライデン大学への留学が予定されています。記念すべき本コース最初の留学者は下山孝一郎先生(6ヵ月)です。つづいて馬場先生(3ヵ月)、谷口先生(3ヵ月)の予定です。工学部側からも修士課程を修了した学生3名が8月に行われた医歯薬学総合研究科大学院試験に頭書の成績で合格され、来年4月に入学が決まりました。工学部大学院生の留学先としてオランダのデルフト工科大学を候補に現在調整中です。
 一方、学部生教育では工学部3年生がインターンシップとして8月25日から4~5名を1グループとして3グループが1週間ずつ長崎大学病院に実習にやってきました。手術室にて実際の手術の様子、医療機器の見学の他、ハイブリッドセンターでの手術用ロボット da vinci シミュレーター体験、3Dプリンターでのものづくりなど、工学部では体験できない貴重な経験を積むことができ、彼らにとってすごくインパクトのある実習となり、終了後のアンケート調査でも高い評価を得ました。平成27年1月には医学部3年のリサーチセミナーの本コースの希望者に医学部研究室での研究以外に工学部研究室でも研究実習を体験してもらう予定です。
 本コースが始動して早1年が経過しましたが、苦労しながらも着実に実績を重ねてきていると思います。
 詳細はホームページにございますのでぜひご覧いただきたいと思います。
 http://www.mdp.nagasaki-u.ac.jp/hybrid/New Window

文責:山崎直哉

ハイブリッド医療人養成コースの現況
平成14年卒 高木克典
 本プロジェクトはH25年度夏より開講し、約1年半になります。私は構想の段階より関わらせていただき、永安教授、山崎准教授とともに本プロジェクトを推進してきました。これまでに取り組んできたこと、またこれからの展望につきまして報告します。
 本プロジェクトの趣旨は、医工連携を発展させることができるような思想、考えを持った人間を養成することにあり、医学系・工学系の学部学生から大学院まで若い時期から、他学部と共同し、幅広い人材を育成しています。特に大学院教育に関しては、永安教授の強いリーダーシップのもと、実際に様々なアイディアを具体化することに重点を置いています。
 プロジェクトの一環としてH25年には高性能3Dプリンター、H26年度には、バイオ3Dプリンターを導入し、最先端技術を取り込みつつ、それを応用したものづくりに取り組んでいます。
 高性能3Dプリンターの導入により、患者CTから臓器モデルを作成することができるようになりました。学生教育や患者説明に使用するだけでなく、手術のシミュレーションを「実際の症例」で施行することにより、いわゆる個別化医療の先駆けを実践できるようになりました。また、「こんなデバイスあったらいいな」というコンセプトのもと、工学部と協力し、手術用鉤や鏡視下手術用鉗子を試作し、手術に役立つ画期的なデバイスを作成しています。特に硬性鏡の洗浄システムは、助成金を獲得し、企業とのコラボレーションも進んでいます。また、生検練習用ファントムの作成も進んでおり、将来の製品化が期待されます。
 さらに、本年度、バイオ3Dプリンターを導入しました。世界で唯一の臓器作成ができる3Dプリンターで、これまでに血管作成などが試みられ、再生医療の分野でもトップクラスの成果を生みつつあります。当科では気管や食道等の管腔臓器から作成を開始しました。近い将来、素晴らしい実績を上げる可能性が最も高いサブプロジェクトで、非常に楽しみです。
 大学院生に関しては、本プロジェクトの第1期生となる、H18年卒の下山先生、馬場先生、H19年卒の谷口先生を迎え、人材も充実し、養成センターも活気づいてきました。来年度は腫瘍外科の3名の院生に加え、工学系院生の3名の入学が決定しており、当科の1期生と合わせると、9名となり、ますます活気づいていくと思われます。プロジェクト開始時より準備を進めていた、オランダ留学に関しても、2015年1月からまず下山先生がCHDR(center of human drug research)に留学することが決定しました。馬場・谷口両名も順次ライデン大学に留学する予定で、本プロジェクトは日本国内にとどまらず、オランダを皮切りにグローバルに展開しつつあります。
 実績としましては、これまでに国内学会発表 6回、海外発表 2回 英文論文 2編、実用新案取得 1件を達成し、今後も引き続き国内外に発信していきたいと考えています。
 大企業が全力を挙げて開発に取り組んでいる医療機器開発の分野は、非常に競争が厳しい分野です。しかし、大企業ですら主力となるような製品を生み出すことは難しく、山のようなアイディア、試作品が生まれては消えていくのが現状です。そのような状況をみると、プロジェクト自体にギャンブル的側面があることは否めません。確実な、約束された成果などなにもないのが現状ですが、これまでにないほどの援助を国からもらっていることも事実で、可能な限り一点に資本を投下して何かスペシャルなものを生み出せればと考えています。次年度以降は、「キーテクノロジーの開発」をキーワードとして、残り3年で本プロジェクトの核心に迫っていくことになります。非常に困難な道のりですが、ハイブリッドメンバー一丸となって取り組んでいきますのでご期待ください。
 いつの日か同門の先輩方のお手元にメイド・イン・腫瘍外科のデバイスをお届けできるようになる日が来ることを祈るとともに、実現に向けて邁進していく所存です。
ハイブリッド医療人養成コース・スタッフ