臨床活動
臨床活動
長崎大学医学部麻酔学教室
〒852-8501
長崎市坂本1丁目7番1号
TEL: 095-819-7370
FAX: 095-819-7373
~多職種間の連携を基にした集中治療部~
 長崎大学病院集中治療部(ICU)は、ICU-A(8 床:Closed ICU)とICU-B(12床:Open ICU)の計20床で重症患者の診療にあたっています。当ICUでは集中治療専従医7 名のほか各専門診療科医師、看護師、臨床工学技士、薬剤師、理学療法士、医療事務員など多くの専門スタッフが従事しています。毎朝のカンファレンスでは、各専門スタッフからの意見を集約し治療方針を協議します。集中治療の現場では、重症疾患に対する診療は当然のことながら、複雑な薬物動態の把握や精密医療機器の操作、さらに超急性期におけるリハビリテーションといった専門性が要求される場面が多くあります。多職種間でface to faceの良好な関係が築けていることは、私達のICUの強みであると考えています。
 私達のICUでは、内科系、外科系を問わず臓器障害を呈した成人重症患者の診療にあたっています。また重症患者の複雑化する病態に対しては、各専門診療科医師と協力して治療方針を検討し、全身管理を進めています。 臓器移植や人工心臓埋め込み手術といった外科系最先端医療に加え、敗血症や重症呼吸不全を始めとした内科系重症疾患への対応など、役割が増加しつつある長崎大学病院において、私達はこれからも今まで同様に、急性期医療を安全に支える存在でありたいと考えています。
~モットーはRapid responseです~
 ICU-A では、外科系、内科系問わず受け入れ態勢を整えています。外科症例では心臓血管外科術後患者を中心に診療にあたっていますが、肝臓移植手術や肺移植手術は当院の外科治療の特色の一つでありICUでの術後管理を行っています。また敗血症性ショックを合併した汎発性腹膜炎症例など高度な侵襲にさらされた手術患者の術後管理にも積極的に関わっています。敗血症患者においてはいかに早期に感染コントロールと全身管理を行うかが重要であり、そのような症例においては術前から積極的に治療に関わっていくことも少なくありません。内科系からの重症症例においても同様のスタンスで診療にあたっています。患者入室要請があればすぐに現場に急行し、ベットサイドでの情報収集と全身状態の評価をするRapid responseをモットーとしています。必要であればICU入室前より現場で積極的介入を行い集中治療に繋げていきます。集中治療の内容は、多岐にわたりますがそれぞれの病態に合わせた治療を行い予後の改善を目指しています。感染症診療に関しては、熱研内科の協力の下、ICU 内でグラム染色を行う体制を整え、抗菌薬の適正使用を常に意識し、実践するよう努力しています。また、低体温療法、敗血症性ショック、重症急性膵炎、劇症肝炎、重症肺高血圧症などの管理に関しては、欧米や国内のガイドライン・文献などを参考に独自のマニュアルを作成し、最新で世界標準的な集中治療を目標としています。今日、さまざまな専門領域を擁する診療科が多数存在していますが、ICU-A では診療科の枠を超えて、重症患者に対する診療をおこなっています。
~研究・学術活動~
 臨床研究では、関野の重症患者の小腸粘膜障害と予後に関する前向き観察研究をはじめ様々な研究を行なっています。また、国内(日本集中治療医学会、日本集中治療教育研究会など)、海外の多施設共同研究、治験などにも積極的に参加しています。

【当施設での臨床研究】
  • 平成24年~ 重症患者における消化管障害と予後に関する研究(関野)
  • 平成27年~ 当施設における経皮的心肺補助装置患者の予後予測因子~後方視的検討~(東島)
  • 平成27年~ 心臓血管外科手術後患者における急性腎障害発症危険因子の解析(鈴村、東島)
  • 平成28年  食道癌術後患者における呼吸器合併症発症危険因子の解析(岩崎、東島)
  • 平成28年  塩酸ランジオロールが低心機能患者の循環動態に及ぼす影響(矢野)
  • 平成29年~ 胸腔鏡下食道切除術における術後合併症発生率および術中体位の影響についての検討(井上)
  • 平成29年~ 人工心肺補助下心臓血管手術後患者の急性腎障害発症危険因子の解析~人工心肺補助中の危険因子の同定~
  • 平成29年~ 人工心肺補助下心臓血管外科術後の出血量調査~術後出血危険因子と至適フィブリノゲン閾値の同定~(東島)
  • 平成29年~ 敗血症における輸液量と腸管粘膜障害の関連(井上)

【国内多施設共同研究への参加】
  • 平成24年  重症急性膵炎に対する局所膵動注療法についての後向き多施設観察研究(関野)
  • 平成26年  敗血症性DIC(播種性血管内凝固)に対する治療効果に関する多施設共同後向き観察研究(関野)
  • 平成26年  人工呼吸療法に関する疫学研究(東島)
  • 平成29年~ 重症患者の新規心房細動に関する多施設レジストリの構築(井上)
  • 平成30年~ 重症患者における末梢静脈カテーテルによる静脈炎の発生頻度とそのリスク因子の検討(矢野)

【国際多施設共同研究への参加】
  • 平成26年 急性呼吸窮迫症候群の国際的な影響を理解するための大規模観察研究-LUNG-SAFE study(松本周)
  • 平成29年 Extended Prevalence of Infection in Intensive Care (EPIC III); A Prospective Multicenter International 24-hour Prevalence Study(松本周)

【動物実験】
  • NSAIDsが、レミフェンタニルの心筋プレ・ポストコンディショニングに与える影響(松本聡)
  • 糖尿病治療薬が心筋コンディショニングに与える影響の検討(江頭)

【科学研究費取得】
  • 敗血症性ショックと小腸粘膜障害ー新規治療ターゲットとしての基盤確立ー
    (2016-2018年:基盤C)(関野)
  • 新規糖尿病治療薬であるSGLT2阻害薬の心筋保護作用への影響機序の解明
    (2018年度:若手B 科研費取得)(江頭)

【論文】*下線は共著者分
~2018年~
  • Sekino M, Funaoka H, Sato S, Okada K, Inoue H, Yano R, Matsumoto S, Ichinomiya T, Higashijima U, Matsumoto S, Hara T.:Association between macroscopic tongue ischemia and enterocyte injury and poor outcome in patients with septic shock: A preliminary observational study. Shock, 2018 in press
  • Yano R, Inadomi C, Luo L, Goto S, Hara T, Li TS. The effect of transient oxygenation on stem cell mobilization and ischemia/reperfusion heart injury. PLoS One. 2018 Feb 13;13(2):e0192733.
  • Yasuda I, Matsuyama H, Ishifuji T, Yamashita Y, Takaki M, Morimoto K, Sekino M, Yanagihara K, Fujii T, Iwaki M, Yamamoto A, Ariyoshi K, Tanaka T.:Severe Pneumonia Caused by Toxigenic Corynebacterium ulcerans Infection, Japan. Emerg Infect Dis 24(3): 588-591¸ 2018

~2017年~
  • Sekino M, Funaoka H, Sato S, Okada K, Inoue H, Yano R, Matsumoto S, Ichinomiya T, Higashijima U, Matsumoto S, Hara T: Intestinal fatty acid-binding protein level as a predictor of 28-day mortality and bowel ischemia in patients with septic shock: A preliminary study. Journal of Critical Care 42: 92-100, 2017
  • Iizuka Y, Sanui M, Sasabuchi Y, Lefor AK, Hayakawa M, Saito S, Uchino S, Yamakawa K, Kudo D, Takimoto K, Mayumi T, Azuhata T, Ito F, Yoshihiro S, Hayakawa K, Nakashima T, Ogura T, Noda E, Nakamura Y, Sekine R, Yoshikawa Y, Sekino M, Ueno K, Okuda Y, Watanabe M, Tampo A, Saito N, Kitai Y, Takahashi H, Kobayashi I, Kondo Y, Matsunaga W, Nachi S, Miike T, Takahashi H, Takauji S, Umakoshi K, Todaka T, Kodaira H, Andoh K, Kasai T, Iwashita Y, Arai H, Murata M, Yamane M, Shiga K, Hori N: Low-dose immunoglobulin G is not associated with mortality in patients with sepsis and septic shock. Critical Care 21(1): 181, 2017
  • Miyamoto K, Horibe M, Sanui M, Sasaki M, Sugiyama D, Kato S, Yamashita T, Goto T, Iwasaki E, Shirai K, Oe K, Sawano H, Oda T, Yasuda H, Ogura Y, Hirose K, Kitamura K, Chiba N, Ozaki T, Oshima T, Yamamoto T, Nagata K, Mine T, Saito K, Sekino M, Furuya T, Matsuda N, Hayakawa M, Kanai T, Mayumi T: Plasmapheresis therapy has no triglyceride-lowering effect in patients with hypertriglyceridemic pancreatitis. Intensive Care Medicine 43(6): 949-951, 2017

~2016年~
  • Hayakawa M, Kudo D, Saito S, Uchino S, Yamakawa K, Iizuka Y, Sanui M, Takimoto K, Mayumi T, Ono K, Azuhata T, Ito F, Yoshihiro S, Hayakawa K, Nakashima T, Ogura T, Noda E, Nakamura Y, Sekine R, Yoshikawa Y, Sekino M, Ueno K, Okuda Y, Watanabe M, Tampo A, Saito N, Kitai Y, Takahashi H, Kobayashi I, Kondo Y, Matsunaga W, Nachi S, Miike T, Takahashi H, Takauji S, Umakoshi K, Todaka T, Kodaira H, Andoh K, Kasai T, Iwashita Y, Arai H, Murata M, Yamane M, Shiga K, Hori N: Antithrombin Supplementation and Mortality in Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Multicenter Retrospective Observational Study. Shock 46(6): 623-631, 2016
  • Hayakawa M, Saito S, Uchino S, Yamakawa K, Kudo D, Iizuka Y, Sanui M, Takimoto K, Mayumi T, Azuhata T, Ito F, Yoshihiro S, Hayakawa K, Nakashima T, Ogura T, Noda E, Nakamura Y, Sekine R, Yoshikawa Y, Sekino M, Ueno K, Okuda Y, Watanabe M, Tampo A, Saito N, Kitai Y, Takahashi H, Kobayashi I, Kondo Y, Matsunaga W, Nachi S, Miike T, Takahashi H, Takauji S, Umakoshi K, Todaka T, Kodaira H, Andoh K, Kasai T, Iwashita Y, Arai H, Murata M, Yamane M, Shiga K, Hori N: Characteristics, treatments, and outcomes of severe sepsis of 3195 ICU-treated adult patients throughout Japan during 2011–2013. Journal of Intensive Care 4: 44, 2016
  • Hayashida S, Funahara M, Sekino M, Yamaguchi N, Kosai K, Yanamoto S, Yanagihara K, Umeda M: The effect of tooth brushing, irrigation, and topical tetracycline administration on the reduction of oral bacteria in mechanically ventilated patients: a preliminary study. BMC Oral Health 16(1): 67, 2016
  • Terao Y, Higashijima U, Toyoda T, Ichinomiya, Fukusaki M, Hara T. The effects of intravenous anesthetics on QT interval during anesthetic induction with sevoflurane. J Anesth. 2016;30(6):929-34.
  • 松本周平, 関野元裕, 猪熊孝実, 松本聡治朗, 東島 潮, 中村利秋, 槇田徹次, 原 哲也: ジルチアゼム徐放製剤大量服薬による循環不全の一救命例. 日本集中治療医学会誌 71(4): 411-412, 2016
  • 神津 玲, 花田匡利, 及川真人, 名倉弘樹, 俵祐一, 松本周平, 東島 潮, 関野元裕: 急性呼吸不全に対する呼吸理学療法. 人工呼吸 33(1): 40-45¸ 2016
  • 吉冨 修, 矢野倫太郎, 井上陽香, 松本聡治朗, 濱田 梢, 東島 潮, 松本周平, 関野元裕, 原 哲也: 両側膿胸を合併したLemierre症候群の1例. 長崎医学会雑誌 91(4): 364-368, 2016

~2015年~
  • Egashira T, Fukusaki M, Miura K, Ichinomiya T, Okada M, Sakai A, Terao Y, Hara T. Stellate Ganglion Block Reduces the Radicular Pain and Salivary Alpha-Amylase Activity in Patients with Cervical Spondylosis. J Anesthesiol Crit Care Med 2015; 2: 007
  • Kakoki K, Miyata Y, Shida Y, Hakariya T, Takehara K, Izumida S, Sekino M, Kinoshita N, Igawa T, Fukuoka J, Sakai H: Pheochromocytoma multisystem crisis treated with emergency surgery: a case report and literature review. BMC Res Notes 8(1):758, 2015

~2014年~
  • Egashira T, Fukasaki M, Araki H, Sakai A, Okada M, Terao Y, Hara T. Comparative efficacy of levobupivacaine and ropivacaine for epidural block in outpatients with degenerative spinal disease. Pain Physician. 2014 Nov-Dec;17(6):525-9

≪Collaborators他≫
~2018年~
  • Hayakawa M, Yamakawa K, Kudo D, Ono K: Optimal Antithrombin Activity Threshold for Initiating Antithrombin Supplementation in Patients With Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Multicenter Retrospective Observational Study. Clin Appl Thromb Hemost, 2018 in press
  • Madotto F, Pham T, Bellani G, Simonis FD, Fan E, Artigas A, Brochard L, Schultz MJ, Laffey JG. LUNF SAFE Investigators and the ESICM Trials Group. Resolved versus confirmed ARDS after 24h: insights from the LUNG SAFE study. Intensive Care Med. 2018 in press.
  • Laffey JG, Bellani G, Pham T, Fan E, Madotto F, Bajwa EK, Brochard L, Clarkson K, Esteban A, Gattinoni L, van Haren F, Heunks LM, Kurahashi K, Laake JH, Larsson A, McAuley DF, McNamee L, Nin N, Qiu H, Ranieri M, Rubenfeld GD, Thompson BT, Wrigge H, Slutsky AS, Pesenti A; LUNG SAFE Investigators; ESICM Trials Group. Correction to: Potentially modifiable factors contributing to outcome from acute respiratory distress syndrome: the LUNG SAFE study. Intensive Care Med.2018;44(1):157-65.
  • Ohnuma T, Hayashi Y, Yamashita K, Marquess J, Lefor AK, Sanui M; Japanese Survey of AntimiCRobial Use in ICU PatienTs (JSCRIPT) investigators: A nationwide survey of intravenous antimicrobial use in intensive care units in Japan. Int J Antimicrob Agents 51(4):636-641

~2017年~
  • Bellani G, Laffey JG, Pham T, Madotto F, Fan E, Brochard L, Esteban A, Gattinoni L, Bumbasirevic V, Piquilloud L, van Haren F, Larsson A, McAuley DF, Bauer PR, Arabi YM, Ranieri M, Antonelli M, Rubenfeld GD, Thompson BT, Wrigge H, Slutsky AS, Pesenti A; LUNG SAFE Investigators; ESICM Trials Group. Noninvasive Ventilation of Patients with Acute Respiratory Distress Syndrome. Insights from the LUNG SAFE Study. Am J Respir Crit Care Med. 2017 Jan 1;195(1):67-77.
  • Hashimoto S, Sanui M, Egi M, Ohshimo S, Shiotsuka J, Seo R, Tanaka R, Tanaka Y, Norisue Y, Hayashi Y, Nango E; ARDS clinical practice guideline committee from the Japanese Society of Respiratory Care Medicine and the Japanese Society of Intensive Care Medicine: The clinical practice guideline for the management of ARDS in Japan. J Intensive Care 5: 50, 2017
  • Nakamura Y, Kitamura T, Kiyomi F, Hayakawa M, Hoshino K, Kawano Y, Yamasaki R, Nishida T, Mizunuma M, Ishikura H; Japan Septic Disseminated Intravascular Coagulation (JSEPTIC DIC) study group: Potential survival benefit of polymyxin B hemoperfusion in patients with septic shock: a propensity-matched cohort study. Crit Care 21(1):134, 2017
  • Takauji S, Hayakawa M, Ono K, Makise H: Respiratory extracorporeal membrane oxygenation for severe sepsis and septic shock in adults: a propensity score analysis in a multicenter retrospective observational study. Acute Med Surg 4(4):408-417
  • Horibe M, Sasaki M, Sanui M, Sugiyama D, Iwasaki E, Yamagishi Y, Sawano H, Goto T, Ikeura T, Hamada T, Oda T, Yasuda H, Shinomiya W, Miyazaki D, Hirose K, Kitamura K, Chiba N, Ozaki T, Yamashita T, Koinuma T, Oshima T, Yamamoto T, Hirota M, Moriya T, Shirai K, Mayumi T, Kanai T: Continuous Regional Arterial Infusion of Protease Inhibitors Has No Efficacy in the Treatment of Severe Acute Pancreatitis: A Retrospective Multicenter Cohort Study. Pancreas 46(4):510-517, 2017

~2016年~
  • Bellani G, Laffey JG, Pham T, Fan E, Brochard L, Esteban A, Gattinoni L, van Haren F, Larsson A, McAuley DF, Ranieri M, Rubenfeld G, Thompson BT, Wrigge H, Slutsky AS, Pesenti A; LUNG SAFE Investigators; ESICM Trials Group. Epidemiology, Patterns of Care, and Mortality for Patients With Acute Respiratory Distress Syndrome in Intensive Care Units in 50 Countries. JAMA. 2016 Feb 23;315(8):788-800.
  • Yamakawa K, Umemura Y, Hayakawa M, Kudo D, Sanui M, Takahashi H, Yoshikawa Y, Hamasaki T, Fujimi S; Japan Septic Disseminated Intravascular Coagulation (J-Septic DIC) study group: Benefit profile of anticoagulant therapy in sepsis: a nationwide multicentre registry in Japan. Crit Care 2016;20(1):763-768
  • Hayakawa M, Yamakawa K, Saito S, Uchino S, Kudo D, Iizuka Y, Sanui M, Takimoto K, Mayumi T, Ono K; Japan Septic Disseminated Intravascular Coagulation (JSEPTIC DIC) study group.Recombinant human soluble thrombomodulin and mortality in sepsis-induced disseminated intravascular coagulation. A multicentre retrospective study. Thromb Haemost. 2016 Jun 2;115(6):1157-66

医師として第一歩を踏み出された研修医の皆さんへ
重症患者の全身管理は困難な出来事の連続です。それを乗り越えるべく、私たち集中治療部スタッフは24時間体制で重症患者の救命および早期回復に尽力しています。集中治療には重症患者を支える大きな力とロジックがあります。その力、ロジックを是非体験しに来てください。私たち長崎大学病院集中治療部のスタッフは若い力に大いに期待し、歓迎しています。
スタッフ紹介
集中治療部医師スタッフ
名 前 役 職 資 格
原  哲也 部長
(麻酔科教授)
麻酔科指導医、麻酔科専門医、麻酔科標榜医
関野 元裕 副部長
(講師)
集中治療専門医、麻酔科指導医、麻酔科標榜医、抗菌化学療法認定医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、臨床研修指導医
松本 周平 助 教 集中治療専門医、麻酔科指導医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医
東島  潮 助 教 集中治療専門医、麻酔科指導医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医
松本聡治朗 助 教 集中治療専門医、麻酔科専門医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医
井上 陽香 助 教 麻酔科指導医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医
矢野倫太郎 助 教 麻酔科専門医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医
江頭  崇 助 教 麻酔科専門医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医
< 集中治療部医師スタッフ >
集中治療部医師スタッフ
< 集中治療部担当臨床工学技士>   < 集中治療部看護師;主任、師長 >
集中治療部担当臨床工学技士   集中治療部看護師;主任、師長

< 集中治療部担当薬剤師 >   < 集中治療部担当理学療法士 >
集中治療部担当薬剤師   集中治療部担当理学療法士

< 臨床風景 >
臨床風景