スタッフ紹介

教授プロフィール



迎 寛(むかえ ひろし)
Mukae Hiroshi

教授挨拶

役 職 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 展開医療科学講座 呼吸器内科学分野(第二内科) 教授
出身高校 長崎県立長崎東高等学校(1979年卒)
出身大学 長崎大学医学部(1985年卒)
専門分野 呼吸器疾患(びまん性肺疾患、感染症)
趣 味 温泉、音楽・映画鑑賞、犬と遊ぶこと
略 歴
1985年  6月 -
長崎大学医学部第二内科 医員(研修医)
1987年  6月 -
長崎大学医学部第二内科 研究生(北松中央病院内科)
1989年12月 -
長崎大学医学部第二内科 医員
1991年12月 -
長崎大学医学部第二内科 研究生(長崎県総合保健センター)
1993年  4月 -
宮崎医科大学第三内科 助手
1997年  8月 -
カナダブリティシュコロンビア大学Pulmonary Research Laboratory留学
1999年  7月 -
宮崎医科大学第三内科 復職
2001年  4月 -
長崎大学医学部第二内科 併任講師
2003年  1月 -
長崎大学医学部第二内科 医局長(2004年12月まで)
2003年  4月 -
長崎大学医学部・歯学部附属病院 呼吸器内科 講師
2006年  4月 -
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 感染免疫学講座講師
2007年  4月 -
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 感染免疫学講座准教授
2009年  3月 -
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 展開医療科学講座呼吸器 病態制御学准教授
2009年  4月 -
長崎大学病院 呼吸器内科 診療科長事務取扱
2009年  7月 -
産業医科大学医学部 呼吸器病学 教授
2010年  4月 -
同医学部 呼吸器内科学教授、感染制御部 部長(~2014年3月まで)
2015年11月 -
長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 展開医療科学講座 呼吸器内科学分野 教授(第二内科)
2016年  4月 -
長崎大学病院長 病院長補佐
社会活動
理 事 :
日本化学療法学会会員・評議員・理事
日本結核病学会会員・評議員・理事(専門医、指導医)
日本呼吸器学会・代議員・理事(専門医、指導医)
評議員 :
日本内科学会会員・評議員(認定医)
日本感染症学会会員・評議員(専門医、指導医、西日本支部副代表)
日本肺癌学会会員・九州支部評議員
日本がん分子標的治療学会会員・評議員
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会会員・評議員
日本臨床生理学会会員・評議員
日本臨床微生物学会会員
日本環境感染症学会会員
日本アレルギー学会会員
日本医真菌学会会員
その他 :
環境省 公害健康被害判定困難事例調査研究班会議委員、公益財団法人長崎県健康事業団理事
主要論文(英文)

迎寛教授の英語原著論文のうち、ここ数年の主要なものを紹介します。

  • Mukae H, et al: The Importance of Obligate Anaerobes and the Streptococcus anginosus Group in Pulmonary Abscess: A Clone Library Analysis Using Bronchoalveolar Lavage Fluid. Respiration. 2016;92(2):80-9.
  • Mukae H, et al: Evaluation of a Rapid Immunochromatographic ODK0501 Assay for Detecting Streptococcus pneumoniae Antigen in Sputum of pneumonia patients with positive Streptococcus pneumoniae urinary antigen. J Infect Chemother. 2015;21:176-81.
  • Mukae H, et al: Efficacy and safety of levofloxacin in patients with bacterial pneumonia evaluated according to the new “Clinical Evaluation Methods for New Antimicrobial Agents to Treat Respiratory Infections (Second Version)”. J Infect Chemother. 2014;20:417-22.
  • Mukae H, et al: Clinical differences between interstitial lung disease associated with clinically amyopathic dermatomyositis and classic dermatomyositis. Chest. 2009;136:1341-7.
  • Mukae H, Nakamura-Uchiyama F, Nawa Y, 2009, 95. Pulmonary paragonimiasis and its surgical complications, Shields TW ed., General Thoracic Surgery, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 1197-204.
  • Mukae H, et al: Elevated BALF concentrations of alpha- and beta-defensins in patients with pulmonary alveolar proteinosis. Respir Med. 2007;101:715-21.
  • Mukae H, et al: Elevated levels of circulating adhesion molecules in patients with active pulmonary tuberculosis. Respirology. 2003;8:326-31.
  • Mukae H, et al: Raised plasma concentrations of alpha-defensins in patients with idiopathic pulmonay fibrosis. Thorax. 2002;57:623-8.
  • Mukae H, et al: Clinicoradiologic features of pleuropulmonary paragonimiasis westermani on Kyusyu Island, Japan. Chest. 2001;120:514-20.
  • Mukae H, et al: The effect of repeated exposure to particulate air pollution (PM10) on the bone marrow. Am J Respir Crit Care Med. 2001;163:201-9.
  • Mukae H, et al: Phagocytosis of particulate air pollutants by human alveolar macrophages stimulates the bone marrow. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 2000;279:L924-31.
  • Mukae H, et al: Elevated levels of soluble adhesion molecules in serum of patients with diffuse panbronchiolitis. Chest. 1997;112:1615-21.
  • Mukae H, et al: Increase in activated CD8+ cells in bronchoalveolar lavage fluid in patients with diffuse panbronchiolitis. Am J Respir Crit Care Med. 1995;152:613-8.
  • Mukae H, et al. Increase of activated T-cells in BAL fluid of Japanese patients with bronchiolitis obliterans organizing pneumonia and chronic eosinophilc pneumonia.
  • Chest. 1995;108:123-8. Mukae H, et al: Two-color analysis of lymphocyte subsets of bronchoalveolar lavage fluid and peripheral blood in Japanese patients with sarcoidosis. Chest. 1994;105:1474-80./li>
  • Mukae H, et al: Elevation of tumor-associated carbohydrate antigens in patients with diffuse panbronchiolitis. Am Rev Respir Dis. 1993;148:744-51.