診療内容(診療グループ):呼吸器外科
1.胸腔鏡下手術

 近年、道具の進歩による鏡視下手術の増加に伴い、胸部手術に関しても胸腔鏡下手術は、増加しています。当科でも胸腔鏡手術症例は増加しており、全体の60-70%を占めます。
 適応は、小型肺癌(StageⅠAおよびⅠBの一部)、転移性肺癌、良性腫瘍、縦隔腫瘍など広い範囲で行っています。
 メリットは、回復が早く、疼痛も少ない傾向にあり、見た目もよいことです。
 特に最近では、下記に示します肺区域切除術においても胸腔鏡を用いており、より多くの患者さんにそのメリットを享受していただくように努力しております。

胸腔鏡下手術① 胸腔鏡下手術②
2.肺区域切除術

 これまでの、肺癌における標準的な手術は、肺葉切除術でありました。しかし、近年小型肺癌や他臓器からの転移性肺癌の増加で、より小さく切除し、肺の機能を温存する手術である、区域切除術が増加傾向にあります。手術手技としては、技術により高度な区域切除術ですが、当施設でも増加しています。
 特に特徴として、胸腔鏡下の区域切除術や、通常見つけるのが困難な場合も多い肺区域の境界を見つけるための新しい方法を用いた手術を行っています。これにより、より早く、より確実な手術を施行することができます。

肺区域切除術①
引用;コンセンサス癌治療  2014, へるす出版
肺区域切除術②
引用;先端医療シリーズ 呼吸器疾患診療の最先端, 先端医療技術研究所
3.縦隔腫瘍
 縦隔(心臓周囲や椎体の周囲をこのように呼ぶ)に発生する腫瘍で、様々なタイプがあります。その中で、最も多く見られるのは胸腺という免疫を司る脂肪に似た組織から発生する胸腺腫です。早期のものから進行したものまでありますが、早期のものについては、胸腔鏡を用いた手術を行っています。最近では、炭酸ガスを胸腔内に注入することにより、より大きな視野を確保することで、手術を容易かつ迅速に行う方法を用いいています。また、進行症例については、心臓の一部や血管の合併切除を含む拡大手術を行っています。はじめに手術が不可能な症例においても、手術前に化学療法、放射線療法を合わせて行うことで、より確実に腫瘍を取り除く手術が行える場合もあり、呼吸器内科(URL)、放射線科(URL)と連携し、総合的な治療を行っています。

縦隔腫瘍① 縦隔腫瘍②