腎臓内科

腎臓内科

腎臓内科

全身から腎臓を診る 腎臓から全身を診る

第二内科腎臓班は、以下に挙げたような疾患の診断・治療及びその病因解明と、腎疾患の始まりからその最後まで、幅広く臨床と研究を行っています。
  • 糸球体疾患
  • 電解質・酸塩基平衡異常
  • 二次性高血圧(腎血管性高血圧など)
  • 急性腎障害
  • 慢性腎不全の保存期から透析導入期・維持期
  • 腎移植患者の管理

また腎疾患の原因となる糖尿病や膠原病、高血圧症など原疾患の治療も重要な仕事です。
私たちは、腎疾患だけに留まらない「全身を診る腎臓内科医」を目指して、日々研鑽を積んでいます。