臨床・研究活動

臨床活動
弾性線維性仮性黄色腫の診断を行っています。詳細は 「研究活動」ページ をご覧ください。
皮膚外科・皮膚腫瘍
 皮膚外科は視診からはじまる臨床診断、ダーモスコピーなどを用いた補助診断、病理組織学的検討による病理診断、悪性度・部位・年齢などを考慮した全人的な治療方針にいたる総合外科学です。皮膚外科では、直接行う視診や触診による臨床診断、皮膚科医自身がおこなう病理診断が特徴的であり、手術に関してもこれらの情報を十分取り入れた術式を考案します。特に、皮膚外科では良性・悪性の鑑別を含めて最終的な病理診断を、病理医のレポートを鵜呑みにすることなく自分で行います。
 皮膚悪性腫瘍の患者さんに対しては、診断、手術、術後の化学療法・放射線治療など、皮膚科医が一貫して行います。
 長崎大学皮膚科では悪性黒色腫、有棘細胞癌、メルケル細胞癌など、皮膚悪性腫瘍のセンチネルリンパ節生検を積極的に行っています。

センチネルリンパ節生検
センチネルリンパ節生検
アレルギー
 アトピー性皮膚炎の診療、接触皮膚炎の診断と原因検索、蕁麻疹の診療、アナフィラキシーショックの原因薬剤の同定と安全薬の確認、薬疹の原因薬剤の同定と安全薬の確認など、多岐にわたり社会的なニーズの大変高い分野です。
 重症のアトピー性皮膚炎患者さんは教育入院し、治療に併行して外用指導、生活指導、環境アレルゲンの教育などを行います。
 薬物以外でも、食物アレルギー(食物依存性運動誘発アナフィラキシー)、金属アレルギー、局所麻酔アレルギーなどについては、アレルギーテスト(プリックテスト、パッチテスト、内服試験)を行い、確定診断します。
 ハチアレルギーの減感作療法は長崎大学皮膚科に特色のある治療です。重症で曝露リスクの高いハチアレルギーの方は入院の上、アレルギー反応の改善を試みることがあります。

ハチアレルギーの減感作療法
ハチアレルギーの減感作療法
真菌
 皮膚真菌症、特に白癬(みずむし)の原因菌は、Trichophyton rubrumを始めとして多種に渡りますが、長崎大学皮膚科では真菌培養を行い、それぞれの菌種に合わせた治療法や流行についての検討を行っています。
 近年話題になっている格闘技クラブ内でのTrichophyton tonsurans感染集団発生においても、長崎県内で発生した場合は早期診断され、またクラブ内での集団検診等行うことで感染制御に努めています。

Trichophyton tonsuransの同定
Trichophyton tonsurans の同定
膠原病
 皮膚科では皮膚に病変のある疾患を全て扱いますので、膠原病は重要な皮膚疾患の1つです。内科と一部重複する分野ですが、皮膚科では皮疹が主体となってくる全身性強皮症、皮膚筋炎、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、血管炎症候群を主に扱います。
乾癬
 乾癬の患者さんには、銀白色の鱗屑(ふけ)をともない浸潤をふれる境界明瞭な紅斑が全身に出現します。また時に、痒みや関節の腫れや痛みなどの症状が現れます。
 長崎大学皮膚科では外用治療、紫外線治療、内服治療で症状のコントロールできない患者さんに対して、遺伝子組み替え技術により開発された生物学的製剤を使用します。乾癬の免疫異常をターゲットとした強力な治療効果により、皮膚症状、痒み、関節の腫れや痛みを緩和する効果が期待されています。
 副作用の少ない紫外線治療であるエキシマライトを所持し、皮疹の限局した方に使用して効果を挙げています。

乾癬に対する抗TNFα抗体製剤
脱毛症
 円形脱毛症は通常単発ですが、患者さんによっては頭部全体が脱毛する「全頭型」、身体のあらゆる体毛が抜け落ちる「汎発型」に進行し、通常の治療では改善しにくい方もおられます。長崎大学皮膚科では、発症早期で進行型の円形脱毛症の患者さんに対して、強力な免疫抑制作用で症状改善を期待するステロイドパルス療法を行っています。
カネミ油症
 現在、九州大学病院「油症ダイオキシン研究診療センター」と連携を取りながら、油症患者さんのさまざまな症状や、ニーズに対応できる体制を整えるため、油症外来を行っています。
診療日時(要予約)
長崎大学病院 毎週金曜日 14:00 - 16:00
五島中央病院 毎月第1週水曜日 13:30 – 15:00