次世代手術関連
Robotics
当科では消化器外科全領域におけるロボット支援下手術の導入を進めています。
ロボット支援下手術とは?

  ロボット支援下手術は、daVinciサージカルシステムという最新技術を搭載した手術支援ロボットを用いて行います。自由度の高い操作性と3D画像による高い視認性は、従来の腹腔鏡手術を上回るとされており、より精緻な手術を確実に行うことが可能となります。当院ではdaVinichi Xi というintutive社の最新機を使用しております。
手術手技の安全性を担保するため、長崎大学病院では、高度医療技術計画書を提出し、多職種での検証を行った後に、導入を開始しております。
術式に関しては、開腹・開胸術、腹腔鏡下手術、ロボット支援下手術を選択することが可能です。最適な術式選択について、外来担当医とご相談ください。
ロボット支援下手術とは?
現在の進捗状況

 
疾 患 進捗状況
食道癌 運用中
胃癌 運用中
直腸癌 運用中
膵臓癌 運用中
肝臓癌 運用中

 

da Vinci system 術者資格取得者

 

金高 賢悟
足立 智彦
伊藤 信一郎
井上 悠介
小林 慎一朗

江口 晋

 

手首を持つインストゥルメントは、人の手の機能をはるかに超えて曲がり回転します。フィルター機能(手ぶれ補正)および Intuitive® モーション技術により、医師は安定した自然な動きで手術を行うことが可能です。
 da Vinciサージカルシステム
 da Vinciサージカルシステム
人間工学的調節が可能なサージョンコンソールは、 da Vinciサージカルシステムによる手術を快適で自然に行えるよう設計されています。
 da Vinciサージカルシステム
da Vinci Xi サージカルシステムにより、術者は患者の体内を覗き込み、実際に術野に手を入れているような視野を確保でき、無理なく手術を行うことが可能です。
全ての da Vinci サージカルシステムと同様に、医師が常に操作を行います。
3D HDによる高倍率視野高倍率3D HD技術により、医師は、手術部位を正確な距離間隔で、明瞭に視認することができます。